樋渡知樹の日本語レベルや両親(父母)の職業や兄弟は?アメリカ国籍の理由も!

樋渡知樹

2019年世界ジュニア選手権で優勝した若手ホープの米国代表・樋渡知樹選手。

見た目は純日本人っぽいけど、父母はどんな方?日本語は話せる?

など疑問に思ったところ…

なんと樋渡知樹くん、関西弁がペラペ~ラでした(笑)

吹き出し なのなのなさん おばさん

ご両親が神戸っ子らしいわ!

お父さんが優秀な商社マンで、生まれも育ちもアメリカの樋渡知樹選手。

現在《二重国籍》のため、将来は日本かアメリカか、

どちらか選ばなければならない時間も迫っているようです。

樋渡知樹がアメリカ国籍の理由

樋渡知樹(ひわたし ともき)選手は、2000年1月20日生まれ。

見た目は完全に純日本人のお顔。

ですが、本名は

Tomoki Richard Hiwatashi

リチャード…w

両親は父母ともに日本人で、父の仕事が貿易商社関係で一家はアメリカに渡ったため、生まれも育ちもアメリカ。

樋渡知樹選手は、現在も米ニュージャージー州オラデルに在住中です。

アメリカの憲法下では、

「アメリカで生まれ、あるいは帰化したものはアメリカ市民である」

と定められているため、樋渡知樹選手は生まれた時からアメリカ国籍ということですね。

両親ともに日本人のため、日本とアメリカの「二重国籍」である樋渡知樹選手。

日本の法律では、22歳の誕生日までにどちらか一方の国籍を選ぶ必要があるため、

2000年1月20日生まれの樋渡知樹選手にとって、2つの国籍を保有できるのは、あと2年となります。

ちなみに、テニス世界ランキング3位の大坂なおみ選手は日本国籍を選びましたし、

やはり同じ日本人としては、日本国籍を選んでほしい気持ちはありますね!

スポンサーリンク

樋渡知樹の日本語は関西弁!

樋渡知樹選手は、言葉に関しては家庭でごく普通に日本語でコミュニケーションをとっているので、全く違和感なく話します。

しかも、ご両親が神戸出身のため、日本語でも関西弁のイントネーション…w

こちらは、一般の人がアップしている動画ですが、樋渡知樹選手が日本のファンへのメッセージを求められた時の様子

公の場なので関西弁は控えめだと思ますが、最後の「とにかく今回…」あたり、

独特の関西なまりのイントネーションですね。

▼もちろん、英語もネイティブです

樋渡知樹選手、髪の毛が静電気?でヒヨコちゃんみたいになってますが(笑)

英語の発音すごくキレイですよね~!

スポンサーリンク

樋渡知樹の両親(父母)の職業や兄弟

神戸新聞の取材によると、樋渡知樹選手の父「仁司(さとし)」さんは2019年5月時点で57歳。

母は里美さんとおっしゃるそうで、両親ともに神戸甲北高校を卒業した神戸っ子。

大阪府伊丹市には、樋渡知樹選手のきょうだいの姉や親戚の方もいるのだとか。

日本にはご両親のビザの更新などで数年に一度は帰国しているという樋渡知樹選手。

2019年のジュニア選手権優勝後は、第二の故郷である神戸を訪れ、3週間だけ“里帰り”してつかの間のオフを満喫していたようです。

小さい頃から憧れていた浅田真央さんのアイスショーを訪れたり、

アニメ映画「コードギアス 復活のルルーシュ」を見たり、

焼き肉やすしを堪能したりと、

思いっきり《異国》の日本を満喫したとのこと。

樋渡知樹選手のブログもあった!

2013年で更新は止まっていますが、以前父の仁司さんが息子の樋渡知樹選手になりすまして(笑)更新していたブログ「智樹のスケート日記」があります

ボクは、現地校で5年生から、パーカッションをやっています。音大ピアノ科卒のお姉ちゃんが使っていたピアノが家に有ります。2番目のお姉ちゃんが使っていた、クラリネットも家に有ります。ギターにも目もくれません。ボクは、ドラマーです。

知樹のスケート日記より抜粋

「音大ピアノ科卒のお姉ちゃん」

「2番目のお姉ちゃん」

との記述があるので、どうやら樋渡知樹選手は上に姉が2人いるようですね!

