朝青龍の甥っ子の部屋はどこ?相撲の実力や豊昇龍の名前の由来・身長体重は?

ほうしょうりゅう

朝青龍の甥っ子・豊昇龍(ほうしょうりゅう)が朝青龍以上のポテンシャルと話題!

所属部屋や相撲の実力、名前(四股名)の由来も早速チェック!

甥っ子だけにやっぱり顔も朝青龍にそっくり?!

期待の新人・豊昇龍の現在の相撲の活躍ぶりや所属部屋、叔父である朝青龍の離婚&婚約の話題まで一気に紹介!

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

⇒朝青龍の現在の資産は100億円…?婚約者も超絶美女!

スポンサーリンク

朝青龍の甥っ子・豊昇龍(ほうしょうりゅう)が相撲界デビュー!

朝青龍の甥っ子・豊昇龍(ほうしょうりゅう)。

デビューから2場所目の平成30年5月には、序二段で優勝を果たし、優勝インタビューでは流暢な日本語で喜びを答えていましたね。

豊昇龍(ほうしょうりゅう)

引用:2018年5月25日 日刊スポーツ 

その後も着実に番付を昇っていて、これからの目標は

「口から(言葉が)出ないほど、うれしいっす」
「叔父さんみたいに一番上、横綱になりたいです!」

と力強い抱負を話していました

これに対し叔父の朝青龍からのアドバイスは、

「強くなるには、親方の言うことをちゃんと聞きなさい!」

だったとかww笑

現役時代、親方の言うことには耳を傾けずに、色んなやんちゃ騒動を起こしていた、横綱・朝青龍、あなたがそれ言うことかい~!!と突っ込みを入れたいところ。笑

【豊昇龍・相撲界での主な履歴】

平成29年11月 初土俵
平成30年5月 序二段優勝

通算成績:19勝2敗(3場所)

※2018年7月場所終了現在

豊昇龍は、朝青龍以上のポテンシャルだった!

豊昇龍(ほうしょうりゅう)は、高校の1年の夏に相撲を始めました。

高校時代の相撲成績がすごすぎたので紹介します。

2016年 6月(高2)第64回関東高等学校相撲大会/重量級(~100kg)…優勝
2017年 8月(高3)高校総体(インターハイ)個人…第2位
2017年10月(高3)愛媛国体少年の部 個人…第3位

相撲経験が無くスタートしたにも関わらず、ご覧のとおり、驚くようなスピードで潜在能力を開花させています。

この記録は、1998年に叔父の朝青龍が高校生時に残した成績以上。

体つきも朝青龍を思わせるような筋肉質タイプで、すさまじいポテンシャルを感じます。。!

スポンサーリンク

朝青龍の甥っ子・豊昇龍は立浪部屋

豊昇龍が高校を卒業して入門したのは

「立浪部屋(たつなみべや)」

どんな部屋なのでしょうか。

立浪部屋は、茨城県つくばみらい市にあります。

立浪部屋の歴史は古く、1915年(大正4年)に元小結 緑嶋が引退し、立浪のを襲名し立浪部屋の歴史が始まりました。

歴代の在籍横綱には、

  • 第35代横綱 双葉山
  • 第36代横綱 羽黒山
  • 第60代横綱 双羽黒

などがおり、歴史ある相撲部屋です。

平成11年3月からは、7代目 :立浪 耐治(たつなみ たいじ)さんが親方を務めています。

歴史ある相撲部屋に入門した、朝青龍の甥っ子・豊昇龍。

叔父さんの朝青龍は、初土俵から25場所で横綱に昇進したので、しっかり立浪部屋で稽古を重ねて、朝青龍の記録を追い抜けるように頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク

朝青龍の甥っ子・豊昇龍の名前の由来

朝青龍の甥っ子・ビャンバスレン君に、

『豊昇龍(ほうしょうりゅう)』

という四股(しこ)名が決まったのは、2018年1月。

・師匠の立浪親方の現役時代の旭豊(あさひゆたか)から『豊』
・叔父の元横綱・朝青龍から『龍』

このような経緯で『豊昇龍』という四股名がつけられました。

初め本人は「ほうしょうりゅう」と聞いて、叔父さんと同じ「しょうりゅう」は「青龍」だと思ったのですが、

親方が「しょうは“青“より“昇“がいい文字だから!」ということで、上昇の意味の『昇』という文字になったんだとか、とても気に入っているそうですよ!

とても良い名前ですよね~!

相撲界も二世・三世ブーム?

ちなみに、調べてみると相撲界も、横綱が親族にいる次世代スターは他にもいるようです。

豊昇龍とデビューが同時期で注目されているのが、

2017年12月に大嶽部屋に入門した、2000年生まれの納谷幸之介(なや こうのすけ)。

昭和の大横綱・大鵬(たいほう)の孫で、元関脇・貴闘力の三男なんですよ!

