午後の紅茶cm女性南沙良は歌下手で音痴?母親役やロケ地・曲名は?

「午後の紅茶」TVCMで、JUJUの名曲『やさしさで溢れるように』を熱唱している女性。

“第2のガッキー“と評判の美少女モデル南沙良(みなみさら)さんです!

母と娘の親子愛を描いた午後の紅茶CMですが、

(南沙良の)歌が下手で音痴すぎて、全く感動できない…

と、予想外の悪評判があるようです。

午後の紅茶CMのロケ地や母親役の美人女優も早速チェック!

午後の紅茶cmの女性・南沙良とは

企業名: キリンビバレッジ株式会社
商品名 :午後の紅茶
出演者: 南沙良(娘)・山田キヌヲさん(母親)
楽曲名 『やさしさで溢れるように』
原曲歌手・ JUJU
ロケ地: 勾当台公園(こうとうだいこうえん)
CM放送時期・ 2019年11月~

「あなたを包むすべてが、やさしさであふれるように…」

キリン「午後の紅茶」CM『世界で、いちばん、あったかい。冬 親子の絆編』

JUJUの名曲『やさしさで溢れるように』を弾き語りしながら熱唱しているのは、

南沙良(みなみさら)さん

です。

南沙良さんをメインに起用したCMシリーズの第2弾で、

アコースティックギターで、弾き語りにチャレンジしています。

CM設定は、進路や将来のことを母親と話したい気持ちがあるのに、

なかなか話し出せずにいる女子高生“サラ”。

「どんなときもそばにいるよ」という歌詞に想いを込める姿と、

幼い頃からずっとそばで支えてきた母親との「親子の絆」を描いた冬物語です。

演奏終了後、母親が娘の頬にあたたかい「キリン 午後の紅茶」をくっつけるシーンは、ほんわかしますね。

「世界で、いちばん、あったかい。」というメッセージが、

母親が娘を想うあたたかさが表現されていますね。

ちなみに本家JUJUの曲はこちら

本家本元のJUJUの名曲『やさしさで溢れるように』は、

2009年2月11日にJUJUの9thシングルとして発売された曲。

アルバム『What’s Love?』にも収められています。

  • 「MTV meetalk with NEW NISSAN cube」CMソング
  • 「Friend-Ship Project 第6弾」CMソング

にも起用されるなど、幅広く活用されているんですよ!

聴くだけで優しい気持ちになれる、心に染みわるJUJUの名曲です。

午後の紅茶cm南沙良は歌下手で音痴すぎる?

聴くだけで優しい気持ちになれて、心に染みわるJUJUの名曲『やさしさで溢れるように』。

JUJUの歌詞も楽曲もカンペキ、普通なら、午後の紅茶CMの親子愛という設定も重なって、

感動が広がるハズなんですが、

南沙良さんがCMで歌う『やさしさで溢れるように』が、

歌が下手過ぎて音痴すぎる…

とすこぶる不評のようなんですよね…汗

「南沙良の歌、ヘタ過ぎてチャンネかえる」

「歌下手なのに歌うCMって何を伝えたいの?」

「南沙良の事務所のゴリ押し?」

と散々な目も当てられない状態の、ご批判の数々…。

うーん、、確かに、めちゃくちゃ歌がうまい!というほどではないですが、

南沙良さんって、そんなに歌が下手で音痴ですかね?( ;∀;)

そもそもの理由として、曲選びが失敗だったと、個人的には思います。

歌唱力の高すぎなJUJUさんの名曲を、ギター弾き語りっていうのが、

そもそもハードル上げすぎな気もします。

頑張る受験生、母と子の親子愛、、などなど、キリンが本来伝えたかったことよりも、

南沙良って歌下手クソ。。。

ということが先にイメージとしてついてしまった残念な結果に。

「ポストガッキー」なんて、本人は言ってないのに周りが騒ぎすぎだから、

南沙良さんへの期待が大きすぎて、ギャップがでてしまったのかもしれません。。!

午後の紅茶cmロケ地どこ?

午後の紅茶のCMで、南沙良さんがギターを弾きながら歌っていた公園。

ロケ地となったのは、宮城県仙台市青葉区の

勾当台公園(こうとうだいこうえん)

という場所。

周辺には

  • 宮城県庁
  • 仙台市役所

などの公的機関や、公共事業関連の企業が終結していて、

仙台市民なら誰もがなじみのある公園。

面積こそ2.6haと、東京ドーム半分くらいの大きさでそこまで巨大ではないものの、

野外音楽堂や多目的広場の施設もあります。

野外音楽堂があるあたり、単に『地元の有名な公園』というより、

むしろ『抜群の集客力と話題性がある公共施設』という感じがしますね。

実際、仙台の地元では、有名なスポットなだけにCMの反響も多数!

みるだけで「勾当台公園だ!」と気づいたという声が多くありました。

午後の紅茶cm母親役山田キヌヲとは?

午後の紅茶cmで母親役を演じているのは、女優の山田キヌヲさん。

山田 キヌヲさんは、1981年9月1日生まれの-宮崎県宮崎市出身。

「キヌヲ」とは珍しい名前ですが、これは芸名で、本名は、

山田純子さん

とめちゃくちゃ普通な感じだそうです。

プロフィールでは《既婚者》となっていますが旦那さんや子供がいるかどうかの情報がないので、旦那さんは一般人かもしれません。

山田キヌヲさんは、宮崎大宮高等学校を卒業後、早稲田大学第一文学部演劇映像専修卒業。

高校時代には演劇部に所属していました。

2002年、鴻上尚史演出の舞台『ピルグリム』に出演。

2004年、映画『ガールフレンド』の主演女優としてヌードシーンにも挑んで、女優デビュー。

数々のドラマ、映画、CM、舞台に出演していて、

最近では映画『SHARING』(2016年、篠崎誠監督)に主演として出演しています。

午後の紅茶cm南沙良のプロフィール

《南 沙良(みなみ さら)》
愛称 :サラ
生年月日:2002年6月11日
出身地:神奈川県
血液型:A型
身長 / 体重 160.9 cm / 41.0 kg
スリーサイズ 73 – 58 – 81 cm

元『nicola』専属モデルで、第二のガッキーと評判の美少女モデル南沙良さん。

それもそのはず、なんと誕生日ガッキーと同じ日なんです!

新垣結衣…1988年6月11日
南沙良…2002年6月11日

2014年、ファッション誌『ニコラ』で専属モデルとして活躍

2017年、映画『幼な子われらに生まれ』で女優デビュー

2018年の映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の初主演では、

南沙良さんが演じる大島志乃が、人前でうまく言葉が出ない吃音症(きつおんしょう)に悩む女子高生役で、感極まって号泣し涙と鼻水をダラダラ流す、迫真の演技が話題に。

演技力を高く評価され2018年の新人女優賞を総ナメにしました。

2019年3月に『ニコラ』を卒業後、多くのドラマや映画、CMにひっぱりだこで、

第二のガッキーとも言われています。

午後の紅茶cm女性南沙良は歌下手で音痴?母親役やロケ地まとめ

午後の紅茶CMで、歌が下手で音痴だと言われてしまった南沙良さん。

不評も女優としての試練なのかもしれません!

可愛くて演技力はバツグンなので、南沙良さんの今後に期待です。

スポンサーリンク&関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る