「約束のネバーランド」映画公開日はいつ?あらすじ(内容)やキャストは?

約束のネバーランド

「孤児院で幸せに育てられていた子供たち、じつは、食用児として鬼に献上されるために飼育されていた…」

というあまりにも衝撃的な導入で始まる映画「約束のネバーランド」。

『約束のネバーランド』の原作は、2016年8月から「週刊少年ジャンプ」で絶賛連載中の“異色”脱獄サスペンスで、世界累計発行部数が1600万部を突破!

そしてついに、『約束のネバーランド』映画実写化も決定しました!

ところが…

・原作で主人公エマたち孤児の“出荷”年齢が12歳⇒映画で16歳に引き上げ

・主人公の浜辺美波の年齢が19歳

などなど、映画キャスティングについても、早くもファンから物議殺到中!?

スポンサーリンク

「約束のネバーランド」公開日はいつ?

実写映画「約束のネバーランド」の公開日は

2020年冬全国東宝系でロードショー

とのことで、詳細の日程はまだ発表されていません!

ちなみに、気象庁の定義では、

  • 春とは3月から5月
  • 夏とは6月から8月
  • 秋とは9月から11月
  • 冬とは12月から2月

だそうなので、

2020年の冬となると

映画「約束のネバーランド」の公開日⇒2020年12月1日~2020年2月28日の間

でしょうか。

また詳しい日程が分かりましたら追記しますね!

スポンサーリンク

「約束のネバーランド」キャストとロケ地は?

2020年冬に全国ロードショー公開となる映画「約束のネバーランド」。

《キャスト》

役名 キャスト名(年齢) 役柄
エマ 浜辺美波(19) 天真爛漫で誰よりも真っすぐな性格の主人公
レイ 城桧吏(じょうかいり、13) 現実主義でクールな少年
ノーマン 板垣李光人(りひと、17) 理性的でリーダー格の少年

《スタッフ》
原作:白井カイウ、出水ぽすか「約束のネバーランド」
監督:平川雄一朗
脚本:後藤法子

出演キャスト・スタッフの主な代表作

主人公エマ役の女優浜辺美波さんは、今後の日本映画を担う若手女優。

  • 「屍人荘の殺人」(12月13日公開)
  • 「思い、思われ、ふり、ふられ」(2020年8月公開)

も主演映画を控えている超売れっ子若手女優です。

レイ役の城桧吏さんは、映画「万引き家族」「都会のトム&ソーヤ」での好演が記憶に新しいイケメン子役。

ノーマン役の板垣李光人さんは、「仮面ライダージオウ」でウール役を好演しましたね!

監督は映画「僕だけがいない街」「記憶屋」(20年公開)の平川雄一朗監督、

脚本も同じく「僕だけがいない街」の後藤法子氏が担当しています。

主役エマ役の浜辺美波のコメント

もともとコミック「約束のネバーランド」の大ファンだったという、主役エマ役の浜辺美波さん。

「美しい世界観を表現する難しさに頭を抱えたこともありましたが、作品に懸ける平川監督、スタッフの皆様と元気いっぱいの子供たち、何より私の中にある“原作愛”を原動力にすることで、迷いを乗り越え、演じることができて良かったと思えるようになりました」

としみじみコメントも。

原作をしっかり読みこんだ浜辺美波さんがどんな演技を見せてくれるか、楽しみですね!

「約束のネバーランド」ロケ地やエキストラ募集は?

