トップナイフの原作とキャスト!意味・主題歌や病院ロケ地はどこ?

女医

天海祐希さん主演ドラマ

『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』

が、2020年1月、毎週土曜22時から日本テレビ系で毎週土曜スタート!

天海祐希さんは初の《脳外科医》の役に挑戦。

神業とも言える技術と、医師の苦悩を描くリアル・ドクターストーリーです。

3人の脳外科医もくせ者揃いで、主役級のキャストが登場し、早くも話題沸騰!

ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』

  • 原作
  • キャスト
  • あらすじ
  • 主題歌
  • ロケ地

などまとめました。

スポンサーリンク

『トップナイフ』の原作!ドラマ名の意味は?

『トップナイフ』の原作は、ドラマで脚本も手掛ける林宏司さん。

2019年12月には小説「トップナイフ」も発売されます。

「トップ」とは、ある分野で頂点に立つ人、「ナイフ」は外科手術で使うメスのこと。

『トップナイフ』は、文字通り、外科医の最高峰の人たち、という意味ですね。

林宏司さんといえば

「コード・ブルー」

「医龍」

なども手掛けていていて、本格医療ドラマとしてますます期待が高まります。

林宏司さんは、天海有希さん主演の刑事ドラマ「BOSS」でも脚本を担当していました。

じつは林宏司さん、10年も前から実際の脳外科医のドクターたちと、

『トップナイフ』の構想を練っていて、

勝手に「主役は天海有希さん」と決めていたのだとか!

10年間の構想が現実のものになったとのことで、かなり期待できそうです。

『トップナイフ』のキャスト

『トップナイフ』は、脳外科の医師たちが日々葛藤する姿を描いた作品。

主役の天海有希さんは、

「長時間労働、勉強と緊張の連続、熟練した脳外科医の余命はとても短いなど、厳しい現状が浮かび上がりました。様々を踏まえ、お芝居に活かせたらと思っています」

と、初の脳外科医役への意気込みを語っています。

深山瑤子(50)天海祐希

  • 深山瑤子(みやま ようこ)
  • 東都病院 脳神経外科医
  • 脳動脈瘤のスペシャリスト

脳外科を取り仕切る「女帝」。

外科部長の今出川部長から脳外をまとめるように言われている、管理職的役割。

仕事への責任感は誰よりも強く、患者の命を第一に考えて脳外科の重要性を自覚している。

しかし、いっぽうで、家族を捨てたという罪悪感を抱えている。

黒岩健吾(53) 椎名桔平!?

今回の『トップナイフ』は、キャストの発表前に、出演者の予想当てクイズが、

公式サイトから出ているという、予想する楽しみもありますね!

  • 黒岩健吾(くろいわ けんご)
  • 東都病院 脳神経外科医
  • 脳腫瘍のスペシャリスト

「世界のクロイワ」の異名があり、世界的な技術を持つイケメン天才脳外科医。

スター外科医を気取った自分第一主義の反面、実は本当の愛に飢えている。

小机幸子(26) キャスト未発表

  • 小机幸子(こづくえ さちこ)
  • 東都病院 脳神経外科専門研修医

ド新人の研修医、勉強だけだった彼女が、恋に落ちた!?

勉強は誰にも負けたことがなく、最も偏差値が高いという理由で脳神経外科の道へ。

ところが、実技はイマイチな研修医で、本人は自覚なし。

26歳ながら恋愛経験ゼロだった彼女が初恋するお相手は…?

西郡琢磨(34) キャスト未発表

  • 西郡琢磨(にしごおり たくま)
  • 東都病院 脳神経外科医
  • 外科もカテーテルも出来る二刀流

自称「天才」を名乗る、外科もカテーテルもこなす二刀流。

表向きは自信たっぷりなフリ、内面はコンプレックスの塊。

同僚や患者にも心を開かない孤高の医師は、

内心「世界のクロイワ」への嫉妬心で燃えている。

今出川孝雄(61) キャスト未発表

  • 今出川孝雄(いまでがわ たかお)
  • 東都病院 脳神経外科部長

一見冴えない管理職、でも実は人事のヒミツを握っている重要人物!

