小室佳代とは?仕事は何?親族が韓国人の噂や年齢や学歴・出身大学も調査!

小室佳代

姿を全く見せない小室佳代さん。

現在は仕事はしないで、亡き夫の遺族年金で生活されているのだとか。

そして「小室圭さんの母方の祖父は韓国人」と海外メディアでは報道されていますが、

日本では一切報道されないという闇。

真面目に仕事をして、つつましく生きておられる韓国人や在日の方には大変失礼ですが、

一部の《韓国アレルギー》思想の日本人にとっては大問題です。

仮にも、格式高き日本の皇族プリンセスの義母候補である小室佳代さん。

韓国人とか在日とか以前に、実態があまりに不透明で闇と傷のウワサが多いという現状。

吹き出し パンダ mihoさん

眞子様には、正直もっとふさわしいプリンスがいると思うの…

「小室佳代」とは一体どんな人物なんでしょう。

年齢・家柄・学歴や、今までどんな仕事を何をしてきたのか、そして元婚約者Aさんに送ったという《お金を引き出す誘導文テクニック》に、私は背筋が凍りつきました。

スポンサーリンク

小室佳代(圭の母親)の年齢や学歴・出身大学・住所は?

名前:小室佳代(こむろかよ)
旧姓:角田佳代(すみだかよ)
生年月日:1966年(昭和41年)
出身地:神奈川県藤沢市
学歴:相模女子大付属高校(偏差値55程度の私立)

1966年生まれ、2019年の誕生日で年齢は53歳になる小室佳代さん。

佳代さんの年齢でぴっくりしたんですが眞子様の母・紀子様と同い年だったんですね…!

人間って年齢を重ねるたびに随分と差が開くものです、いろいろと(笑)

学歴につて、高校までは明らかになっていますが、小室佳代さんの家柄の金銭的なことを考えると、 進学は難しかったのではと考えられます。

 小室圭の家柄!両親が旧華族って本当?

すっかりお騒がせ系有名人になった、眞子様の婚約者・小室圭さん。 小室圭さんの家柄や、父親・母親がどんな人かついつい知りたくなり...

現在の住所は「神奈川県横浜市」

小室圭さんと小室佳代さんの現住所は、何度も週刊誌やニュースで取り上げられていますが、

「神奈川県横浜市内のマンション」

とだけ報道されていて、もちろん詳細の住所までは明らかではありません。

ですが、

入り口にポリスボックスが急に設置されたマンション

として地元の人には有名なマンションのようですね。

報道によれば、小室圭さんの警備費用は、2年間で1.5億円も投入されているとか…!

神奈川県横浜市内のとあるマンション入り口にポリスボックスが設置されたのは、昨年5月中旬のこと。何の変哲もない普通のマンションの前に突如現れた物々しい警備に、近所の住民が首をかしげていたのも束の間、そこに眞子さまの“将来の夫”である小室圭さんが住んでいることはすぐに周辺に知れわたった。

2018.04.12  NEWSポストセブン

小室圭さんの警備費用、2年で1.5億円を投入か

小室圭さんと小室佳代さん親子を快く思わない(大多数の)国民にとって、血税が失われていることも大きな怒りの原因となっているようです。

20代前半にはクラブで朝まで豪遊していた”チャラ男”写真なども流出し、

そして、小室佳代さんの元婚約者A氏に対しては

「借金は返しませんし、解決済み」

と公言。

佳代さんの元婚約者A氏は、小室親子の生活資金や、小室圭さんの学費まで援助していたようです。

週刊誌ネタで一方的な「小室佳代の元婚約者A氏」の情報リークにより、印象が悪すぎる状況が続いていますが、

過激な行動を起こす団体もあるので、安全のために宮内庁が動いてポリスボックスが設置されたんでしょうね。

それでは、すっかり有名人となった小室圭さんについても念のためプロフィールをさらっと紹介します(笑)

スポンサーリンク

小室圭のプロフィール!

Embed from Getty Images

【関連】小室圭の元カノとは?破局理由はプリクラ流出で妊娠説あり?

