ローランド(ホスト)の学歴!大学はどこ?高校は帝京サッカー部で活躍も!

ローランド

帝京高校サッカー部の特待生だったローランドさんの最終学歴は“高卒”

数々の名言を残し、事業家としても成功しているローランドさんは

「ホスト界の帝王」では収まらず、ついにサッカー愛で世界を変える存在に!?

お団子の女性 なのなのなさん

人の価値は「学歴」じゃないってことね!

《月がそのうち俺に会いにやってくる》

の名言も、現実になりそうな“引き寄せ力”。

生き方そのものにカリスマ性があるローランドさんは、

『ナンバー1ホストになるんで大学辞めます』

といって、たった一日で大学を退学

その理由もまた、ローランドさんらしい直感があったようです。

スポンサーリンク

ローランドの学歴!大学はどこ?

「ホストよりサッカーが好き」というローランドさん。

182cmの長身と抜群の運動神経だったローランドさんは、サッカーの強豪・帝京高校へ。

小学校から高校までサッカー一筋の元サッカー少年。中学時代はJリーグチームである柏レイソルの青梅支部に所属、高校では帝京高校のサッカー部に所属。

wikipedeia -ローランド-

大学については、

「大学は両親に薦められるまま推薦入学した」

と公言しています。

どこの大学へ、何の推薦で進学したのかは定かではありませんが、

一部では法政大学という説や、帝京高校からそのまま帝京大学へ進学した説もありますが、

ローランドさんの大学在籍日数はたった1日でした(笑)

大学中退理由は「恐怖」

ローランドさんは、入学式初日で大きなことに「気付いて」しまったそう。

「(大学の)入学式初日に、人生の先が見えちゃったんです。よく人って『先の見えない人生は怖い』って言うじゃないですか。

でも、そのとき知ったのは『先は見えたほうがもっと怖いな』って。『それ以上は上にいけない』と知ったときに、すごく僕は恐怖を覚えて…」

2019/02/21 しらべぇ -ローランド、大学中退の理由に騒然-

父親が薦めるまま大学進学したものの、この先一般企業に就職して、いずれ定年退職して…という、

敷かれたレールが見えてしまったことに「恐怖」しかなかったんだとか。

『就職=安定』ではなく、『就職=恐怖』と感じたローランドさん。

お団子の女性 なのなのなさん

そこが凡人との違いね…

ローランドさんは大学入学式の翌日に

『ナンバーワンホストになるので大学を辞めます』

と書いた退学届を提出。

その足で新宿のアルタ前にいき、ホストの世界へ踏み出しました。

18歳でホストの世界に入り、一年間の下積み時期も強気と前向き思考で、

20歳で務めていたホストクラブの代表取締役に就任、あっというまに”帝王”に。

まさにカリスマ。

スポンサーリンク

ローランドの高校は帝京サッカー部

ローランドさんは帝京高校体育科に特待生として入学し、サッカー部で活躍していました。

帝京高校の偏差値は49〜56ほどで、卒業生には

  • とんねるずの2人
  • プロゴルファーの東尾理子さん
  • プロ野球選手(日ハム)の石川亮さん

など有名人も。

ローランドさんは当時将来プロサッカー選手を目指していて、

勉強の成績もオール5だったんだとか。

こちらはネットに出回ってる、ローランドさんが当時着ていたサッカー部のユニフォーム↓

ユニフォームを見ると小さい字で

「風雅」

と書いた部分があり、これがローランドさんの本名です。

関連記事:

 ローランドの本名は松尾風雅&父親もカリスマだった!

お酒は一切飲まず接客、スポーツ万能で、数々の名言を残すトークスキルも一流。

今ではホストという枠を超えて、実業家としても幅広く活躍しています。

スポンサーリンク

ローランドの子供時代や生い立ち

ローランドさんの学歴(高校・大学)について追いかけてみましたが

生い立ちや子供時代はどんな様子だったんでしょう。

幼少期〜小学校時代のエピソード

小さい頃から、

《流行は自分で作り出すもの。あれを流行らせたのは俺じゃない》

とすでに名言(!?)を残していて、

周りに流されることなく、徹底した自分のこだわりを貫いていたローランドさん。

子供時代に流行したカードゲームも、友達の輪には入っていかなかったんだとか。

友達がカードゲームに夢中の間、ローランドさんがハマっていたのは映画。

『ゴッドファーザー』

『タイタニック』

などの壮大なスケールで描くヒューマン映画がお気に入りでした。

そして、中学校からプロのサッカー選手を目指して、柏レイソルのジュニアチームに所属。

帝京高校時代のエピソード

運動神経抜群のローランドさんは、

サッカーの名門校・私立帝京高校にサッカー特待生として入学。

実家から離れての寮生活で、今のローランドさんからは想像できないような、

サッカーと勉強だけの青春を送っていたんだとか。

ちなみに、ローランドさんの学生時代の整形前の顔画像がネットで出回っていますが、

いかにもスポーツマンらしい、ガッツリな「ゴリラ顔」でした(笑)