これから豊昇龍との対決も面白そうです。

朝青龍の甥っ子・豊昇龍のプロフィール!身長体重は

四股名:豊昇龍智勝(ほうしょうりゅうともかつ)
本名:スカラグチャー・ビャンバスレン(モンゴル語)
生年月日:1999年5月22日
出身:モンゴル/ウランバートル市
身長/185cm 体重/107kg(2017年11月場所現在)
卒業校:千葉県日本体育大学柏高等学校 相撲部
家族:朝青龍の兄で父:スガラグチャーさん、母:ナルマンダフさん
ニックネーム:ビャンバー
所属部屋:立浪部屋
特技: 突き押し・足技

叔父は第68代横綱の朝青龍明徳。

朝青龍が横綱の時は、身長184㎝、体重154㎏くらいでしたが、入門時は今の豊昇龍と同じ100㎏そこそこの体で、稽古をしながらだんだん体を大きくしていきました。

現在107㎏の豊昇龍も、朝青龍と同じようにこれからしっかりと筋肉質の体を作っていくのでしょう。

豊昇龍の骨格や土俵内での動きなどが、すでに朝青龍に似ている!

という声が多く、足腰の良さやバネのある投げの強さなど、人を惹きつける相撲振りもまさに『朝青龍再来か?』と言われています。

スポンサーリンク

やっぱり朝青龍に顔が似てる!画像で比較

朝青龍の兄、スガラグチャーさんの息子である豊昇龍(ほうしょうりゅう)。

本人はよく周囲の人たちから、「目が似てる」と言われるそうです。

朝青龍

確かに目の細さや笑顔がそっくりですね!

朝青龍の甥っ子・豊昇龍の学歴

豊昇龍(ほうしょうりゅう)こと、ビャンバスレン少年は、父母、兄と弟の5人家族。

11才の頃からレスリングを始め、日本の日本体育大学柏高校から、レスリングの選手としてスカウトを受け2015年・16歳で来日。

日本での高校生活をスタートさせました。

日本体育大学柏高等学校、通称「日体大柏高校」は、レスリング部、相撲部、陸上競技部、サッカー部、バスケットボール部、ラグビー部などのあらゆる部活を有する学校。

来日後、高校の授業の一環で国技館で大相撲を観戦した際、やはり相撲がしたい!と決意、高校1年生の夏から相撲に転身したそうです。

もちろん、叔父である朝青龍にも相談し、始めは驚かれたそうですが、すぐに賛成してくれたんだとか!

豊昇龍は相撲界に入ってからも、叔父の朝青龍とはよく連絡をとっていて、実際にアドバイスや相談に乗ってもらったりしているとのこと。

「自分の力で強くなれ!引いてはダメ!」

「急に太ってはダメ!怪我をするから」

など、色々な細かなアドバイスを受けているそうです。

豊昇龍、力士になるという選択は、何かピン!ときて血が騒ぐものがあったのでしょうね。

…ちなみに来日時点ではビャンバスレン君にはモンゴルに彼女がいたようですが、

現在は、なかなか会うことも出来ないほど忙しいと思うので、その点はさみしいですね。

スポンサーリンク

…ところで、叔父の朝青龍は現在もヤバかった!

朝青龍といえば、優勝25回を誇る68代横綱。

現役時代、朝青龍は圧倒的な強さに加え、何と言っても、角界一のお騒がせぶりで、世間を賑わせました。

ケガで巡業を休場中に、故郷のモンゴルでサッカーをしていて謹慎になったり…

最後の最後はは、暴力事件が発端となり相撲界から「引退勧告」を受け、平成22年2月4日に引退した、というより引退させられた…という、やんちゃな横綱でした!

朝青龍こと、ドルゴルスレンギーン・ダクワドルジさん(2018年現在・38才)は、

現在、モンゴルを拠点に実業家、タレント、評論家など、幅広く活躍しています。

2018年11月13日放送のバラエティ番組『有吉弘行のダレトク』に出演した際は、離婚して新しい美人婚約者がいることも暴露!しかも総資産は100億円…とのことで、

プライベートも仕事も絶好調、輝きまくっておられましたよ~!

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

⇒朝青龍の元嫁タミルと離婚の真相は?婚約者が超絶美女!

これからまた、日本のメディアの露出も増えそうですので、豊昇龍とともにこれからの活躍が楽しみです。

朝青龍の甥っ子の部屋は?相撲の実力や豊昇龍の名前の由来・身長体重まとめ

◆朝青龍の甥っ子・豊昇龍の所属部屋は、立浪部屋

◆豊昇龍の四股名の由来は叔父の朝青龍と親方から一文字ずつ取った

将来は、朝青龍や白鵬のように、日本の相撲界を担う立派な力士へと成長してくれること間違いなしの豊昇龍。

地道に努力を積み重ねて、(やんちゃ具合以外は)おじさんの朝青龍を超えるくらいの相撲取りに成長してほしいと思います!

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

⇒朝青龍の元嫁タミルの現在と離婚の真相!婚約者が超絶美女!

⇒朝青龍の引退理由の真相が明らかに?まさかの異説あり!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る