奥川恭伸投手の球種や中学校はどこ?身長や評価・父親母親も!

奥川恭伸投手

ドラフトで大注目の「高校四天王」の一人・奥川恭伸投手。

2019年7月21日、石川大会3回戦で自己最高の球速158キロを出し、

圧巻の強さで奥川劇場が止まりません!

球種はストレート・スライダー・チェンジアップ・フォークボールを巧みに投げ分け、相手をどんどんねじ伏せます。

奥川恭伸投手は、中学校までは石川県かほく市立宇ノ気小学校・中学校に通いながら、地元の『宇ノ木ブルーサンダー』で活躍していました。

なんと、今のバッテリー相手・山瀬慎之助捕手とは、小学4年生からの『相方』なんですって!

「いつも笑顔でいることを心がけてる」

という奥川恭伸投手。

仲間を大事にする素晴らしいメンタルで、これからどこまで成長していくのか、令和の未来モンスターです!

スポンサーリンク

奥川恭伸(読み方:おくがわやすのぶ)投手プロフィール!身長体重・出身高校・中学校

奥川恭伸投手

[photo]japan-baseball.jp

名前:奥川恭伸(おくがわやすのぶ)
誕生日:2001年4月16日生
出身:、石川県かほく市
利き腕 :右投右打
身長: 183cm
体重 :82kg
小学校:かほく市宇ノ気小学校
中学校:かほく市立宇ノ気中学校
高校:星稜高校(石川県)

2019高校四天王メンバーの

・岩手(大船渡 )佐々木朗希投手
・横浜(神奈川)・及川雅貴投手
・創志学園(岡山)・西純矢投手

と並んで「高校四天王」と称されている奥川恭伸投手。

奥川恭伸投手は身長183cm・体重82kg。

高校2年生でなんと球速150km/hという記録ですので、今後も体づくりを進めればさらにスピードが上がりそう!

奥川恭伸投手は石川県かほく市立の小学校時代に野球をスタート。

小学生3年生の時には「宇ノ木ブルーサンダー」に入団して野球を始めました。

小学4年生の時にバッテリー(=ピッチャーとキャッチャーのペア)を組んだ山瀬慎之助捕手とは、同じ星稜高校に入学し、今でもバッテリーを組み続けていて、まさに相方です。

中学は軟式野球部に所属し、全国大会で優勝、

『奥川&山瀬』コンビは、中学野球ではすでに名コンビだったそう。

奥川恭伸の戦歴

  • 2016全国中学校軟式野球大会優勝
  • 2018選抜高等学校野球大会ベスト8
  • 2018全国高校野球選手権大会2回戦
  • 2018第12回 BFA U18アジア選手権

スポンサーリンク

奥川恭伸の経歴!球種や変化球・球速は158キロ!

星稜高校のエース奥川恭伸投手。

球速は2019春の甲子園で第一試合から自己最速151キロを出したと思ったら、

わずか数か月後の2019年7月21日、石川大会3回戦で自己最速158キロを出しました!

球種は、カーブ、スライダー、ツーシーム、チェンジアップ・フォークボールでコントロールも抜群で多彩です。

常にセットポジションから投げ、ゆったりとした力感のない自然なストレートフォームが特徴の奥川恭伸投手。

素晴らしいのはストレートと同じ軌道からスライダーが来て、ストレート以上の腕の振りから変化球を投げられるという、魔球が最大の長所です。

ランナーがいない時はノーワインドアップポジションでモーションに入るのも特徴的。

ストレートで打者を追い込み、変化球で打ち取るというスタイルを確立。

精密なコントロールで、打者を翻弄する魔球。

剛速球に加えコントロールもよく、変化球も多彩なのでピッチャーとしては申し分ないスキルですね!

スポンサーリンク

奥川恭伸のドラフト評価

多くのプロ野球チームから熱烈なラブコールを送られている奥川恭伸投手。

今の情報では、広島・中日・横浜・オリックス・ロッテが有力と言われています。

「ここ10年で一番の完成度。松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大に匹敵する。ドラフト1位はもちろん、高卒ながら即戦力になる」

「真っすぐストレートとスライダーだけでゲームをつくれる。それに加えてフォークもあるんだから、バッターは大変でしょうね。これほど完成度の高いピッチャーは、過去にいなかったのでは」

「どの球種もコントロールとキレがあって、すべて高レベル。非の打ちどころがない」

「角度があって、低めにしっかり投げ切ることができる。相手を見て、力を入れたり、抜いたりしながら投げているところも非凡。故障やケガもしにくいでしょう」

なかには「重心が高いのが気になる」という声もありましたが、

「10年にひとりの逸材」とスカウト陣からは絶賛の嵐。

本当に完成度の高い投手のようですね!

12球団すべてが注目している選手なので、今秋のドラフトも大目玉ですね。

奥川恭伸の家族(父親・母親・兄弟)

奥川恭伸投手のご家族情報については、今のところ

  • ご両親
  • 7歳年上の兄一人

という情報がありました。

奥川恭伸投手の父親(奥川隆さん)は、山瀬慎之助選手の父親(山瀬貴幸さん)と、

一緒に息子たちの野球を観戦している姿も見られ、父親同士もとても仲が良いみたいですね。

自慢の息子たちでしょうし、本当に幸せなことですね!

奥川恭伸の性格

奥川恭伸投手って、どんな性格の選手なんでしょう?

奥川恭伸投手は、甲子園のマウンドでもいつも笑顔を絶やさないことでも知られています。

「常に笑顔でいることで、観客やいろんな人を味方につけられる。野手にも安心感を与えられる」

と、中学時代から笑顔を心がけているのだそう。

若いのに、なんと素晴らしい人格者!

星稜高校では、メンタルトレーニングも積極的に取り入れているそうで、その中で笑顔を最重要視しているのだとか。

笑顔は自分のメンタルにとっても周りの人へも、いい影響を与えられるんですね。

「ピンチの時にこそ笑顔で」をいつもモットーにしている奥川恭伸投手だからこそ、いつでも落ち着いた投球ができるんでしょう。

奥川恭伸の彼女

プロ注目ナンバーワン選手奥川恭伸投手!

間違いなくモテるでしょうし、筆者的には、やっぱりイケメンというのが高いポイントの奥川恭伸投手(笑)

よくよく見てみると、顔つきがちょっと田中将大選手に似ている気がしませんか?

なんだか、母性本能をくすぐると言うか、可愛いらしい童顔の奥川恭伸投手。

彼女情報は見つけられませんでしたが、将来どんな彼女を連れてくるのか楽しみで~す!

スポンサーリンク

奥川恭伸投手の球種や中学校はどこ?身長や評価・父親母親まとめ

奥川恭伸投手は、今後さらストレートの球速も注目です。

球種はストレートを始め、変化球はスライダー・チェンジアップ・フォークボールを巧みに投げ分けます。

今のドラフト最上級ランクの高校野球の投手は、変化球が本当に多彩でレベルが大人顔負けですよね。

今後の奥川恭伸投手の活躍も、追いかけていきたいと思います!

関連記事:

⇒及川雅貴はイップスの噂?家族と彼女情報も!

⇒佐々木朗希がイケメン!兄弟や家族愛が泣ける

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る