真彩希帆の年齢・本名・成績・経歴&可愛い私服をインスタでチェック!

真彩希帆

今まで宝塚にはあまり興味がなかった私ですが、最近とても気になる雪組の娘役さんを見つけました。

「真彩希帆(まあやきほ)」さん。

歌もうまくて顔も可愛い!しかも私服がイケててスタイル抜群の、真彩希帆さんの年齢や本名・今までの経歴や成績など、素顔をのぞいてみたくなりました。

宝塚歌劇団雪組のトップ娘役として、雪組の男役トップ望風風斗(のぞみふうと)さんの相手役となった、真彩希帆(まあやきほ)さん。

東京宝塚劇場での舞台「凱旋門」(2018年9月2日千秋楽)も楽しみですね。

さて、真彩希帆さんの今までの経歴や舞台の成績・本名・年齢・私服はどんな感じなんでしょうか。

スポンサーリンク

宝塚歌劇団のかわいい雪組娘役・真彩希帆とは?

98期として初舞台後、花組へ配属後、星組では華麗な娘役で大活躍した真彩希帆さん。

真彩 希帆(まあやきほ)

【生誕】 7月7日
【出身地】 埼玉県蕨市
【身長】 164cm
【初舞台】 2012年4月「華やかなりし日々」
【愛称】 まあや・きぃちゃん・なっちゃん

2010年 -宝塚音楽学校入学
2012年:宝塚歌劇団入団
2013年:花組配属
2014年:星組へ異動
2017年:雪組へ異動、雪組トップ娘役就任
【主な作品】
『桜華に舞え』
『幕末太陽傳』
『琥珀色の雨にぬれて』
『ひかりふる路』

性格は几帳面で誰からも愛される女性で、歌はとても評判がいいんですよ!

スポンサーリンク

宝塚歌劇団・月、星、花、雪、宙組のふしぎ

「タカラジェンヌ」の愛称で親しまれれている宝塚歌劇団。

出身の女優さんといえば、天海祐希さん・黒木瞳さん・真矢みきさん・大地真央さん…などそうそうたる顔ぶれで挙げればキリが無いですよね。

ところで

月、星、花、雪、宙組 ってなんだと思いますか?

宝塚歌劇団の仕組みを知らないとわかりませんよね。男役とか娘役とかも(笑)

今さらながら宝塚歌劇団について、今まで全然知らなかったのでさらっと調べていました。

【宝塚歌劇団とは】

1914年に初の公演を行って以来、未婚の女性だけで構成された歌劇団。

花(はな)・月(つき)・雪(ゆき)・星(ほし)・宙(そら)の5組と、いずれの組にも所属しない専科に分かれている。組替えも随時あり。

男性の役を「男役」・女性の役を「娘役」と言う。

身長を目安に、劇団併設の宝塚音楽学校在籍中にどちらかを優先的に希望することになっているが、公式に定められてはいない。

入団後、男役から娘役への転向は多数の例があるが、娘役から男役への転向例は極めてまれである

【宝塚音楽学校】

・入学資格 15歳から18歳の女子で歌劇に適した容姿、言語、動作、態度で審査

・入学試験 毎年3月末~4月上旬

・定員   上限50人

・競争倍率 平均で20倍前後

声楽・バレエ・日舞・琴・三味線など劇団で必要な事柄についてみっち毎日レッスン。

劇団員・音楽学校生のための寮『すみれ寮』は、全寮制ではなく希望者のみが入寮する。

真彩希帆の本名や年齢・成績・雪組トップ娘役までの経歴まで

もう少し真彩希帆さんの詳しいプロフィールを見てみましょう。

98期として初舞台後、花組へ配属された後、星組では可憐な娘役で活躍しました。

2012年:宝塚歌劇団入団

※入団期 98期・入団時席次 11番/40人中

2012年4月:初舞台 宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」
2013年:花組配属
2014年:星組へ異動
2017年:雪組へ異動、雪組トップ娘役就任

【活動名】真彩希帆(まあやきほ)
【本名】 松浦奈津子
【出身地】 埼玉県蕨市
【出身校】 関東国際高等学校
【身長】 164cm
【誕生日】 1994年7月7日
【血液型】 A型
【芸名の由来】 自分の真実希望を掲げて進むという意味を込めて「真彩希帆」
【愛称】 きぃちゃん まあや なっちゃん
【家族】 5人きょうだいの4番目

初観劇は小学生の時で、2004年の雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」。

中学卒業時に初受験するも失敗。二度目の受験で宝塚音楽学校に合格した。

スポンサーリンク

真彩希帆・最初は男役志望で受験失敗

真彩希帆さんが中学卒業後、最初の受験で不合格になったのには、ある理由があるそうです。

実は、もともとは男役志望で、最初の音楽学校受験は不合格。翌年、髪を伸ばして娘役志望に転じて突破した。「男役が大好きでしたが、宝塚にいられることが幸せで。一歩引いて…ではなく、隣で一緒に進む娘役に」

2017年10月31日  スポーツ報知

なんとあの可愛い真彩希帆さんは最初男役志望だったなんて意外ですね。

2度目の受験で無事に合格。「宝塚に絶対入りたい!」という強い思いで、入団からわずか年でついにトップ娘役なった真彩希帆さん。

今後もしかしたら、当初の本人の希望通り「娘役」⇒「男役」への転換があるかも!?

真彩希帆の真彩希帆可愛いOR可愛くない?私服は?

真彩希帆さんといえば「私服がはいつも女の子らしい服でかわいい!」と話題。

ちょっとみてみましょうか。

▼淡い色のワンピースを着ていらっしゃる感じ

▼ウェストめっちゃほそ!!うらやましい!!(笑)

▼スタイリッシュでいいですね!

舞台での役をとはまた違った、ナチュラル系女子という感じ、ちょっと淡い色でひらひらなのがお好きなんでしょうか。

帽子も良くお似合いですよね!

娘役さんのファッションは、ファンも真似したいと思う人も多いですが、真彩さんもそんな娘役さんの一人です。

真彩希帆の年齢・本名・成績・経歴&可愛い私服をインスタでチェック!まとめ

“宝塚大劇場稼働率100%の月組のゴールデンコンビ”と言われるほど伝説だった、

「早霧せいな(さぎりせいな)・咲妃みゆ(さきひみゆ)」コンビ

の退団にともなって、雪組トップコンビに就任した、

「望海風斗(のぞみ・ふうと)と真彩希帆(まあや・きほ)」コンビ。

この二人が前のトップコンビの数字を引き続き維持できるかというところが、ファンにとっても大きく関心があるところです。

宝塚歌劇雪組の新トップコンビ、望海風斗と真彩希帆はどちらも「歌える」という強い武器があります。

「芯を持って真ん中に立つ」と声と息を合わせて、圧倒的な歌唱力を武器に、タカラヅカに新しい旋風を巻き起こすか乞うご期待!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る