名前:小室圭(こむろ けい)
誕生日:1991年10月5日
出身:神奈川県横浜市港北区

《小室圭の学歴》

▼大倉山アソカ幼稚園
▼国立音楽大学付属小学校卒
▼カナディアン・インターナショナルスクール卒(2007年~2010年)
▼2010年9月 国際基督教大学入学
▼2014年6月 国際基督教大学教育学部アーツサイエンス学科卒
▼2017年9月 一橋大学大学院国際企業戦略研究科入学、2019年1月現在在学中
▼2018年8月 米・フォーダム大学大学院留学(在学中)

職歴:東京三菱UFJ銀行するも入行後2年弱で退社
奥野総合法律事務所・外国法共同事業所属(パラリーガル)

家族:母・小室佳代、父・小室敏勝(としかつ、2002年3月5日36歳没)

神奈川県横浜市出身の小室圭さん。

現在はアメリカのフォーダム大学に留学し、国際弁護士なるため勉強中。

国際基督教大学(ICU)で眞子様と出会われたワケですが、学歴をみるとかなりの学費がかかっていますね。

大学卒業後、一旦銀行に就職するも、一橋大学の大学院に在籍し、法学部でもないのに法律事務所でパラリーガルというアシスタント職。

英語はかなりお出来になり成績優秀な方のようですが、不思議な人です。

今後の眞子様との関係もどなるのか気になるところですね。

スポンサーリンク

小室佳代(圭の母親)の仕事(職業)はケーキ屋さんだった

小室佳代さんが高校を卒業してから今まで、どのような仕事をしてきたのかはよく分かっていません。

ですが、婚活が成功したのか、横浜市役所に勤めていた男性(小室敏勝・としかつ)と出会い結婚、1991年に小室圭さんが誕生しました。

▼小室佳代さん25歳のとき▼

小室圭

小室敏勝さんと(旧姓)角田佳代さん・佳代さんの両親の結婚式の時の写真

さすが一卵性親子…。小室圭さんが女装されたかと思いました。

残念なことに、小室敏勝さんは、2002年・小室圭さんがまだ11歳の時に亡くなっています。

 小室圭の家柄!父母の両親と父の死因がヤバすぎる!

すっかりお騒がせ系有名人になった、眞子様の婚約者・小室圭さん。 小室圭さんの家柄や、父親・母親がどんな人かついつい知りたくなり...

小室佳代さんの勤め先については、多くの週刊誌がこぞって報道していますが、

「ケーキ屋さん」

でパートで働いていたということは分かっています。

『マッターホーン』という東京都目黒区にある、学芸大学駅からほど近いところにあるケーキ屋さんで、バームクーヘンが有名なお店です。

小室佳代さんは、ケーキ屋さんで生活費や小室圭さんの学費などを稼ぐために、とても真面目に勤務していそうですが、

さすがに現在は辞めて無職だそうで、こんなに週刊誌で報道されていたら、勤務先も大変なことになりますよね(-_-;)

小室佳代は遺族年金を不正受給?

現在、小室佳代さんはメディアの前に姿を見せず、事実上行方不明。

横浜市のマンションに引きこもって、亡き夫の生命保険金と遺族年金で暮らしているといわれています。

が!

そこにはまたまた大きな問題が。

小室佳代さんが元婚約者の男性から400万円以上のお金を受け取っていた問題はご存知の通りですが、

これが、贈与か貸付だったかで双方の意見も食い違い、

さらには、遺族年金不正受給の問題も絡んで泥沼化しているのです!

2002年遺族年金受給開始

小室圭さんの父、小室佳代さんの夫で公務員だった「小室敏勝」さんは、

2002年に焼身自殺していて、以降、親子は遺族年金を受給し続けてきました。

そして、この遺族年金というのは、新たに婚姻関係や内縁関係ができた瞬間に受給権利が消滅するものです。

つまり、小室佳代さんは元婚約者Aさんと事実婚をしていた2010年~2012年の2年間は、法律上、遺族年金を受給する資格は消失するんですよね。

しかし、当然ながら小室佳代さんは遺族年金をもらい続けていたというのがさらに問題となっています。

実際には、遺族年金不正受給の時効は5年なので、もう返済義務は発生せず、

しかも元婚約者Aさんと小室親子が一緒に同居していたわけでもないので、「内縁関係」と言えるかも微妙。

このまま「遺族年金不正受給疑惑」は、闇に葬られることになりそうです…。

吹き出し なのなのな お団子の女性

いろんなことが異次元な闇だわ…

小室圭・小室佳代が在日韓国人といわれる根拠

小室圭さん・小室佳代さんと言えば、

「在日韓国人」

とか

「韓国人」

とかネットで騒がれています。

「韓国人」という発端や根拠は何だったんでしょう?

