上田慎一郎監督の高校(学歴)経歴・年収は?嫁・子供情報も!

上田慎一郎

映画『カメラを止めるな!』が大ヒット中の上田慎一郎監督。

上田監督の高校などの学歴や、嫁や子供はいるのか気になりますね。

調べたところ、上田慎一郎監督の嫁は、業界でも有名なアニメ映画監督・ふくだみゆきさんということが分かりました。

奥さまのふくだみゆきさんも、業界ではかなりの実力と実績がある方です。

また、上田慎一郎監督の高校時代の「遭難事故」やホームレス経験という驚愕破天荒エピソードも明らかに!

今回は、空前のブームとなっている『カメ止め』上田慎一郎監督の魅力をたっぷりお伝えします。

スポンサーリンク

上田慎一郎監督の「カメラを止めるな!」とは?

2018年6月23日に公開された映画『カメラを止めるな!』略して『カメ止め』。

2018年9月23日までに、観客動員166万人、興行収入23億円を突破と発表されました!

アメリカ・ロサンゼルス日本映画祭の最高賞に輝くなど、海外の映画ファンからも高く評価されている、2018年注目の日本映画です。

この映画、公開当初は東京都内で2館のみの上映だったのですが、口コミでじわじわ広まり今や世界的に爆発的なヒット。

どんな有名俳優と有名監督が関わっているのか思いきや、ジャンル的には

『自主制作映画』

といって、監督も出ている俳優もほぼ無名な人ばかりながら、今や『世界のカメ止め』というのですから…ものすごいサクセスストーリー!世の人々の関心は一層高まるわけですね!

カメ止めのネタバレ&内容は?

『カメラを止めるな!』を一言でいうと、“ゾンビ&コメディムービー“。

ホラー要素がありつつ、笑いも忘れないという、一見正反対なものが一緒に楽しめるので、貞子のようなガッツリホラーではないため、ビビリな私でも安心して見ることができそうな映画です(笑)

映画製作費は300万という低予算だったという驚愕の事実から、キャストは無名の俳優さんを使っているのも特徴的。

ホラー映画で有名人を使うとで「この人は有名だから最後まで絶対生き残るだろう」と観客から悟られないようにする狙いもあったそう。

費用の半分はワークショップなどの有志で集めたもので、残りは映画をとるために活動資金を支援するクラウドファンディング形式のプロジェクトで集めたんですって!

映画の制作秘話を知ると、ますます映画自体が観たくなりますね!

これから全国でも公開されるそうなので、この作品については、ネタバレの知識なしで映画館に足を運んでみようとおもいます。

スポンサーリンク

上田慎一郎監督プロフィール&高校や大学

上田慎一郎監督は1984年4月7日生まれ、現在若干34歳・滋賀県出身。

中学時代から、父親のハンディカムを使って自作映画を撮るのが趣味だったので、これまでの半生のほとんどを「映画」に費やしていらっしゃいます。

↑ツイッター右側のマイクに向かって話している方が上田慎一郎監督。

帽子がトレードマークで、髪の毛はクリクリの天然パーマなんだとか。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

⇒上田慎一郎の実父エピソードが泣ける!パクリ(盗作)疑惑の行方は?  

上田慎一郎監督の学歴

上田慎一郎監督は、滋賀県長浜市立木之本小学校を卒業。

幼少期はサッカー少年でしたが、サッカーチームが地元にないので役所に掛け合ってコーチを募ったりしたというエピソードから、子供の頃から行動力のある人だったと思います。

上田慎一郎監督の出身高校は「滋賀県立長浜高等学校」(偏差値49)という公立高校です。

学生時代から学園祭でお笑いコントをするなど、関西人だけあって「笑い」の世界に小さいころから親しみ魅せられてきたこともあり、今回の映画にもそれが影響しています。

高校時代は、長編映画を制作して地元のホールで上映したり、演劇部の舞台劇の脚本・演出を手がけ、

高校3年の時に創作した作品が2002年度近畿高等学校総合文化祭で上演されたりと、着実に実績を作っていきました。

そんな天才高校生・上田慎一郎の活躍は、当時の業界で有名になり、複数の大学からお誘いが来るほどだったそうです。

しかし、上田慎一郎監督は結局大学には進学せずに、独学で映像を撮り続ける道を選びます。

一方、破天荒でやんちゃな一面もあり、高校時代の夏休みには、琵琶湖を手作りのイカダで友達の横断しようと試みて「遭難」し、警察に保護されて新聞に載ってしまったことも(笑)

