佐々木朗希の読み方と父親エピソード!イケメン兄弟や家族愛が泣ける!

佐々木朗希

切れ長目の小顔&高身長でイケメン!

高校球界史上最速163キロを投げる男《令和の怪物》佐々木朗希(読み方:ささきろうき)選手!

岩手県立大船渡高校の3年生で、兄弟は男3人兄弟の真ん中です。

岩手県陸前高田市出身で、7人家族だった佐々木朗希選手。

2011年3月11日、震災で父親と祖父母の家族3人を同時に失い、

以来兄弟3人と母親の4人で、必死に支え合いながら、強くたくましく生きてこられました。

身長190センチ、86キロという外国人並みの体型は、2019ドラフト1位の期待値。

全国の女性からはキャーキャー言われていますが、高校生らしくアイドルも好き!

プロ野球関係者からはアツアツな視線が注がれています!

スポンサーリンク

佐々木朗希(読み方:ろうき)投手プロフィール!身長体重・出身高校・中学校

名前:佐々木 朗希(ささき ろうき)
誕生日:2001年11月3日
出身:岩手県陸前高田市
身長:190cm
体重:86kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:母(陽子さん)、兄(琉希さん)、弟(怜希さん)
経歴:陸前高田市立高田小学校→大船渡市立猪川小学校→大船渡市立第一中学校→岩手県立大船渡高校
目標とする選手:大谷翔平
好きなアイドル:福田愛依

2019高校四天王メンバーの

と並んで「高校四天王」と称されている佐々木朗希投手ですが、

四天王の中では唯一、甲子園出場経験はありません。

佐々木朗希投手の競技歴

岩手県陸前高田小3年で野球を始めるも、2011年東日本大震災の影響で大船渡市に移住。

大船渡一中学校では軟式野球部に所属して、Kボール選抜「オール気仙」では全国大会出場。

大船渡では1年夏からベンチ入り。

「朗希」の読み方は「ろうき」。

とても珍しい名前ですね。

この字で女の子だったら「あき」と読む場合もあるとか。

現在の身長190センチ・体重86キロ!

高校1年生の時から1年間で、身長は5センチ以上・体重は10キロ以上増やしています。

体重を増やすために、毎日6合のご飯を欠かさず食べているそうで、すでに外国人選手並みの規格。

2011年3月11日、東日本大震災で被害を受ける

2011年3月11日、未曾有の大被害となった東日本大震災。

当時まだ9歳だった佐々木朗希投手。

自宅も流されてしまったため、住んでいた陸前高田市から大船渡市に移り住み、野球を続けました。

中学時代は、軟式野球部でプレー。

中学の時点ですでに141km/hを出し、3年夏には、オール気仙としてKB東北大会に出場、準優勝に導く大活躍でした。

スポンサーリンク

佐々木朗希の経歴!球種や変化球・球速は163キロで史上最速の動画!

2000年、岩手県立大船渡高等学校に進学した佐々木朗希投手。

大阪桐蔭高校など、全国の強豪校から誘い断っての進学でした。

理由は

「中学の野球が楽しくて。その仲間と一緒に甲子園に行きたい」

と、地元愛が強かったから。

2019年高校2年生の春には自己最速を更新する153km/hを記録し、

2019年4月6日に行われたU-18代表候補の紅白戦で、

最速163㎞/hの高校球界史上最速を記録し、一層注目度が上がりました。

佐々木朗希は俊足!

佐々木朗希投手は、投げるだけなく足も速い!

50mを5.9秒で走り抜け、高校2年生の男子の50m走の平均は7.29秒なので、

1.4秒も早いですね!

この足の速さを生かして、1番バッターとして打席に立つこともあるようです。

佐々木朗希投手は大谷翔平の再来?違いは?

すでに、「大谷2世」と期待される佐々木朗希投手。

「163キロの右腕」として、すでにドラフト候補ナンバーワンとして名前が挙がっている佐々木朗希投手。

ちなみにメジャーリーガー大谷翔平さんが花巻東高校時代に記録した球速は「161キロ」だったので、すでに大谷翔平越え!