小室佳代さんの親族に「韓国」と関係ある人物がいたのでしょうか。

韓国説1)海外メディア「小室圭の祖父が韓国人」報道

「小室圭さんの母親の父は韓国人である」

と2018年2月に堂々と報じているのは、香港の日刊紙『South China Morning Post』。

小室圭 韓国

引用:South China Morning Post

記事タイトルで

“Bad debts and Korean blood: Japanese tabloids in a frenzy after Princess Mako’s wedding postponed”

(借金問題と韓国の家柄:日本のプリンセス眞子の婚約延期の理由について)

と、はっきりと小室圭さんが韓国人の血統だと断言しているのです。

⇒実際の英語の原文はこちら

この『South China Morning Post』という媒体は、1903年から創刊されている、歴史と伝統ある英字新聞で、単なるゴシップメディアとはワケが違います。

つまり…記事の信頼性・信ぴょう性が極めて高く、しっかり取材をしてウラをとっている情報であるということ。

ちなみに、この記事を書いているロンドン出身で横浜市在住のJulian Ryall (ジュリアン・ライオール)さんは、

日本と韓国の問題を主に担当、大学院でジャーナリズムの学位も得ている記者です。

記事内容は?

この『South China Morning Post』の記事内容は、眞子様がご婚約延期にせざるを得なかった本当の理由について、かなりツッコんで赤裸々に紹介しています。

  • 小室圭さんの母親が、元婚約者から借りた400万円超の借金があること
  • その借金が「違法」扱いになる可能性があるということ
  • 事前に小室圭さんの身の回り調査をしていなかったこと
  • 小室圭さんの父親が自死していること
  • 小室圭さんの母方の祖父が韓国人だということ

ちなみに、祖父が韓国人という該当の部分がこちらです

小室 祖父 韓国人

訳:小室氏の父親が自殺したと報告されています。そしてもう一つの問題は、小室氏の母方の祖父が韓国人だったということです。

それなりの日本人有識者に取材も…

小室圭 韓国

訳:私の見解では、(小室圭の母の)金銭を取り巻く「違法行為」がもっとも大きな問題です。北海道文教大学 ワタナベマコト教授

この「北海道文教大学 ワタナベマコト教授」がどんな方なのか、ネットで詳しい情報は見つけられませんでしたが、

記事内でワタナベ教授はさらに、

“Watanabe dismissed suggestions Komuro’s possible Korean heritage might have been the reason”

訳:渡辺教授は、(結婚延期の理由が)小室氏が韓国の血統だからという理由の提案は否定した。

とも紹介されていて、小室圭さんが韓国とつながりがあること自体は、否定していません。

『South China Morning Post』は、世界的も歴史があり規模が大きい媒体。

まったく根拠なく書いたというのは考えにくいです。

そもそも小室圭さんの家系は、父方は藤沢市の大地主ということは知られていて、週刊誌の取材などもされていますが、

母方の小室佳代さんの家系のことは、実はあまり知られていません。

(というより、表に出せない何かがあるのか…)

 小室佳代は見栄っ張り?元婚約者に出した年賀状が怖すぎる!

今や息子の小室圭さんより有名になっている、表に姿を見せない小室佳代さん。 元婚約者に出した年賀状と、身の丈に合わない見栄っ張り...

スポンサーリンク

韓国説2)在日韓国人学校出身?

小室圭さんは、小学校時代は音楽少年で、バイオリンを習っていました。

そして横浜市港北区住まいだったにもかかわらず、母子2人で東京都国立市に引っ越し、国立音大附属小学校に通っていました。

そして、将来は、音楽の道に進むかと思いきや…

小室さんは国立音大附属中学校へは進まずに中学・高校と品川区のカナディアンインターナショナルスクールに通った。この学校は1999年に開設された新興のインターナショナルスクール(以下インター)である。

インターは、一般的には、英語が覚束ないうえ日本だけで育った小室さんのような“純ジャパ”を受け入れない。憶測だが、このインターは設立されたばかりで思うような生徒があまり集まらなかったために、彼のような生徒も受け入れたのだろう。実際、小室さんは、当初、英語強化コースに回されたと聞く。

小室圭さんのキャリア形成が「間違いだらけ」と思う理由|Yahoo!ニュース

なぜか、インターナショナルスクールへ。

そして、このインターナショナルスクールについては、

こんな認識をされている世間の声もありました

「カナディアンインターは実質在日韓国人の学校」

韓国説3)海外メディアの誤字?

もうひとつ、発端となった海外メディアのネットサイトを見つけましたが、こちらです

小室圭

https://www.scoopwhoop.com/

写真下をよーーくみると、名前が…!