◆報道されたときの新聞の画像

上田慎一郎

引用:https://ameblo.jp/beblue0407/

上田慎一郎監督・英語の専門学校に進学した理由

高校卒業後、上田慎一郎監督は「お笑い」と「映画」のどちらを取るのか究極に迷った末、「映画」選択して、大阪の『英語』の専門学校に入りました。

専門学校名までは公開されていませんが、“大阪にある英語の専門学校“とのことで、有名なところだと

大阪外語専門学校、ECC国際外語専門学校、大阪観光専門学校、関西外語専門学校、駿台観光&外語ビジネス専門学校、大阪観光専門学校

など、ある程度は絞れてきます。

なぜ『英語』だったかとういうと、上田慎一郎監督の頭の中では、

映画といえばハイウッド映画、ハリウッド映画を目指すならまずは『英語』が必須だ!

と考えたそうです(笑)

ハリウッド映画にすっかり魅了されていた上田慎一郎少年は、「アカデミー賞でオスカー受賞」という夢を追い求めていたいたのだとか。

専門学校時代ににも、映画サークルを立ち上げて長編映画「√青春」を制作しています。

…が!!

結局1年目の秋には英語の専門学校を中退し、焼肉屋でアルバイトをしながら映画監督を目指すべくまずは東京を目指します。

「英語」は諦めても「映画」は決してあきらめなかった上田慎一郎監督

東京下北沢に上京しますが、東京までの交通費が無くヒッチハイクで向かったというから、どこまでも破天荒ですよね(笑)

東京ではアルバイト生活をしながら、ヒッチハイクの旅をしたり、自作のポストカードや映像作品を作って路上販売したり、今のユーチューバーのようなことにもチャレンジ!

そうして映画監督になれるチャンスを諦めることなく虎視眈々と狙っていたというのですから、挑戦心溢れる独創的な感性は、やはり天才的なものを感じざるを得ませんね!

スポンサーリンク

上田慎一郎監督デビューまでの経歴や作品や経歴

上田慎一郎監督の主な作品としては、

▼2011年1月短編映画「プレイバック・プレイボール」(脚本・製作総指揮)

(

【短編映画の監督作品】

「ナポリタン」
「テイク8」
「4/猫 猫まんま」
「Last Wedding Dress」
「彼女の告白ランキング」
「恋する小説家」

▼2017年 映画『カメラを止めるな !』

上田慎一郎監督の結婚した嫁(妻)は、ふくだみゆき!

上田慎一郎監督は結婚の奥さんの名前は

「ふくだみゆき」さん。

ふくだみゆきさんは、アニメ・監督・映像クリエイターという肩書で、1987年生まれの群馬県出身の方です。

嫁・ふくだみゆきさんの作品

【アニメ映画】
『こんぷれっくす×コンプレックス』

【短編映画】
『耳かきランデブー』
『マシュマロ×ぺいん』

ふくだみゆき監督の作品には、夫である上田慎一郎監督もプロデューサーや撮影担当として関わっています。

嫁・ふくだみゆきさんの学歴

2006年 前橋市立前橋高等学校卒業

2010年 金沢学院大学 美術文化学部 情報デザイン学科卒業

現在フリーの映像クリエイターとして活動中です。

ご夫婦で映像・映画関係の方とはすごいですね。

『カメ止め』の成功も、奥さまが一番喜ばれていることでしょう。

▼『こんぷれっくす×コンプレックス』

↑こちらは「ワキ毛青春アニメ」(笑)という、独特な世界観がある作品です。

第72回毎日映画コンクールでアニメーション映画賞を受賞した「こんぷれっくす×コンプレックス」は、わき毛を巡る青春の1ページを描く24分の作品。

男子のわき毛に並々ならぬ興味が抑えられない思春期の中学2年生のゆいと、クラス一わき毛が濃いことをコンプレックスに感じる武尾の物語がつづられています。

2017年に制作した中編映画「耳かきランデブー」は、第9回沖縄国際映画祭の特別招待作品に選ばれるなど、実力と実績のある方です。

上田慎一郎監督の子供は?

