寺田和正の結婚&嫁情報は?元彼女が田丸麻紀の真相も!

田丸麻紀

バッグや小物の世界的人気ブランド

『サマンサタバサSamantha Thavasa

を一代で築き上げた、寺田和正(てらだかずまさ)さん。

敏腕経営者サマンサタバサの創業者で元社長・寺田和正さんの結婚&嫁情報!

間違いなくお金持ちで資産家、奥さんや子供はきっと幸せだろうなと想像しますよね。

寺田和正さんといえば、過去に女優の田丸麻紀さんと交際していたことも!

寺田和正さんの元カノ田丸麻紀さんと、結婚&嫁情報についてまとめています!

寺田和正プロフィール

・名前 寺田和正(てらだかずまさ)
・生年月日 1965年12月12日
・年齢54歳 ※2020年5月時点
・出身地 広島県福山市
・学歴 駒澤大学経営学部経営学科出身

有名ブランド「サマンサタバサ」の創業者である寺田和正さん。

1994年創業のサマンサタバサといえば2000年代に若い女性を中心に、急成長を果たした会社ですね!

歴代CMには、板野友美さん、蛯原友里さん、道端ジェシカさん

ヒルトン姉妹やヴィクトリア・ベッカム、ビヨンセ、ミランダ・カーなど

数々の海外セレブや国内トップモデルを広告宣伝に起用し、一世を風靡した女性向けブランド「サマンサタバサ」。

とにかくプロモーションがド派手、ファッションに疎い筆者は、

ずっと海外ブランドだろうと思ってました笑。

ちなみに、『サマンサタバサSamantha Thavasa 』という社名ですが、

由来については、今でも企業秘密・情報非公開なんだそう!

一時期は、アメリカのテレビドラマ「奥様は魔女」の、

主人公の妻サマンサ(Samantha) 、娘タバサ(Tabitha)にちなんだのでは?

と言われていましたが、この説とは無関係なんだそうです。

寺田和正は結婚して嫁子供はいる?

1965年生まれの寺田和正さん。

もうすぐ還暦もそろそろ見えてくる年齢なので、子供や孫がいてもおかしくない年齢です。

探してみたのですが、寺田和正さんに結婚&嫁情報はなく、

当然ながら、お子さんの情報もありませんでした。

会社の経営者として相当忙しかったでしょうし、なかなか結婚に至るのは難しかったのかもしれません。

寺田和正の元カノは田丸麻紀!出会いと馴れ初め

結婚歴はなさそうな寺田和正さん、今までの彼女や恋愛歴はどうなんでしょう?

意外にも、過去に女優の田丸麻紀さんと交際していたという情報がありました。

とはいえ、お互いに交際を公言していたわけではなく、馴れ初めも定かではありませんが、

二人の交際が週刊誌によって報道されたのは2006年の秋、

当時の年齢は田丸麻紀さん29歳、寺田和正さんが42歳のころ。

取材などでは、「寺田和正さんは親しい友人の1人」と語っていた田丸麻紀さんでしたが、

高級レストランで二人でデートしていところを度々目撃されていたんだとか。

結婚まで秒読みと噂されていた田丸麻紀さんと寺田和正さんですが、

田丸麻紀さんが出演したバラエティー番組で

「2007年に結婚出来なかったことで悩んで6キロも痩せちゃいました」

と爆弾発言したことで、交際相手との破局が明らかに。

2008年1月30日、女性セブンによって田丸麻紀さんと寺田和正さんが破局していたことが報道されました。

主婦あこがれのセレブママとして定着している田丸麻紀さん。 いっぽうで、結婚前に 田丸麻紀の元彼=陣内智則 というの...

