ZARD(ザード)坂井泉水の死因の真実や事故現場は?脳挫傷は本当?

酒井和泉

90年代の人気歌手・グループといえば、ZARD(ザード)やDEEN・大黒摩季などですよね。

中でも2007年に転落事故で亡くなったZARD(ザード)の坂井泉水さんの死はあまりにも突然で、公表された死因も衝撃的でした。

事故現場となった病院の画像を見ても、いまだ坂井泉水さんの死因にはナゾが多く、惜しい気持ちが溢れます。

ここでは、ZARD(ザード)坂井泉水さんの死因は本当に転落事故だったのか?事故現場写真などを交えながらその真相を検証してみます。

【関連】坂井泉水に妹がいた?存在するブログは本物?

スポンサーリンク

ZARD(ザード)坂井泉水の死因は脳挫傷って本当?

ZARD(ザード)の坂井泉水さんの死因は『脳挫傷』と公表されています。

※脳挫傷(のうざしょう)とは、頭部を強打し外傷を受けた際、頭蓋骨内部で脳が衝撃を受けてしまう状態のこと。 wikipedia

坂井泉水さんは2007年(平成19年)5月26日朝5時40分頃、入院先の病院内スロープから3メートル下に転落、駐車場で仰向けに倒れているところを通行人に発見されました。

すぐに集中治療室で緊急処置がされましたが、翌日の5月27日午後3時10分、40歳という若さで帰らぬ人となりました。

死因は

『後頭部強打による脳挫傷のため』

とされています。

ZARD(ザード)坂井泉水はなぜ入院していた?事故現場は?

坂井泉水さんが亡くなったのは、東京・信濃町の慶応大学病院の駐車場にある非常用スロープでした。

▼当時、事故現場検証で報道されたニュース画像▼

酒井和泉

でも、そもそもなぜ坂井泉水さんは入院していたんでしょうか。

病魔と闘っていた坂井泉水さん

実は坂井泉水さんは、2000年以降からたびたび病魔に悩まされていました。

子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症などでの闘病を経て、2006年4月に子宮頸がんが発見され、手術後、同年7月にいったん退院していました。

ところが、2007年4月に肺に転移しているのが発見、以降はずっと抗がん剤治療中だったと言います。

子宮を摘出してもなお、肺への転移というのは、病状として「かなり厳しい」と考えざるをえない状況だったと思います。

まだ40歳という坂井泉水さんの年齢や、日本のがん治療の状況を考えると、おそらく強い抗がん剤を使って、がんを根絶する可能性に賭けた治療をされていたのではないでしょうか。

きっとご本人にとって精神的にも肉体的にも想像を絶するほど耐えがたい状況だったに違いありません。

長引く闘病生活、落ちていく体重、抗がん剤治療の苦しさ…もしかしたらそんな状況に耐えられなくなって自ら…?

そんな思いが巡ってしまいます。

スポンサーリンク

ZARD(ザード)坂井泉水の死因の真実!不自然と言われる理由

頭を強く打ち付けて『脳挫傷』で亡くなった、坂井泉水さんの本当の死因。

音楽関係者は

「坂井泉水は日ごろから病室で詞を書くなど、復帰に前向きで音楽活動に意欲的だった」

といい、もちろん自殺説など完全否定しています。

スロープから転落したことは間違いない事実ですが、それが

偶然の事故だったのか・または自発的だったのか?

という点については、今だに謎が多いままです。

坂井泉水さんの死因が不自然と言われる理由1:長い闘病生活中だった

2007年5月26日に亡くなってしまった坂井泉水さん。

2000年以降たびたび病魔に悩まされていたというのですから、どれだけ長く病魔と闘っていたのか想像を絶するものがあります。

そんな矢先の突然の転落死。

しかも、坂井泉水さんの癌が公になったのも、死亡ニュースと同時だったこともあり、ファンにとっては本当に衝撃的なニュースでした。

今はブログなどSNSで闘病生活を綴ったりする芸能人もいますが、坂井泉水さんは一切そのような活動はしないアーティストだったんですね。

やはり、度重なる病気との戦いの中で、精神的に弱り、うつ病も発症していたのでは?という憶測が出てしまうのは自然なことかもしれません。

坂井泉水さんの死因が不自然と言われる理由2:早朝で雨が降っていた

慶大病院の関係者のコメントによれば、

「患者が早朝(朝5時40分頃)に、雨が降っているのに駐車場の非常通路に出入りして散歩をするとは不自然。自らの意思でスロープを乗り越えたとしか思えない」

という見方もあります。

駐車場のスロープを乗り越えたり、わざわざ非常通路を通る…というのも『散歩中だった』と説明するには、かなり不自然な場所と言わざるを得ません。

坂井泉水さんの死因が不自然と言われる理由3:手すりを乗り越えた痕跡も?

事故現場となった駐車場のスロープ。

▼当時、事故現場検証で報道されたニュース画像▼

酒井和泉

手すりの高さは1.2mあり、坂井泉水さんは身長165cmなので、そんな高さの手すりを超えて落ちるとなると…。

やはり「自発的に乗り越えた」と考えてしまいますね。

警視庁の発表によれば、坂井泉水さんがわざわざ「手すりを乗り越えた痕跡が見つかっている」との発表もあったとのことで、

やはり「足を滑らせた」と発表した事務所側のコメントと大きく矛盾していいます。

坂井泉水さんの死因が不自然と言われる理由4:3メートルでは低すぎる?