医者としての腕も平凡なものの、人を見抜く能力に長けている外科部長。

おしゃべり好きなところがあり、人に言われたくないことまでズバズバいってしまいうところがたまに傷。

来島達也(30) キャスト未発表

  • 来島達也(きじま たつや)
  • BAR「カサブランカ」のオーナー

医師たちの行きつけの、病院近くのBAR「カサブランカ」のオーナー。

バーのオーナーなのに、女性を口説くことしか考えていないチャラ男。

でも、彼の醸し出す雰囲気と話術で、医師たちは日ごろのストレスから解放され、

天海祐希さん役の「女帝」でさえも、仕事とは違った一面を見せることも。

『トップナイフ』あらすじネタバレ!最終回の結末は?

『トップナイフ』は外科医の中でもゴットハンドといわれる「手術の天才」が集う病院の脳神経外科が舞台。

患者を救うためなら、私生活をも犠牲にする天才医師たち。

常に手術は完璧と成功が求められる、最高の医師「トップナイフ」たちが登場します。

しかし、そんな脳神経外科の医師たちも、ひとりの人間。

プライベートの私生活では思い通りに行かずに、実は苦悩と葛藤していた!

家族を捨てたという罪悪感を抱える《女帝》主人公・深山瑤子(みやまようこ)が、

天才の黒岩健吾、ド新人の小机幸子、孤高の医師・西郡琢磨らに翻弄されまくり。

そして、脳神経外科部長がこの4人の医師を集めた本当の理由は何だったのか?

『トップナイフ』主題歌や挿入歌の歌詞や歌手は誰?

『トップナイフ』の主題歌や挿入歌も、ドラマを見る上では楽しみなポイントの一つ。

個人的には、元宝塚歌劇団のトップ男役の天海祐希さんに歌ってもらいたい!(切望)

最近のドラマは、男性歌手や、YouTubeなどの動画で先に話題になった人、グループが担当してることも多いですよね。

ジャニーズのメンバーが出演すると、新曲で主題歌を担当することもあるので、発売日なども気になります!

いずれにしても、脳外科医という厳しい世界で戦う医師たちのドラマのイメージが浮かぶような主題歌を期待したいですね!

情報が入り次第お伝えいたします~。

『トップナイフ』ロケ地の病院はどこ?

『トップナイフ』の舞台の病院名は「東都病院」。

ロケ地についてはまだ詳しい情報はありません。

ちなみに、山下智久さん主演の

『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』

は、日本医科大学千葉北総病院が全面的に撮影協力していて、ドラマのメインロケ地となっていました。

ドラマの放送に合わせてヘリポートの改装まで行い、実際の医療監修・指導も同病院の救命救急センターの医師らが担当するという徹底ぶり。

今回の『トップナイフ』も、同じ脚本家の林宏司さん。

『トップナイフ』は現役の脳外科医たちと、10年以上の構想期間があったというのですから、コード・ブルー以上に期待が高まります!

トップナイフの原作とキャスト!意味・主題歌や病院ロケ地はまとめ

天海祐希さん主演ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』は、

2020年1月、毎週土曜22時から日本テレビ系で毎週土曜スタート!

医療ドラマの中でも、“脳外科医“に特化したドラマで、天才医師たちの完璧な仕事ぶりと、

私生活のグダグダな人間味あふれるギャップが魅力です。

天海祐希さんの女医姿、考えただけでもハマり役、かっこいいに決まってますよね!

あんなに美しいのに、プライベートでは独身を貫く天海祐希さん。

元カレの吉川晃司さんとの記事はこちらです↓

2003年に熱愛が報じられ「ビッグカップル」と言われた吉川晃司&天海祐希。 二人は約3年で破局しましたが、分かれた理由やフライデー写真...
スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る