及川雅貴はイップスの噂?中学や球種・経歴・家族と彼女情報も!

及川雅貴

名門横浜高校の“次世代ナンバーワンの左腕”及川雅貴(およかわまさき)投手!

ドラフト2019で上位指名が予想される未来モンスターです。

中学時代はU-15の日本代表投手として、世界の強豪チーム相手に完封、最優秀投手に選ばれた及川雅貴投手は、

千葉県の公立中学時代から、すでにプロスカウトからアツい視線が注がれてきました。

ただいっぽうで、及川雅貴投手はプロアスリートが患いやすい

「イップス (yips)」

という、極度の緊張感からくる精神的不調がまだ拭えていないのでは?

という心配の声もあるそなので、今後のイップスの払しょくが課題の一つとなりそうです。

真面目で一生懸命、両親に対しても感謝の気持ちを忘れない、及川雅貴投手をプレイバック!

スポンサーリンク

及川雅貴(読み方:およかわまさき)のプロフィール!身長体重・出身高校・中学校も!

及川雅貴

[photo]japan-baseball.jp

及川 雅貴(読み方:およかわ まさき)
誕生日:2001年4月18日生まれ
愛称『およよ』
出身地:千葉県匝瑳市(そうさし)
身長・183センチ
体重は、74キロ
投打:左投げ左打
家族構成:父親・母親(直美さん)両親と姉
出身中学:匝瑳市立八日市場第二中学校(匝瑳リトルシニア)

名字の読み方は「おいかわ」でなく「およかわ」と読みます。

ニックネームが『およよ』って可愛いですねw

プレー中も「およよぉ~しっかりしてくれよぉ~」とか言われるんでしょうか(笑)

千葉の『須賀スポーツ少年団』で軟式野球を始める

小学6年生で『千葉ロッテマリーンズジュニア』在籍

中学時代『匝瑳リトルシニア』でプレー

及川雅貴投手は千葉県の公立匝瑳(そうさ)市立須賀小学校から、匝瑳(そうさ)市立八日市場第二中学校へ。

高校進学時には、全国の強豪校約30校から誘いをうけ、横浜高校に進学。

親元を離れての寮生活でした。

スポンサーリンク

及川雅貴がイップスの噂と原因は?

2019高校四天王メンバーといえば

・岩手(大船渡) 佐々木朗希投手
・星稜(石川) 奥川恭伸投手
・創志学園(岡山)西純矢投手

と並んで「高校四天王」と言われている、横浜神奈川高校の及川雅貴投手。

四人の中で、左腕は及川雅貴投手のみ。

ひときわ異彩を放つ及川雅貴投手は、菊池雄星選手の再来とも言われています。

しかし、期待も活躍も目まぐるしい及川雅貴選手ですが

「イップス」

という精神的な問題を抱えているのではないか?と言われていますが本当でしょうか。

※イップス (yips) とは

極度の緊張感や精神的なことが原因でスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)が出来なくなる症状のこと。

練習では当たり前にできていたことが、試合で突然出来なくなる。

野球、ゴルフ、テニスなどスポーツ全般に浸透している言葉。

最近では阪神タイガースの藤波選手も、イップスに悩んでいて、試合になると突然フォームを壊してしまうような投球になってしまいます。

一時期、投球練習のほとんどの球が指に引っかかりすぎて、地面に叩きつけるような暴投が多くみられた及川雅貴投手。

将来性に期待する声が多い一方で、今ひとつ自分のフォームが定まらないという面もあり、心配する声もあるようです。

及川雅貴選手のプレッシャーや重圧など、計り知れないですし、シロウトの私からすれば緊張するのは当たり前と思いますが、

そんな精神的な部分も乗り越えて、いつでも安定したフォームを保つのがプロですね!

元々才能がある選手ですから、あとは自分らしく自信を持って投げ込んでもらえたらと思います!

スポンサーリンク

及川雅貴の経歴!球種や変化球・球速

及川雅貴投手は、中学3年生ですでに最速138キロのストレートを記録し、存在が注目されていました。

中学時代は、U-15の日本代表投手として、ベネズエラ代表、キューバ代表を完封し、最優秀投手に選ばれた及川雅貴投手。

▼2016年中学3年当時の動画

「3年後ドラフトにかかるだろね」

と既に当時から及川雅貴投手の将来性に期待する声多数寄せられていました。

横浜高校では、1年生春から控え投手としてベンチ入り。

1年生の夏には、神奈川県大会に2試合登板し、優勝に貢献しました.