しかしながら、

「自殺を考えている人が3メートルの高さは低すぎるのでは?」

という捜査関係者の声もあります。

坂井泉水さんが【自発的に】手すりに腰掛け、【偶然に】誤って転落した可能性もありますが、目撃者もないことから、

当時の坂井泉水さんの心理状態について断定することは、誰にもできないのではないでしょうか。

このように、

  • 早朝
  • 雨が降っていた
  • 駐車場のスロープを散歩中?
  • 手すりを乗り越えた跡がある
  • 目撃者がいない

などの理由が重なり、坂井泉水さんが

「駐車場スロープの3メートル下に転落死していた事実」

について、自発的だったのか偶然だったのか誰も説明が出来ないし分からない…ということですね。

もともと滅多に表舞台へ姿を見せず、SNSなどとも無縁だった謎が多き孤高のシンガー・坂井泉水さんの最期もまた、沢山の深い謎で包まれたまま…ということです。

スポンサーリンク

ZARD(ザード)坂井泉水プロフィール

名前:坂井泉水(さかいいずみ)
本名:蒲池 幸子(かまち さちこ)
出身地:神奈川県平塚市
血液型:A型
生年月日:1967年2月6日
没年月日:2007年5月27日(40歳)
出身高校:神奈川県立伊志田高等学校
最終学歴:松蔭女子短期大学
職業 ミュージシャン/歌手/作詞家/モデル (初期)
活動期間 1989年 – 2007年

ZARD公式サイト↓
http://wezard.net/

事務所グッズ販売公式サイト↓
http://musing.jp/shop/zard/#grocery

《関連記事はこちら!クリック↓》

 坂井泉水の妹・蒲田陽子とは?お墓はお参りにいける?

2007年5月27日に40歳という若さで亡くなったZARD(ザード)の坂井泉水さん。 私生活やプライベート、死因についてもいまだナゾが...

元モデル&レースクイーンだった坂井泉水さん

坂井泉水さんはアーティストとしてデビューする前、モデル・レースクイーンとして約2年活動していたことがあります。

ちなみに、1990年(平2)日清カップヌードルレーシングチームのレースクイーン時代は、岡本夏生さんと同期でした。

酒井和泉 岡本夏生

画像引用:http://moogry.com

実際に「坂井泉水 岡本夏生」と検索すると、いくつか当時の動画や画像もアップされていました。

20代前半まではモデルやレースクイーンとして活動していましたが、歌手になる強い希望が叶い、1991年2月「ZARD」のボーカルとして歌手デビュー。

ZARDの作詞・ボーカルなどを担当し、楽曲には

  • 「負けないで」
  • 「揺れる思い」
  • 「マイフレンド」

など、多くのヒット曲を生み出しました。

テレビ出演が少ない謎の多いアーティスト

歌手デビュー後、ヒット曲も多いにもかかわらずメディア露出が極端に少なかったため、ミステリアスな印象も強かったZARD(ザード)と坂井泉水。

90年代の同時期に全盛期だった女性歌手と言えば、大黒摩季さんもいらっしゃいましたが、

大黒摩季さんも坂井泉水さんもあまりにテレビ出演がないため、この二人は本当に実物する人物なの?とまで当時は言われていましたよね。

女性アーティストのメディア露出を極力抑えるメディア・コントロール戦略がよく取られていたとも言われていますが、

単純に坂井泉水さんが極度のあがり症だったとも言われていて、6thシングル「負けないで」で大ブレイクした後は、ライブさえ殆ど行っていませんでした。

ZARD(ザード)坂井泉水は永遠に

「揺れる想い」「負けないで」など、100万枚を超えるヒット曲など、152曲もの楽曲を作詞した坂井泉水さん。

デビューから40歳で亡くなるまで16年間、毎日のように書き溜めた膨大なメモも残されていて、恥じらいや嫉妬、劣等感など自分の心の弱い部分など、色んなことが綴られていると言います。

もともと石川啄木が好きな文学少女だったという坂井泉水さんは、音楽を通して、一見恋愛ソングに聞こえる歌詞も、

実は人生の「何か」大事なことを伝えたかったのでは?と受け取れる歌詞が多くあるように思います。

坂井泉水さんの死から、2019年で12年を迎えます。

ファンクラブ会員はデビュー当時を知らない10~20代も含め増加していて、今なお幅広い年齢層に支持されています。

2017年08月には、アルバム『ZARD Forever Best~25th Anniversary~』も発売されるなど、今なお注目され、ファンの心に永遠に生き続けています。

ZARD(ザード)坂井泉水の死因や事故現場!脳挫傷は本当?まとめ

ZARD(ザード)坂井泉水さん死因は『脳挫傷』、2007年5月27日(40歳)当時の事故現場の状況など検証してみました。

長引く闘病生活、落ちていく体重、抗がん剤治療の苦しさ…

そんな中でも、坂井泉水さんの生前の音楽への情熱や、今なお多くの人々の心に生き続けていている坂井泉水さんの歌声がある事実を考えると、

ギリギリまでがんと闘っていた坂井泉水さんの「最後の死因」が、本当に事故死だったか?ということを突き止めることに筆者はあまり意味がないことかも?と感じました。

これからも坂井泉水さんの素晴らしい歌は、人々の記憶の中で永遠に生き続けるのだと思います。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 坂井泉水の妹・蒲田陽子とは?お墓はお参りにいける?

 池森秀一(DEEN)の若い頃画像!結婚&離婚情報も!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る