佐々木朗希投手は、投げるだけでなく、外野手としてプレーし、オールマイティに活躍できる二刀流プレーヤー

積極的に盗塁も決めていて、同じ二刀流でも、ホームランバッターだった大谷翔平選手とタイプは違いますね。

スポンサーリンク

佐々木朗希のドラフト評価

岩手県立大船渡高校の3年生の佐々木朗希投手。

残念ながら、これまで甲子園出場経験はないものの、2019年のドラフト候補ナンバーワンとして期待されていています。

ソフトバンク・永井編成育成本部長は

「プロ野球史上一番の投手になるかもしれない」

「ここ何十年で一番の素材」

とまで言うゾッコンぶり。

190センチという長身から投げ下ろす最速160km/hの速球が武器の本格派右腕。

ただ、身長190cmで体重は86kgというのは、一流の野球選手としては、まだまだ細いほうなんだそうです。

下半身がもっとしっかりしてくれば、さらに球速を伸ばすこととも可能で、もともと運動神経がバツグン佐々木朗希投手。

潜在能力の高さはピカイチ、まだまだこれからどこまで伸びるか未知数、まさに怪物。

佐々木朗希投手・ドラフト的特徴まとめ

【特徴1】

高校野球史上最速163km/hの速球。

素晴らしいストレートを投げるが、シュート回転するボールも多ので、球質が安定させるのが今後の課題。

【特徴2】

130km/h超えの切れ味鋭いスライダー。変化量が多く、空振りが取れるレベルの高いボール。

140km/hに迫るフォークも変化量が大きく、空振りが取れる。

【特徴3】

全体的に、まだまだ体がまだまだ細いので、さらなる下半身強化が課題。

佐々木朗希の家族(父親・母親・兄弟)

佐々木朗希投手の人生の分岐点は東日本大震災が起きた2011年3月11日でした。

当時9歳の佐々木朗希さんは

  • 父親
  • 母親
  • 3つ年上の兄(琉希みずき)さん
  • 佐々木朗希さん
  • 弟(怜希さん)
  • 祖母
  • 祖父

7人家族でした。

東日本沿岸を襲った大津波は、陸前高田で7人家族で暮らしていた佐々木家も襲いました。

3兄弟を愛してくれた父功太さん(享年37)、功太さんの母(朗希さんの祖母)が亡くなり、

祖父は9年経ったいまもまだ、行方不明のままです。

なんと辛い経験をされたんでしょう。

以来、家族4人で懸命に頑張ってきた日々。

「(長男の)琉希が父親代わりに弟2人の面倒を見てくれて、子どもたちはいつの間にかどんどん成長してくれました」

と、佐々木朗希投手のお母さんは語っています。

今の佐々木朗希投手の活躍も、きっと天国からご家族が見守っていらっしゃると思います。そして、これらも、ずっと。

スポンサーリンク

佐々木朗希の性格

佐々木朗希投手の性格は、スポーツ選手らしく物凄く負けず嫌い。

そして、仲間想いの優しい性格です。

ライバル視しているのは、横浜高校の左投げのピッチャー

及川雅貴(Max153㎞)

なんだそう。

及川雅貴投手も、佐々木朗希投手と同じく2019年のドラフト有力候補。

「右と左で利き腕は違けど、同じ世代の選手として凄く意識してる。及川にだけは負けたくない!」

とひしひしライバル心を燃やしているんだそう。

いつかこの二人が、プロ野球のマウンドで一緒に戦う日が来るかもしれませんね!

佐々木朗希の彼女情報

イケメンでドラフト1位で期待MAXのすごいピッチャーですから、モテることは間違いない佐々木朗希選手。

調べて見ましたが、彼女の情報はありませんでした。

ですが、憧れている選手や好きなアイドルは次の通り!

~佐々木朗希投手情報~

◆目標とする選手 大谷翔平

◆好きなアイドル 福田愛依

[2019年4月6日 日刊スポーツ]

佐々木朗希投手が好きな女性のタイプは、

『女子高生ミスコン2017-2018』でグランプリを受賞した福田愛依(ふくだ めい)さん。

佐々木朗希投手はプロ入団は確実ですし、プロ野球選手ってモテモテなイメージ。

佐々木朗希投手の恋愛事情もこれから注目されそうですね(*´ε`*)

佐々木朗希の読み方と父親エピソード!イケメン兄弟や家族愛まとめ

同じ岩手出身の菊池雄星選手、大谷翔平選手に続いて、彗星の如く現れた佐々木朗希投手。

すでに高校球界史上最速の「163キロ」を投げ、大谷翔平選手の「161キロ」を越えていて、まさに《令和の怪物》。

細身と言われている体づくりもこれからとのことで、まだまだこれから伸びそうな予感!

惜しくも甲子園の舞台で活躍するチャンスはありませんでしたが、

怪我にだけは気を付けて、成長を続けてほしいと思います!

関連記事:

⇒及川雅貴はイップスの噂?中学や家族と彼女情報も!

⇒奥川恭伸投手の球種や中学校はどこ?身長や評価は?

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る