小室佳代

Kim Komuro=キムコムロという文字が入っているのです。笑

これは、眞子様との婚約報道が出た2017年5月に、

《日本のプリンセス・マコが愛のために皇室を離脱・庶民的な身分の彼氏と結婚》

というタイトルで小室圭さんが紹介されたときの記事です。

⇒実際の英語の原文はこちら

小室圭さんが『海の王子』として、大学時代に

『湘南江の島 海の女王と海の王子』

をつとめていた時の一枚がこちら

一緒に写っているかわいい女性は、小室圭の元カノでは?と言われている

・並河 理奈(なみかわ りな)

さんです。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 小室圭の元カノ並河さんの現在は?本当に元カノ?

「キム」という名前を言われて日本人がパッと連想するのは、

「金」⇒ キムという韓国人名

ですよね。

でも、この同じ記事内の一文を引用すると

Kei Komuro, the prospective fiance, was a student at International Christian University in Tokyo, according to public broadcaster NHK TV. The Imperial Household Agency later confirmed the report and said Komuro is a 25-year-old graduate student at Tokyo’s Hitotsubashi University and also works at a law firm and can ski, play the violin and cook.

(訳)コムロケイは、キリスト系の大学生だった。現在は25歳・一橋大学の大学院生で法律事務所で働いている。スキーやバイオリン演奏・料理も得意なんだそう。

と、先ほどの写真以外は《Kei Komuro》と紹介しているので、

単純に《kim》は誤字だった

と考えるのが自然かと思いますが…。

スポンサーリンク

韓国説4)本当の名前の漢字は「圭与」?

最後に、小室親子が「韓国人」と噂される理由が、

小室佳代さんが最初に『週刊新潮』で報じられたという名前の漢字表記が

「圭与」

だったという話もネット上にありました。

ですが、今はどのメディアも「佳代」で統一しているので、漢字については情報が錯綜していますが、どれも根拠はありません。

この名前の漢字も、韓国籍なのでは?という説の一つの連想の根拠になってしまっているようです。

小室親子が「韓国人」だと言われれる本当の理由

結局のところ、小室親子が「韓国人」「韓国籍」という、決定的な証拠はありません。

ですが、小室佳代さんの元婚約者Aさんとの金銭トラブルなどを発端として、

「A氏に返済は必要ないと言われた、既に解決済みです」

と、一方的に文書で小室圭側がFAX一枚で主張したのは事実。

眞子さまと婚約している身でありながら、国民が呆れかえるような”借金逃れ”ともとれる態度や、誠実さに欠けた自己中心的な態度がある、というのは否定できない事実なのです。

真面目に生きておられる韓国人・在日韓国人の方にはとても失礼な話ですが、

これを「日本人には無い常識や異常性」として、一部の《嫌韓》思想の人たちが、差別的な見解で、小室親子を在日韓国人に当てはめて情報を拡散している実態もあると思います。

小室佳代の金銭トラブルの原因は?

眞子様のご婚約相手・小室圭さんについては、様々な国民感情が飛び交い、

愛子様を天皇に!秋篠宮家はもう信用できない!

という世論が盛り上がり、日本の天皇家全体の問題にまで発展しています。

大きな要因の一つに、小室佳代さんの元婚約者A氏が、「週刊文春」に金銭トラブルのネタを売ったことで、皇室スキャンダルに発展したことは記憶に新しいと思います。

 小室佳代は見栄っ張り?A氏に送った年賀状とは?

今や息子の小室圭さんより有名になっている、表に姿を見せない小室佳代さん。 元婚約者に出した年賀状と、身の丈に合わない見栄っ張り...

小室佳代さんのメールから感じる「心の闇」

小室佳代さんが、過去に元婚約者A氏に送ったメールも出回っています

↓↓↓

《メール内容文抜粋》

*お互いの総収入+主人の遺族年金でお互いの生活を貰うこと
*その他の預金や財産に関してもお互いのものとしてみなす事
*パピーの生命保険の受取人を私にして下さる事

以上を実践する=事実婚をします。そして4年後パピーの年金取得時に改めて入籍します。

元婚約者は『パピー』と佳代さんに呼ばれていたようです…。

このメールを読んでみると、小室佳代さんは元婚約者に

「事実婚するから結婚前に生命保険の受取先を自分にしてネ」

と要求しています。

そして、

「(元婚約者が)年金受け取り可能になった段階で正式に結婚してあげるワ」

という内容…。

吹き出し なのなのな お団子の女性

……!

(元夫との)遺族年金は最大までもらって、元婚約者の年金受給可能になった段階でそれをカバーする元婚約者の年金が入ってくるという計算なんでしょうね。

あなたのお金は全部私のものよ・・・!!