現在のお姉さん2人は、音楽関係のお仕事をされているのかは分かりませんでしたが、

樋渡知樹選手の姉に関するこんなフェイスブックを見つけました

これは、樋渡知樹選手の姉の“仁美さん”が幼少期に通っていたと思われる

米ニューヨークにある「宝学院インターナショナル」の2019年2月のFacebook投稿。

現在“仁美さん”は、自身のピアノと英語の技能を生かして兵庫県の西宮北口「オリーブこども教室親子英語リトミック」で教えているようですね。

「オリーブこども教室親子英語リトミック」のホームページを調べたところ、

確かに“仁美先生”という方が確かにいらっしゃるので

もしかしたらその方が、樋渡知樹選手のお姉さんの一人かもしれません。

樋渡知樹が日本代表になる可能性も?

アメリカと日本の国籍をもつ樋渡知樹選手。

しかし、日本の法律上、2022年1月の22歳の誕生日までに、どちらかの国籍を選ばなければなりません。

2020年にシニアに上がれば、アメリカ代表の世界選手権2連覇ネイサンチェン選手(20歳)、

そして、日本の羽生結弦選手(24)、宇野昌磨選手(21)など、日本選手の熱い壁もあります。

どちらもレベルが高い選手が勢ぞろいしていますが、現段階では日本から出場枠を競うよりは、アメリカ代表としての出場の方が堅実なような気もします。

ただ、まだまだ樋渡知樹選手は伸びる可能性は高いですし、周りの状況も刻一刻と変化していくので、先のことは誰にも分かりませんよね。

樋渡知樹選手が、将来どのような道を選ぶかは、これからじっくり時間をかけて、最終的にはご本人とご家族とで一緒に決めると思いますね!

樋渡知樹選手が2022年1月で22歳になったとき、国籍をどうするかも注目です。

樋渡知樹のプロフィールや身長は?学歴(高校大学)も

《樋渡 知樹(ひわたし ともき)》
英名: Tomoki Richard Hiwatashi
代表国 アメリカ合衆国
生年月日: 2000年1月20日(19歳)
出生地: イングルウッド
身長 :160 cm
所属:DuPage FSC Buffalo Grove(イリノイ州)

4歳でスケートを始め、天性の柔軟性を武器にめきめきと頭角を現した樋渡知樹選手。

学歴については、

小学校は米ミズーリ州のThomas Jefferson School

というところまでは情報を追うことができましたが、

学歴は一般に公表されていません。

ソチ五輪銀メダリスト・パトリック・チャンを育てたクリスティ・クラール氏に師事してから、ジャンプの成功率が飛躍的に伸び、今やアメリカフィギュア界を担う存在に。

▼2016年世界ジュニア選手権3位

▼2019年世界ジュニア選手権優勝

スポンサーリンク

樋渡知樹の彼女や私服は?インスタは2か国語

View this post on Instagram

A post shared by Tomoki Hiwatashi (@tomostar0120) on

View this post on Instagram

A post shared by Tomoki Hiwatashi (@tomostar0120) on

インスタグラムでは、ほぼ毎回英語と日本語でそれぞれ投稿がある樋渡知樹選手。

話している感じもそうですが、言葉も全く違和感がないですよね。

さらに、投稿の中では時々ポケモンが登場!

演技終了後にはポケモンの人形が投げられることもあって

ポケモンモンスターボールを抱きながらキスクラで結果を待っていたりかなりポケモン好きが伺えます。

羽生結弦羽選手のクマのプーさんと、色もカタチも似てますよね(笑)

ちなみに、羽生結弦選手がプーさんを持つのは、

「いつも表情が安定していて、見てると落ち着くから」

という精神安定剤のような役割なんだとか。

樋渡知樹選手も、かわいいピカチュウに癒されて、プレッシャーを跳ねのけながら日々頑張ってほしいですね!

樋渡知樹の日本語や両親(父母)の職業や兄弟は?アメリカ国籍の理由まとめ

アメリカ生まれアメリカ国籍で、現在はアメリカ代表の樋渡知樹選手。

ですが彼が22歳になる2022年1月にはアメリカか日本か、どちらかの国籍に決めなければいけません。

同じ日本人としては、一人でも多くの優秀な人材が日本代表として世界で活躍してほしい気持ちはありますね!

今後も樋渡知樹選手の活躍から目が離せません!

スポンサーリンク&関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る