坂井泉水(ZARD)の妹・蒲田陽子とは?葬儀やお墓はお参りにいける?

坂井泉水 大黒摩季

2007年5月27日に40歳という若さで亡くなったZARD(ザード)の坂井泉水さん。

私生活やプライベート、死因についてもいまだナゾが多いと言われています。

そんな坂井泉水さんには妹がいて、名前は「蒲田陽子」という噂がありますが本当でしょうか?

また、当時の葬儀の画像や、葬儀にも出席した大黒摩季さんとの関係は?

亡くなってもなお、多くのファンの心に生き続けるZARD(ザード)坂井泉水さんの歌声。

今回は、坂井泉水さんの妹の存在の確認や、町田市にあるというお墓の様子も紹介します。

【関連】ZARD坂井泉水の死因の真実や事故現場はどこ?

スポンサーリンク

坂井泉水(ZARD・ザード)の妹・蒲田陽子?画像は?

一度も結婚せず、彼氏の噂も無く独身だったZARD(ザード)の坂井泉水さん。

晩年は子宮頸がんを患い、人知れず闘病生活を送ってました。

名前:坂井泉水(さかいいずみ)
本名:蒲池 幸子(かまち さちこ)
出身地:神奈川県平塚市
血液型:A型
生年月日:1967年2月6日
没年月日:2007年5月27日(40歳)
出身高校:神奈川県立伊志田高校
最終学歴:松蔭女子短期大学
職業 ミュージシャン/歌手/作詞家/モデル (初期)
活動期間 1989年 – 2007年

ZARD公式サイト↓
http://wezard.net/

事務所グッズ販売公式サイト↓
http://musing.jp/shop/zard/#grocery

ミリオンヒット曲を連発するも、めったにメディア出演せず、彼氏情報も皆無。

私生活についても、ほとんど明かしておらず、家族構成などのプライベート情報は謎に包まれています。

しかし、なぜかネット上で

坂井泉水の《妹》と《弟》の存在が浮上しているようです。

しかも、

妹の名前は「蒲池陽子」

弟の名前は「蒲池和明」

という具体名まで…

「坂井泉水 妹」と調べると「蒲田陽子」と出てきますが、坂井泉水さんの本名が「蒲池」なので、「蒲池陽子」の単なる間違いだと思われます。

そして妹の「蒲池陽子」さんについては、なんとブログまで存在するらしい…

ということなのですが、一体どんなブログなんでしょうか。

スポンサーリンク

本物?偽物?坂井泉水の妹についてのブログとは…?

坂井泉水さんの妹の存在が浮上したのは

2018年2月に開設された、LINE BlogにZARDの坂井泉水さんの『姪』を名乗る人物の登場でした。

先にお伝えしておきますが、坂井泉水さんに実妹や姪っ子の存在自体に確証はなく、事実関係は不明です。

LINEBLOG ZARD 坂井泉水 蒲池幸子

と検索すればトップページに出てくるブログです。

その実際のブログには…

坂井泉水 大黒摩季

親がZARD の坂井泉水こと蒲池幸子の妹陽子ですので、姪のSoffio (さわやかな風)こと蒲池理奈です。今は坂井泉水の養女になっています。皆様、宜しくお願い致します。

1991年6月6日、ニューヨーク生まれ、27歳、仕事は、歌手、モデル、国際弁護士。

このブログの運営者という「蒲池理奈(かまちりな)」という人物は、坂井泉水さんの”養女”で、”生みの親”の母が蒲池陽子といい、坂井泉水さんの妹だと言っています。

拝読すると、坂井泉水さんのことを「蒲地幸子ママリン」といい、

  • 坂井泉水の養女になった
  • 坂井泉水から数億円のプレゼントを贈られた
  • 坂井泉水と一緒に世界中を飛び回った

など…信ぴょう性が現実的では無い投稿内容に見えました。

ネットでは、このブログの矛盾点に多数ツッコミむ声もありました。

そして、この蒲池理奈という人物は、東京大学とハーバード大学を卒業してる割には、

誤字脱字が頻繁にみられ、論理関係が意味不明な文章が散見されます。

私は、ZARDが好きで当時よく聴いていた一ファンとして、坂井泉水さんがそんな派手な生活をするのかな?というのが素直な感想です。

あくまで筆者の個人的な意見ですが、ブログは明らかに偽物、そして次のような人物像ではないかと想像してみました

【人物像1】

ZARDにかなり詳しいため、ZARDの大ファンで、坂井泉水さんが亡くなったショックで精神的に何らかの異常をきたして変な思い込みをしている人物

【人物像2】

自己顕示欲が強く、ZARDを利用して不特定多数から認められたいという承認欲求を満たすためにブログを更新している人(仮想の自分像を作り上げて自慢している内容が多い) 単に自分に話題が欲しい人物