ということでしょうか。

さらに、恐ろしいことに、結婚前に生命保険の受取人を自分に変えさせるという部分も。

これって、結婚詐欺や保険金詐欺の手口そのものということになります(-_-;)。

小室圭さんの横浜市のマンションは、実は世帯主の夫が「焼身自●」したため、

住宅ローン免除、それ以外でも生命保険などは小室佳代さんが受け取ったものと言われています。

小室佳代さんの夫は普通の公務員でしたが、実家はかなりの資産家だったそうですが、

夫が亡くなり、さらにはその1週間後に父親も「自●」で亡くなっているという不自然さ。

にわかに信じがたいエピソードですが、親族が続けて「自死」というのは、各週刊誌がこぞって報道しているので、真実だと思います。

小室圭さんは、小学校卒業後、中高一貫のインターナショナルスクールへ進学、バイオリンも習っていたり、かなりの養育費がかかっていたはず。

客観的に見ても、とにかく母子家庭とは思えないほど不自然ですし、

大きなお金が小室佳代さんの手元にあったことは疑いようのない事実。

色んなことが、まさか、すべて小室佳代さんの計画通りだったとしたら・・・

心の闇が、深すぎます。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 小室圭の家柄!父の死因がヤバすぎる!旧華族の噂も!

すっかりお騒がせ系有名人になった、眞子様の婚約者・小室圭さん。 小室圭さんの家柄や、父親・母親がどんな人かついつい知りたくなり...

スポンサーリンク

小室佳代が大暴走!秋篠宮様に「お金を貸して」

小室佳代さんの行動は、さらにさらに大・暴・走。

なんと、秋篠宮様に直接「お金を貸してほしい」と懇願も

「結婚行事が2年延期になる前、(佳代さんは)秋篠宮家に元婚約者への返済資金の前借を打診しています。また、秋篠宮様が昨年11月30日のお誕生日の会見で〈(小室さん側が)それ相応の対応をするべきだと思います。(そうでなければ)納采の儀というのを行うことはできません〉と“最後通牒”を突きつけると、佳代さんは、宮内庁に直接連絡をしてきて、“両陛下にお会いして、お話をさせていただけませんか”と謁見を要求しているんです」

2019年6月25日 掲載|デイリー新潮

吹き出し なのなのな お団子の女性

佳代さんにとっちゃ、これがフツーのことなのか…。

小室圭さんが母親の元婚約者Aさんに反論

活費や留学費などの名目でA氏から借りた小室親子は、一貫して「贈与だったと認識している」と主張して返済を断り続けていて、

先日2019年1月22日にもアメリカ・ニューヨークにあるフォーダム大学ロースクール留学中の小室圭さんが改めて

「返済は必要ないと言われた」

と一方的に文書で主張してきたことも事実

しかも、

・文面から事前に文章作成には眞子様も関わっていたのでは?

なんていう週刊誌ネタもあり、国民の不信感もさらにパワーアップ。

よけいに火に油を注ぐ形となりました。

これに対して元婚約者のA氏は

「僕の記憶には少なくとも全く『返す必要はありません』と言った記憶ない。こちらにひと言もないまま、いきなり文書を出して、僕にコンタクトを何らかの形で取る方が先ではないか」

と反論。

ハッキリ言って、どっちもどっち。

もう、ぐちゃぐちゃです…

小室佳代&圭の親子の世間の反応

小室佳代さん・小室圭さんについて、世間はどんな意見があるんでしょうか。

婚約が延期された発表当初は、

「眞子様がとてもかわいそう」

という眞子様を擁護する世間の声も多かったものの、令和時代を迎える現在はすっかり

「小室圭さんを選ぶ眞子様が世間知らずすぎる」

と厳しい意見にも変わりつつあります。

また、これだけ色んな報道がされているにもかかわらず、小室圭さん側が婚約解消をしない辺りが

「下品」「図太い」「見栄っ張り」

という評価になっているのですね…。

関連記事:

 眞子様のアヒル口で世間知らずの声!ネットの評判は?

小室佳代とは?仕事は何?韓国人の噂や年齢や学歴・出身大学も調査まとめ

小室圭さんの母、小室佳代さん。

「韓国人」というのはウワサ程度ですが、眞子様の母・紀子様と同じ年齢とは驚きました。

いまだはっきりと解決していない「小室家の借金問題」や眞子様との婚約延期、今後どうなるんでしょう。

眞子様や小室圭さんの今後のためにも、出来るだけ早く、双方納得できる形で解決してほしいですね。

今後の動向にも注目していきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る