笹川星哉(長野トライデンツ)イケメン監督の経歴や出身高校はどこ?

ささがわせいや

バレーボールの国内トップリーグ・Vリーグ。

2018年11月17日に放送の「バース・ディ」(TBS)で紹介された『長野トライデンツ』は、

ほとんどのチームが大企業が母体の実業団の中、新たに加わった異色のチーム。

監督は、笹川星哉(ほしがわせいや)監督33歳。

今回は『長野トライデンツ』のチーム監督、笹川星哉(ほしがわせいや)さんにスポットを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

VC長野トライデンツとは

View this post on Instagram

開幕戦ホームゲーム、1勝1敗で終えました!応援ありがとうございました!運営側では至らぬ点ばかりでお客様にご迷惑をおかけいたしました。大変申し訳ございませんでした。11月24,25日に行われるホームゲームでは今回の反省点を踏まえよりよいホームゲームにしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。次週もチームの応援をよろしくお願いします! #VC長野トライデンツ #VLEAGUE #開幕戦 #ホームゲーム #パナソニックパンサーズ #東レアローズ #大分三好ヴァイセアドラー #松本市総合体育館

A post shared by VC長野トライデンツ (@vcnagano_official) on

VC長野トライデンツ(ブイシー ナガノ トライデンツ)は、長野県を本拠地とする男子バレーボールクラブチーム。

2008年にVリーグ入りを目指すチーム「VC.NAGANO」として設立。部員わずか6名からスタートし、2018年現在の所属選手は現在18名。

人口約1万5000人の長野県南箕輪村を拠点とする小さなチームながら、2018年7月現在、バレーボールの国内トップリーグ・Vリーグに所属しています。

スポンサーリンク

VC長野トライデンツ・笹川星哉監督とは

2018年、33歳の若さにして、Vリーグ・1部リーグのチームの監督となった、

笹川星哉(ささがわせいや)監督。最年少監督でしかもイケメンです!

ささがわせいや

【VC長野トライデンツの笹川星哉監督プロフィール】

・1985年5月8日生まれ
・長野県伊那市出身・在住
・一般社団法人VC長野クリエイトスポーツの代表理事

「目標はイメージし続ければ必ず達成できる」

が、ご自身の名言です。

一体どんな経歴の方なんでしょうか。

VC長野トライデンツの笹川星哉監督の経歴・学歴は?

幼い頃からバスケットボールや野球など体を動かすことが好だった笹川星哉監督。

中学生の時に、岡谷工業高校が春高バレーで活躍する姿を見て、バレー部に入ることを決意します。

高校は県でベスト4の実績があり、それなりに強い学校だったそう。

(出身高校の名前までは今のところ情報がありませんでした。わかり次第追記します)

しかし、練習方法などが先輩と意見が合わず、バレー部を高校2年で退部してしまいました。

高校卒業後は大学には進学せず、自立の道へ。

南箕輪村にある『製造業株式会社ジェルモ』へ入社し、社会人生活をスタートさせました。

バレーを一年半やっていなかったものの、また沸沸と「バレーをやりたい」という気持ちがわいてきた笹川星哉さんは、サラリーマンをしながら実業団『NEC長野』に入団します。

まさかのNEC長野の廃部

しかし2008年、笹川星哉さん22歳の時に、リーマンショックの影響で、NEC長野のバレー部がまさかの廃部に追い込まれてしまいました。

「自分が勧誘した若い選手たちがいて。まだ19とか20歳の選手たちを放っておくわけにいかず、チームを立ち上げました。僕が選手兼監督の同好会のような、たった8人の小さなチームを。でも、当初から目標は“長野県初のVリーグ1部リーグ・チームになる”でした」

と、当時、一度引退まで決意をした時のエピソードについて、このように語っている笹川星哉監督。

そこで、皆がバレーを続けられるようにと、2008年にVC長野というクラブチームを立ち上げました。

2014年には法人化することを決め、会社を退職。そこからバレー選手を引退し、チームの代表理事兼監督も務めるようになりました。

スポンサーリンク

VC長野トライデンツはますます注目したいチーム!

2018年11月17日に放送の「バース・ディ」(TBS)で紹介された『長野トライデンツ』。

33歳の若き監督の、熱い信念のドキュメンタリーです。

長野県南箕輪村を拠点とする小さなチームから始まり、トップリーグへと昇格するまでの10年間の物語。

これからますます期待できそうですね!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る