菅総理夫人は離婚歴ありバツイチ!旧姓と静岡市の実家はどこ?

菅総理 夫人

菅総理の真理子夫人は、表舞台に立つのを極力避けて「内助の功」に徹していらっしゃいますが、じつは過去に離婚歴があり、いわゆるバツイチ。

5歳年上で現夫の菅総理とは再婚です。

菅総理と真理子夫人が結婚したのは1978年の真理子さんが25歳頃の時。

ということは20代前半に初婚となるので、かなり早い結婚だったようです。

菅真理子夫人の旧姓と静岡市の実家はどこ?

「(真理子夫人は)静岡県清水市出身で、実家は食料品の卸問屋を営んでいました」。離婚歴があり、菅とは再婚だという。

2020年09月10日「Jキャスト」より

菅真理子夫人は静岡県出身。

ご実家は、

  • 静岡県清水駅のほど近く
  • もともと食料品の卸会社を営んでいた

との情報ですが、旧姓や詳しい生年月日も情報非公開。

もともと、すぐ表に出ようとする安倍昭恵夫人とは全く正反対の真理子夫人、

内助の功に徹底し、なるべく目立たないように留意し、表舞台に立つことを避けているのだそう。

「もともとご両親は地元で食料品の卸問屋を経営していました。ただ、小売りもやっていましてね、インスタントラーメンや缶詰を売っていました。良い卸し先があって経営は安定していたそうです」

「菅総理」夫人ってどんな人? バツイチを乗り越えファーストレディに | デイリー新潮 (dailyshincho.jp)

さて、実家がもと食料品の卸会社だった真理子さんは、生まれも育ちも清水区♪

あのちびまる子ちゃんの舞台で有名な静岡県静岡市清水区(旧清水市)です。

余談ですが、ちびまる子ちゃん(小学三年生)のマンガの時代設定は1974年〜1975年、

ちびまる子ちゃんと、原作者(さくらももこさん)は1965年生まれです。

菅真理子さんは1953年生まれなので一周りほど歳は離れていますが、

菅真理子さんもちびまる子ちゃんのような時代風景で生活をしていたのかもしれませんね♪

菅真理子夫人が最初に結婚した年齢は?子供はいる?

菅総理夫人が離婚歴のあるバツイチだということは冒頭でお伝えしましたが、

菅総理と結婚したのは1978年、菅総理が30歳、真理子さんがで25歳の頃。

つまり最初の結婚は25歳より前に結婚していたことになります。

週刊誌デイリー新潮によると、大学を出てすぐとの事なので初婚は23歳前後、

嫁ぎ先は地元の農家だったそうですが、結婚生活は、長くは続かなかったようです。

菅真理子夫人の離婚歴とバツイチの理由

菅総理と25歳頃に結婚する前に離婚歴があった菅総理夫人。

一体何故離婚に至ってしまったのでしょうか?

大学を出るとすぐに地元で結婚したのです
嫁ぎ先は県内の農家だったという。

「いちご栽培で有名な地区の農家でした。でも、“お茶の柄杓(ひしゃく)持つより、肥料の袋を持った方がいい”なんて、姑さんにいびられたみたいで、農作業に馴染めず、半年か1年でダメになっちゃったんです」

政界で裏街道も走ってきた菅新総理をさらにその裏から支えてきたのが、新ファーストレディとなる真理子夫人である。…

真理子夫人の元旦那さんは一般人で農家の方、

離婚原因はお姑さんからのいびりや農作業に馴染めなかったのが原因だったようです。

結婚後半年〜1年で離婚に至り、バツイチがついてしまいました。

今より離婚が難しかった時代なのに周りが離婚を受け入れてくれて本当に良かったですね!

半年〜1年ということなので、子供はいなかった可能性も高そうです。

それより、元旦那さんもいちご農家で菅総理もいちご農家出身だなんて…

なんだかいちごに運命を感じちゃいますね笑

菅真理子夫人と菅総理の子供(息子)は三人

ちなみに菅総理と菅総理夫人との間には3人の息子がいらっしゃいます。

「学生時代に柔道に打ち込んだ長男は一時、人手不足だった菅事務所で働いていたが、現在は大手広告代理店に勤務。次男は東大法学部に入学後、アメフト部に所属して活躍した文武両道タイプ。卒業後は一流商社に就職しました。三男はもともと線が細いタイプでしたが、体を鍛えて法政大学の強豪アメフト部に入り、関東学生チャンピオンを争ったこともある本格派です。現在は大手ゼネコンで働いています」
https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/200910/plt20091014190010-n1.html

菅総理大臣の長男は、菅正剛(すが せいごう)さん、1981年(昭和56年)生まれ。

三兄弟で唯一、名前がわかっている人物です。

男兄弟でそれぞれ3歳差の三兄弟、

きっと幼い頃はお家が賑やかだったことでしょう。

菅真理子夫人の性格

菅真理子夫人の性格は、

・控えめ
・謙虚
・優しい
・表に立つのが苦手

と言われています。

「メディアに出ないどころか、地元の婦人会にも出ないほど控えめなかたです。選挙で当選したとき、事務所で菅さんや支持者が喜んでバンザイをしているときも、横にいる真理子夫人だけは頭を下げて、“ありがとうございます”を繰り返していました。菅さんもそうですが、“余計なことは言わない、やらない”というファーストレディーになるでしょうね」

《菅の家に泊まりに行くとお父さんが帰ってきてあれこれ酔っぱらいながら話をしてくれた。少し目が怖いけど優しい人だった》人気ロックバンド「RADWIMPS」のボーカ…

菅真理子夫人は、男性の3歩後ろを歩いて、旦那さんを陰でしっかり支える妻といったイメージ。

菅総理が官房長官になってからは横浜の自宅に帰れず、赤坂の議員宿舎に寝泊まりしていたようなんてすが、

菅真理子夫人は毎日欠かさず洗濯や掃除などの身の回りの世話をしに足を運んでいたんだそう!
正に内助の功ですね!

それに菅総理がストレスと会食で激太りしてしまった時に、菅真理子夫人の手作りスープダイエットで12kgものダイエットに成功させました!

献身的な奥様で本当に憧れます!

他にも菅真理子夫人が訪れると癒されるという声もあり、本当に素敵な性格なのが伺えますね♪

菅真理子夫人と菅総理とのなれそめ

菅総理と菅真理子夫人の馴れ初めは、なんと菅総理の一目惚れ!

菅真理子夫人が小此木彦三郎議員の家事手伝いをしに静岡から来ていたのですが、その時菅真理子さんを見て一目惚れし、パッと見て何となく結婚すると感じたんだとか!

実際に結婚してもう42年。
運命の人だったんですね!

そしてこんな微笑ましいお話も♡

「菅君が結婚前にマリちゃんをうちに連れて来て、フィアンセとして紹介されました。『どっちがプロポーズしたんだよ』と聞いたら、照れてマリちゃんのほうを見て『おまえのほうからだったよな』と言う。マリちゃんを見たら『あなたのほうからじゃない』と言い返して、3人で笑ったのを覚えてます」

AERAdotより引用

菅真理子夫人は離婚歴ありバツイチ!旧姓と静岡市の実家まとめ

菅真理子夫人は20代前半にいちご農家の男性と結婚していましたが、
お姑さんからのいびりや農作業に馴染めなかった事で半年から1年の間に離婚し、バツイチがついてしまいました!

でもその後割とすぐに菅総理から一目惚れされ、結婚、そして42年もの月日が経っています。

ご子息3人にも恵まれ、ご主人は現首相!
なんとも羨ましい限りですね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る