球速は、最速153キロストレートを軸に

変化球(球種)は、

  • ストレート
  • 縦と横のスライダー
  • カーブ
  • チェンジアップ

を投げます。

及川雅貴投手は、肩の柔軟性が素晴いため、しなやかなフォームからスピンの効いたボールを投げることができる投手す。

及川雅貴のドラフト評価

及川雅貴投手は、横浜高校入学前にテレビ朝日系の番組で、

西部の秋山選手、森友哉選手、中日の平田選手が口を揃えて

「普通にプロにいるいい投手」

とうならせるほどの存在でした。

及川雅貴投手のドラフト評価は、すでに高い評価を受けています。

「制球が良くなった。追っていきたい」

「右打者の膝元にしっかり放れる。スライダーが素晴らしい」

「真っすぐが速くて、あれだけ腕を振って低めに(スライダーを)投げられたら打てない」

「大型左腕であれだけボールを操れる。今すぐにでもとりたい」

「スライダー、真っすぐのキレ、コントロールともに素晴らしかった」

「及川くんは今年の3年生を含めた中でも一番いい。体がもっとできてくれば菊池雄星クラスになれる」

など、絶賛の声が多数!

2019年のドラフト会議が楽しみですね。

及川雅貴の家族(父親・母親・兄弟)

及川雅貴投手の家族構成は

  • 父親
  • 母親(直美さん)

の4人家族ということですが、これ以上の情報はあまりありません。

及川雅貴投手にもし男兄弟がいたら、兄弟そろって野球好きの男兄弟になっていたかもしれませんね!

及川雅貴投手は、両親への感謝の思いを口にしています。

「(両親は)子どものことをとても思ってくれて、試合もたくさん見に来てくれる。恵まれているなと思います。支えてくれて、本当に感謝しています」

母直美さんは、及川雅貴投手が横浜高校入学の際、親元を離れて入寮する15歳の息子を、とても大変心配していたそう。

食事や、生活面など、親として心配は絶えませんよね。

でも、今は、立派にドラフト候補として、将来はプロ野球選手になるまで成長した息子さんですから、きっとご両親も鼻が高いし、喜んでいらっしゃると思います!

スポンサーリンク

及川雅貴の性格

誰に付けられたかは分かりませんが、ニックネームは『およよ』の可愛らしい及川雅貴投手。

プロ入りしたら、ファンにも浸透すると良いですね。

及川雅貴投手の性格は、素直で謙虚、練習熱心で真面目。そして周りに気を遣えるタイプ。

これまで2度甲子園を経験していますが、甲子園に足を踏み入れウンドに立った時、

ここに立てないたくさんの高校球児のことを考えるという、心優しい一面も。

高校入学の際、30校もの強豪校からのスカウトから、横浜高校を選んだ理由は、

全国制覇して、将来ドラフト1位指名でプロ野球選手になる!

と決めていたから。

強い意志をそのままに、頑張ってきた3年間。

自分にどこまでも厳しく、仲間に優しい及川雅貴雅紀選手を、これからも応援せずにはいられません。

及川雅貴の彼女情報

及川雅貴投手の彼女情報はあるのか調べてみましたが、彼女はいないようです。

及川雅貴投手は、とにかく謙虚でまじめな性格。

練習に対しても真剣で努力家だと、監督や周りから評価されています。

及川雅貴投手自身も

「まだまだ自分には出来てないところが沢山ある」

と言い、自分の課題をしっかり把握して、日々野球に取り組んでいます。

普通なら、思春期真っ只中で、恋愛に走りたい時期だと思いますが、今は野球が最優先。

それだけ真剣に野球に打ち込んできたからこそ、結果が付いてきたんだと思います。

及川雅貴はイップスの噂?中学や球種・経歴・家族と彼女まとめ

及川雅貴投手の中学校や、プレースタイル、イップスの噂について調査してみました。

ドラフトで高校生左腕ナンバーワンと呼ばれる実力充分なので、

今後の活躍も楽しみですね!

関連記事:

⇒奥川恭伸投手の球種や中学校は?評価・父親母親も!

⇒佐々木朗希のイケメン兄弟は?家族愛が泣ける

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る