当時、田丸麻紀さんは年齢的にちょうど30歳になるとき、相当焦っていたんでしょう。

でも、

「結婚できずに6キロも痩せた」

とテレビで暴露されては、相手男性もきっと震え上がってしまったでしょう(笑)

田丸麻紀さんはその後、無事に元自民党幹事長の息子・武部勤(たけべつとむ)さんと結婚。

現在は2児の母で、セレブ妻として確固たる地位を築いているので結果オーライですね。

寺田和正さんは田丸麻紀さん以外に交際報道がなかったので、

これ以降に交際はしていないのかもしれません。

寺田和正がサマンサタバサを創業するまで

寺田和正さんの実家は、地元広島県福山市で100年以上続く地元の老舗・寺田鉄工所。

鉄工所とファッションブランドとは、あまり結びつきが無いイメージがありますが、

サマンサタバサを創立するきっかけはなんだったのでしょう。

幼いころから、事業を拡大してきた祖父や父の背中を見て、経営者になることを目標としてきた寺田和正さん。

ただ、寺田和正さんは次男だったため、実家は継がずに起業家の道を志すために、駒澤大学経営学部へ。

「どうすれば自らの力で会社をつくれるのか?」

と、ずっと考えていたんだそう。

そして

「起業をするためには英語の習得は大事だ!」

と考え、大学2年の時にカナダ留学を決意。

そんな矢先、父親が急逝、

「いつ何が起きるか分からない、人生は、自力で生きていかなければいけない!」

と改めて思い知らされた寺田和正さんが始めたのが、ブランドビジネスでした。

早速、当時カナダ国内で大流行していた革のジャンパーを日本に輸入し、

それをもとに日本人の体型に合わせた商品を作り、販売したのがきっかけで、

ブランドビジネスの価値に底知れぬ可能性を感じたそう。

まずは3年間商社でサラリーマンとして社会人経験を積み、

1991年、留学中に稼いだ資金を元手に25歳で海外ブランド輸入代理会社を設立します。

そして、輸入品ビジネスに限界を感じ、独自のブランドをつくることを決意、

思考錯誤ののち、29歳の時に立ち上げた自社のアパレルブランドこそが、「サマンサタバサ」でした。

どんなに大学で経営学を学んだり、小さい頃から起業家精神があったとしても、

自らの手でブランドを確立して、世界的人気ファッションブランドに成長させるというのは、

並大抵のことではありませんよね。

現在のサマンサタバサの社長は誰?

寺田和正さんは結婚しておらず、子供もいないとなれば、気になるのは

「誰が後を継ぐことになるんだろう?」

という世継ぎ問題も、注目されていたサマンサタバサ。

2000年代に10~20代の女性から熱狂的な支持を集め、

2015年度には売上高434億円とピークを記録したサマンサタバサでしたが、

2017年度には上場以来初の営業赤字に転落する危機に。

寺田和正さんは、サマンサタバサの運営を一新するため、2019年4月25日付けで社長を退任、

現在、紳士服コナカと資本業務提携したことで、コナカの門田剛氏が社長となりました。

コロナの影響もあり、なかなか厳しいアパレル業界と言われていますが、

寺田和正さんは現在、「サマンサグローバル」という別会社を設立し、

サマンサタバサの世界戦略を加速させるため、海外事業を中心に力を注いでいます。

サマンサタバサは現在、アジア中心に世界に37店舗(アメリカ、中国、シンガポール、台湾、韓国、香港の6カ国)を展開していて、

2025年までに世界に200店舗・売上高は200億円までに広げる計画なんだとか。

寺田和正さんの挑戦は、まだまだ続きそうですね!

寺田和正の結婚&嫁情報は?元彼女が田丸麻紀の真相まとめ

結婚&嫁情報は見当たらなかった、サマンサタバサ創業者で田丸麻紀さんの元カレと言われていた寺田和正さん。

田丸麻紀さんとは、残念ながら2007年に破局といわれていますが、

田丸麻紀さんの方は現在結婚して幸せにセレブ妻として活躍中!

寺田和正さんも、これから良い出会いがあるといいですね!

主婦あこがれのセレブママとして定着している田丸麻紀さん。 いっぽうで、結婚前に 田丸麻紀の元彼=陣内智則 というの...
スポンサーリンク&関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る