「約束のネバーランド」の撮影期間は、2019年8月~9月に、

ロケ地は、東京都内、長野県、山梨県、福島県他で撮影が行われたようですが、詳細の場所については公開されていません。

すでにエキストラ募集も終了しているようで、公式サイトにもエキストラ募集のお知らせは見つけられませんでした。

スポンサーリンク

「約束のネバーランド」内容(あらすじ)

孤児院「グレイス=フィールドハウス」で暮らす孤児たちは、ママと呼ばれているイザベラのもと、里親に引き取られる年齢になる日を待ちわびていた。しかし、エマ(浜辺)、レイ(城)、ノーマン(板垣)の3人は、ある事件をきっかけに、孤児院が“鬼に献上する食用児を育てる農園”であり、母親のように慕っていたママが“最上級の食用児を育てる飼育監”だったことに気づく。すべてが偽りだと知ったエマたちは、孤児全員を引き連れた脱獄を画策する。

映画.com

「孤児院で幸せに育てられていた子供たちは、食用児として鬼に献上されるために飼育されていた」

というあまりにも衝撃的な導入で始まる映画「約束のネバーランド」。

ネバーランドという、誰も見た事のない世界を精巧に描いた漫画原作をもとに、

友情、家族の絆、そして裏切りなど、さまざまな人間社会を絡めた作品。

現代社会に通じる理不尽さや切なさが混在した世界で、必死に生きていく子供たちの姿に、

感動と勇気をもらえるエンターテインメント映画となっています。

「約束のネバーランド」の原作

マンガ「約束のネバーランド」の原作は、2016年8月から週刊少年ジャンプに連載中。

累計発行部数1600万部超の白井カイウ氏(作画・出水ぽすか氏)の人気漫画が原作の脱獄サスペンスです。

  • 「このマンガがすごい!2018」オトコ編1位
  • 第63回小学館漫画賞の少年向け部門、マンガ新聞大賞2017の大賞

など、各種マンガ賞を総なめに!

2019年1月~3月にはTVアニメが放送され、2020年には第2期も決定済。

従来のジャンプ作品のイメージを裏切りつつ、少年少女が力を合わせて「逆境と困難」を乗り越えようとする姿が、多くの読者の心を掴んで離しません。

白井カイウ(原作者)コメント

実写映画化です! わーい! はい、今「え…? でも日本で? この漫画、舞台アレだしキャラもアレだし、仕舞いにゃアレとか出てくるじゃん!? 大丈夫!?」とか思ったそこの貴方、大丈夫。私も驚いた。アレもアレもアレも多分全部大丈夫です。いやこれちょっと見たけど本当色々すごかったよ…! アニメでもキャスト・スタッフものすごい魔術師の皆さん揃っておいででしたが、実写もとんでもねぇ魔術師揃いです! 是非是非お楽しみに!
https://natalie.mu/comic/news/349181

「約束のネバーランド」ファンの反応が炎上?

「約ネバ」の愛称でファンから親しまれている「約束のネバーランド」。

不思議な世界観や、人間を喰らう鬼達をどうやって生身の人間で表現するのか楽しみでなりませんし、さぞかしファンは歓喜でお祭り騒ぎ…と思いきや、

ネットの様子が何か変なのです。

約ネバファンは何に違和感を感じてるんでしょう?

どうやら、原作では13歳設定の3人ですが、主人公のエマ・レイ・ノーマンがちょっと大人すぎやしないか?

という違和感のようです。

「せめて頼むから子供使ってくれ」

「年齢引き上げたの許さない」

「約ネバ大好きだけどこれはダメ~!」

などなど。

城桧吏さんはかろうじて実年齢が13歳でセーフなのですが、

板垣李光人さんは17歳、浜辺美波さんに至っては19歳とかなり年上です。

たしかに、思春期のこの差は、大きいですよね…。

でアニメや漫画を見ているともっと幼い子供というイメージもあるため、

小学生くらいの子役じゃないと、原作の世界観がリアルに伝わらない…という懸念のようですね。

「約束のネバーランド」映画公開日はいつ?あらすじ(内容)やキャストまとめ

ネバーランドという、誰も見た事のない世界をどうやって映画で実写化するのか、

原作とはややかけ離れた年齢の女優・俳優たちがどのようにして演じるのか?

公開日1年前から、早くも話題中の「約束のネバーランド」!

果たして「約ネバファン」の主役浜辺美波さんは、このギャップを埋めて、ファンの期待に応えることが出来るのか?

その点も、この映画の魅力ということで期待しましょう!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る