関連記事はコチラをクリック↓

 ローランドの元の顔が変?すっぴん画像と比較!

同級生からはとても慕われキャラだったようで、自然と話術も鍛えられる環境があったのではないでしょうか。

ホスト界に入ったきっかけ

ローランドさんは、たまたまテレビでホストという職業のドキュメンタリー番組を見て、

漠然と「ホストってカッコいい仕事だな」と頭の片隅にあったそう。

そして、いつしか

《ホスト、俺にもできそうじゃね?》

《あ、オレ顔で食ってけるタイプだわ》

という発想に…(゜゜)

新宿のアルタ前で、最初にキャッチしてきたお店にしようと決めて実行。

それが「ゼブラ」という歌舞伎町の小さいお店でした。

最初はなかなか誰も声をかけてこなかったらしく、ローランドさんは

《逸材が歩いているのに見る目ねーな》

と思っていたそうで、ホントにスゴイ自信ですww

ローランドはサッカー愛で世界を救う

ずっとサッカー少年で、プロのJリーガーを目指していたローランドさん。

「ホストよりサッカーが好き」

と言うほど、サッカー愛が消えることはありませんでした。

そして、ついにその熱い思いが形になりました

2018.8.30

チャリティをするためにマドリードへ行ってきます。

小児ガンの子供達のためのチャリティ。

そんなチャリティに関わらせて頂けて本当に幸せですし

チャリティのメンバーも

セルヒオラモスやモドリッチ、そしてフィーゴやデルピエロなどそうそうたるメンバー。

このホストという仕事をただ一生懸命にやってきた中で、

こうして少しでも人の役に立つ事が出来るってとても嬉しいことです。

憧れだったサッカー選手たちと一緒に仕事が出来るなんて。

夢って真摯に追い続けたら形は多少違えど叶うものだと改めて実感しました!

(中略)

…ステップアップするに従って生活に余裕が出来てくると

幸せはシェアした方が長く続くのだという事に気付けました。

あぁ視野が広がるってこういう事なのか!と。

もうこの際

ローランドという存在で世界を幸せにしたいです。

なんか俺なら出来ちゃいそうだし。

男に生まれてきた以上、世界の一つや二つ明るくできないとね。

ローランドオフィシャルブログより

ローランドさんの仕事は、もはやホストでも実業家でもなく

「ローランド」という仕事。

まさに

《世の中には、2種類の男しかいない。俺か、俺以外か》

の名言そのままの生き方ですね(*’ω’*)かっこいい!

ローランド(ホスト)のプロフィール!本名·身長·体重は?

「現代ホスト界の帝王」と称られるローランドのプロフィール。

《LOLAND(ローランド)》

本名:松尾風雅(まつおふうが)
旧源氏名:東城誠(とうじょう まこと)
誕生日:1992年7月27日
出身地:東京都
出身高校:帝京高校(サッカー部)
血液型:AB型
身長:182cm
体重:不明
家族:両親・妹(双子)1人・弟1人

歌舞伎町PLATINA(プラチナ)本店 取締役

日本のホスト、ファッションモデル、タレント、実業家。

現在、自身が設立した個人事務所「シュヴァルツ」に所属。

関連記事:

・ローランドの本名が「松尾風雅」である画像がこちら!

・ローランドの整形前の顔が変?すっぴん画像と比較!

ローランドの学歴!大学はどこ?高校は帝京サッカー部で活躍もまとめ

カリスマホスト・ローランドさんの学歴や生い立ちなど紹介しました。

帝京高校では特待生として未来のJリーガーと期待されていたものの、

大学の入学式で「自分の居場所じゃない」と一瞬で気が付き、迷うことなくホストの道へ。

今ではホストという枠を超えて、誰もが心に刺さる名言を残し、

「ローランド」という存在を確立。

筆者もこれからは「私か、私以外か」の勢いで…(笑) 生きていこうかな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る