「ブラ捨て」水原希子のバックパックのブランドや主題歌・海外ロケ地は?

ブラステ 主題歌-

2020年1月から配信されるHuluオリジナルドラマ

『ブラを捨て旅に出よう~水原希子の世界一周ひとり旅~』。

「なんで、“みんなブラをつけなきゃいけない”って固定概念があるの?」

とSNSでかつて発言したこともある水原希子さんにとっては、まさにピッタリな役どころ。

『ブラ捨て』は水原希子さんがバックパックで世界一周旅行という設定で、

“半分ドラマ、半分ドキュメンタリー”という水原希子さん次第の展開という斬新すぎるドラマ。

使っている私物のブランドもまた、注目されそうです。

スポンサーリンク

水原希子『ブラ捨て』ドラマとは?

ドラマ『ブラを捨て旅に出よう』の原作は、旅作家で元グラビアアイドルの歩りえこさんの著書が原案。

歩りえこさんの海外での実話エピソードを取り入れつつも、

いざ現地へ赴けば、あとのストーリー展開は水原希子さん次第。

“半分ドラマ、半分ドキュメンタリー”の奇想天外な新ジャンルの作品です。

もっと色んな自分を知りたい。
もっと色んな景色を見たい。
今までの自分、今の自分、これからの自分。
自由自在に。変化する事は楽しい。
出会いと別れ。時の流れに身を任せて
寂しい時も苦しい時も嬉しい時も
そこにはいつも学びがあって、全て繋がっていく。

2019年10月14日 水原希子インスタグラムより抜粋

水原希子さんの本名は、

「オードリー・希子・ダニエル」

アメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれ、

父がアメリカ人で、母が日本生まれの韓国人というルーツ。

小さい頃に両親は離婚していて、神戸で生まれ育ちました。

今までプライベートも合わせて30都市以上は旅した、根っからの旅行好き。

20代最後に出演する『ブラを捨て旅に出よう』は、

まさに彼女自身が願ってた通りの、

自分というアイデンティティを探す旅でもあるかもしれません。

『ブラ捨て』水原希子の英語力

水原希子さんは、2歳からずっと日本で生まれ育ったため、本人曰く英語は苦手

韓国語も全く話せないんだとか。

水原希子

水原希子「NOVA」CMスクリーンショット

でも、実際に水原希子さんの英語を聴いてみたのですが、

水原希子さんの英語、めっちゃ上手で流ちょうでした…!(笑)

日本人が英語でつまずきやすい「TH」の発音など、ネイティブに注意をされていたシーンもありましたが、

そのレベルで英会話CMされたら、他の人が行きにくい?とツッコみそうになりましたw。

これからますます英語もブラッシュアップして、世界で活躍するモデルになりそうな水原希子さんです。

『ブラ捨て』水原希子のバックパックブランド

『ブラを捨て旅に出よう』で水原希子さんが愛用している水色のバックパックのブランド!

日本で買えたらいいですよね。分かり次第お伝えします。

『ブラ捨て』海外ロケ地はどこ?

『ブラを捨て旅に出よう』の原案となった歩りえこさん著書では、

世界5大陸・56カ国も一人旅したエピソードが満載です。

歩りえこさんは

  • タイ
  • アルゼンチン
  • ヨルダン
  • イエメン
  • ボリビア
  • インド
  • モロッコ

などが特にお気に入りだったそうですが、果たしてドラマ『ブラを捨て旅に出よう』ではどこの国が採用となるのか?

もしかしたら、英語も一切通じない国もあるかもしれませんね。

水原希子さんが現地でどんなステキな出会いをして、感動のお別れとなるのか、

国の文化の違いや慣習なども見ごたえがありそうです。

「ブラ捨て」水原希子のバックパックのブランドや主題歌・海外ロケ地まとめ

『ブラを捨て旅に出よう』は、作家の歩りえこさんの旅行体験記

『ブラを捨て旅に出よう~貧乏乙女の世界一周旅行記~』(2012年)

が原案です。

水原希子さんがどのように現地へ赴いた先で物語を展開していくのか、今から楽しみです。

2020年1月から配信開始のHuluオリジナルドラマ 『ブラを捨て旅に出よう~水原希子の世界一周ひとり旅~』。 バックパ...
世界5大陸・94カ国も一人旅を経験し、“旅する“グラビアアイドルとして活躍していた歩りえこさん。 水原希子さん主演のhuluの...

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る