【人物像3】

音楽制作会社ビーイングがZARDを利用して金を搾取しようとして、ZARDグッズを買わないようにと求めていることから、ビーイングのアンチ

のどれかではないかと思います。

文面から、ZARD(ザード)の印象を悪くさせようとする意思はないように思えますし、

ブログを通してファンと交流の場を持ちたいとの思いも伝わりますが…

やはり、本当に信じてしまう人もいるかもしれませんし、印象は良くないと思いました。

スポンサーリンク

坂井泉水(ZARD・ザード)と大黒摩季

ZARD(ザード)が全盛期だった90年代、一緒に活躍していた女性アーティストといえば大黒摩季さんを思い出す人も多いのではないでしょうか。

ZARD(ザード)は1991年(平3)にシングル「Good-bye My Loneliness」でデビューしていますが、

実はまだデビュー前の、当時下積み生活を送っていた大黒摩季さんが、コーラスとして参加しています。

一緒に作業をする当時の坂井泉水さんと大黒摩季さんの2ショット写真も公開されました。

坂井泉水 大黒摩季

引用:日刊スポーツ

その後も、大黒摩季さんはZARD(ザード)の代表曲「負けないで」や「揺れる想い」でも、坂井泉水さんから希望で、コーラスとして参加しています。

お互いを「泉水ちゃん」「摩季ちゃん」と呼び合い、公私ともに仲が良かったのだとか。

坂井泉水の葬儀はいつだった?

2007年(平19)5月26日の朝5時40分頃、入院していた病院のスロープから3メートル下に転落し、後頭部強打の『脳挫傷』のため翌日5月27日に40歳の若さで死去した坂井泉水さん。

2007年6月26日、東京・青山葬儀所で「ZARD/坂井泉水さんを偲ぶ会」が催され、

など、当時のJ-POPを代表するアーティストたちが列席しました。

坂井泉水(ZARD・ザード)坂井泉水のお墓の場所はどこ?お参りにいける?

坂井泉水さんが眠るお墓がどこにあるのか?あれば参拝してもいいのか?など、ファンとしては気になりますよね。

坂井泉水さんお墓は、町田の自宅のすぐそばにあり、坂井泉水さんの母親が毎日歩いていける距離にあるとのことですが、

お墓について、詳しい住所などは公開されていません。

ですが、探してみると、実際にお墓の様子の動画をアップしている人もいました。

(賛否両論あるのでここのブログで動画の紹介をするのは伏せておきます)

霊園の入り口近くにあるという坂井泉水さんのお墓。

他のお墓とはかなり形状が違って立派な大きなお墓でした。

「蒲池家」が両側に「永遠」が正面に、文字大きくが刻まれた墓石、

そしてお墓の隣には「IZUMI SAKAI」の文字と、坂井泉水さんの顔が彫られたキレイな藍色の碑石もありました。

誰が見ても、坂井泉水さんの墓石ということが分かるので、遺族の方はファンの墓参も想定してお墓を建立されたのかな?とも思えました。

ですが、霊園は他の亡くなった方も同じように眠る場所。

墓石に押し寄せるよりも、静かに心でご冥福をお祈りしたほうが、坂井泉水さんも喜ばれるのではないかと、筆者は感じました。

2017年08月にはアルバム『ZARD Forever Best~25th Anniversary~』も発売され、今もなおファンの心に永遠に生き続けています。

▼ZARDの代表曲52曲も収録のベストアルバム!数量限定初夏バージョンはこちらです↓

▼2019年10月発売の坂井泉水さんドキュメントブックに予約が殺到中!未公開写真90点や自筆の書き残した歌詞の創作メモも収録。「楽天限定カバー」は今だけ!お急ぎください!

ファン待望の坂井泉水さんのオフィシャルドキュメントブック『永遠 ~君と僕との間に~』が2019年10月ついに発売決定!

2007年に出版され、絶版となってしまった『きっと忘れない』の完全版です。

坂井泉水さんが亡くなってすでに12年も経つのに、再度オフィシャルブックが発売されるなんて、私も含めてそれだけ彼女の根強いファンが大勢いるということですよね。

通常版のカバーの上から「楽天限定カバー」が巻かれている、坂井泉水さんがじっとピアノを見つめている真剣な表情の写真を購入できるのは、今のうちです!

坂井泉水(ZARD・ザード)の妹は蒲田陽子?葬儀やお墓はお参りにいける?まとめ

坂井泉水さんの妹と検索すると「蒲田陽子」と検索結果に浮上しますが、妹の存在は明らかではなく、「坂井泉水の姪っ子」と名乗る人物のブログも、信ぴょう性は低いものです。

お墓の場所についても、公式のファンサイトで情報公開されていので、お墓参りに行くことは避けたほうが良さそうですね。

これからもZARD(ザード)坂井泉水さんの存在は、人々の記憶の中で永遠に生き続けるのだと思います。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 ZARD坂井泉水の死因や事故現場は?脳挫傷は本当?

 池森秀一(DEEN)の若い頃画像!甥っ子も歌手デビュー!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る