お二人には、子供が一人(男の子)がいて、一番かわいい盛りですよね!

これから子育て&監督業との両立は大変なこともあると思いますが、子育ての経験がまた、良い作品作りに影響があると思いますので、これからの子供さんの成長も楽しみですね!

上田慎一郎監督・ホームレス時代と現在の年収のギャップに驚愕!

実は上田慎一郎監督は20~25歳の頃、大好きな映画製作から一度離れた時期があります。

専門学校を途中でやめ、ヒッチハイクで東京を目指したのはいいものの

  • ネズミ講の詐欺に遭ったり
  • 路上販売時に警察とバトルになったり
  • ブログが炎上して実家住所まで世間にバレてしまったり
  • SF小説の自費出版を持ちかけられ結局巨額の借金が残ったり

親にも友達にも散々な迷惑をかけた挙句、借金を抱えて代々木公園でホームレス同然の生活を経験したとの驚愕エピソードが!

2014年4月7日付けの上田監督のブログには、

30歳になりました。思えば、失敗だらけ、借金まみれ、親にもダチにもマジ迷惑かけたYOな、20代でありました…

と始まる上田慎一郎監督の、20代前半の壮絶な借金&トラブル人生が、今となってはおもしろネタとして綴られていました。

イカダで遭難した時は

「こんなところで死ねるか!!」

を連呼するほど根性がある上田慎一郎さんですから、苦労も力強く乗り越えてこられたのかもしません(笑)

一時は映画監督の夢を諦めかけた上田慎一郎監督ですが、25歳の時に奮起して2009 年に自主映画団体の『STUDIOMAYS』に参加。

同年に映画製作団体「PANPOKOPLNA」を結成、そこで奥様のふくだみゆきさんに出会い、現在に至ります。

20代前半の苦労を全て自分の糧にして、これまで国内外の映画祭で46もの名誉ある賞を獲得。人生を大逆転されました。

スポンサーリンク

上田慎一郎監督の現在の年収はいくら?

20代前半は、借金まみれでホームレス経験もあった上田慎一郎監督。

現在の収入がどのくらいなのかが気になりますね。

『カメ止め』が2018年9月23日までに、観客動員166万人、興行収入23億円を突破

というニュースがあったので、23億円からどれくらい監督の懐に入るかは分かりませんが、

もちろん製作費300万円は優に超えていると思います(笑)

映画監督にも実力によってピンキリがあり、やはり名前が売れている人ほど、同じ興行収入でも取り分としての契約内容に違いがあるようですね~。

上田監督は高校卒業後も映像を撮り続け、ハリウッドを目指して英語の専門学校に通ったほどです。

今後、ハリウッドから「逆オファー」も夢ではないですね。

そうしたら収入はものすご~い額になりそうです!

スポンサーリンク

上田慎一郎監督プロフィール

【名前】上田慎一郎(うえだしんいちろう)
【生年月日】1984年4月7日
【出生地】京都府
【出身地】滋賀県長浜市
【身長】168cm
【血液型】A型

上田監督は中学生の頃から自主映画を制作し、高校卒業後も独学で映画を学んでしました。

自分のブログ「push your back」でも、今までの人生のさまざまなおもしろエピソードがつづられています。

個人的には

あの日あの時 号外『上田慎一郎の歴史』」というタイトルで、0歳のころから25歳までのご自身の“ぶっ飛び人生”を画像入りで掲載されているページが面白かったです(笑)

上田慎一郎オフィシャルブログ:https://ameblo.jp/beblue0407/

上田慎一郎監督の高校(学歴)経歴・年収は?嫁・子供情報も!まとめ

◆上田慎一郎監督の高校は滋賀県立長浜高等学校。年収は非公開だが『カメ止め』映画製作費300万は余裕で回収済と思われる

◆上田慎一郎の嫁はふくだみゆき。子供は男の子が一人。アニメ映画監督として、夫婦二人三脚で活躍中。

上田慎一郎監督は、20代前半はホームレスになるほど困窮していたものの、夢を諦めることなく映画を撮り続けてきたからこそ今の成功に繋がりました。

今回の『カメ止め』ブームもまだまだ続きそうですので、次回の作品も楽しみですね!

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

⇒上田慎一郎の実父エピソードが泣ける!パクリ(盗作)疑惑の行方は?  

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る