満島ひかりって性格悪そうでわがままでキツイ?本性の評判の真相は?

満島ひかり

満島ひかりさんが「わがままで性格悪そう」と最近言われているのはなぜなんでしょう?

その噂が本当ならどうしてあんなに演技が上手な女優さんなのか、真相を確かめたくなりました。

結果からいうと、満島ひかりさんはわがままではなく「我が強い」、性格が悪いわけではなく「こだわりが強い」というのが正解なようです!

事務所を独立して完全にフリーに転身した満島ひかりさん、女優としての評判なども紹介します。

スポンサーリンク

満島ひかりって性格悪そうで嫌いと言われる理由

1)満島ひかりの役柄の印象が強いから

満島ひかりさんの演技力は、唯一無二といえるほど凄まじいレベル。

とくに2011年の映画『ラビット・ホラー』では、満島ひかり初のホラー映画で、驚愕の演技で見る人を震え上がらせました!

ですから、満島ひかりさんは

「性格が悪い人」を演じさせれば憎悪MAXでイヤな人になれますし、

「恐い人」を演じさせれば震え上がるほど恐い人になれますし、

「暗い人」を演じさせれば、希望のかけらもない人を演じることもできます。

満島ひかりさんの演技力が高すぎるので、見ている人は思わず演技ではなく「素」ではないかと錯覚させて誤解させるのかもしれません。

2)満島ひかりは感情的になりやすいから

満島ひかりさんは普段から敢えて「感情的に過ごす選択」をしているのだそう。

満島ひかりさんは以前インタビューでの対応で

「波長でしか生きていない」

と答えています。

つまり感情的に過ごすのは「同じ波長の人を引き寄せる為」なんだとか。

なんだか独特の世界観で少しスピリチュアルですが、満島ひかりさんは演技に対して高い水準で考えているところがあり、

“自分がこだわればこだわるほど、周りにもそれが伝染し、結果良い作品に仕上がる“

と信じていると言います。

それ故、スタッフにも感情的になることも多く

「もう少し感情を抑えてほしい」

と指摘されることも。

満島ひかりさんにとっては「本当にいい作品をつくるため」ですが、現実的に満島ひかりさんほどのレベルで、周りの人全員が理解できるのは難しいのかも。

理解の仕方が違えば、満島ひかりさんのことを「自分勝手」「マイペース」「わがまま」とマイナスに捉える人もいることは、理解できまますね。

「責任感とこだわり」の強さが裏目に出ているのでしょう。

スポンサーリンク

3)満島ひかりはとにかく気が強いから

満島ひかりさんの性格は「気が強い」と言われています。

この性格は自他共に認めていて、満島ひかりさんご本人も

「気が強い方かもしれません。納得しないと動けないタイプなので、分からないことがあると、すぐに本人に聞きに行きます」

と自身の性格について語っています。

日本社会の風潮だと周りの意見や雰囲気に合わせて「和」を保つなんていうところがありますが、

満島ひかりさんのそんなストレートなところが、「気に食わない」と思う人もいて、敵を作ってしまう結果になるのかもしれません。

4)満島ひかりに不倫疑惑が原因?

満島ひかりさんが「嫌い」「性格悪そう」と言われてしまう理由の一つに

「不倫愛をしていたのではないか?」

という疑いも挙げられます。

満島ひかりさんは2010年に石井裕也監督と結婚しましたが、2016年の年明けに突然離婚を発表しました。

満島ひかりさんサイドの離婚理由としては、「生活観の違い」や「結婚観の違い」とよくあるパターンな説明でした。

しかし、その数カ月後の2017年5月に、瑛太さんの弟・永山絢斗との熱愛がスクープされると、離婚からあまりに短い熱愛スクープに「不倫愛」疑惑が…

不倫する女性は女性の敵!

とばかりに満島ひかりさんは世の女性を的に回すことに。女ってコワい…( ;∀;)

もちろん満島ひかりさんは不倫愛を否定していますが、実際のところはどうなんでしょう。

様々な憶測が飛び交っていますが、

『永山絢斗との出会いは結婚している時で不倫をしていたから離婚になったのでは?』

という論調になってしまいました。

熱愛は誰しも自由ですし、実際の真実は二人のみぞ知るということですが、今は残念ながら永山絢斗さんとも破局したともいわれています。

こういった話題は芸能人はよくありがちですが、世間体という点で、日本では批判を受けることが多いのが現実です。

スポンサーリンク

満島ひかりの性格「我が強い・キツイ」と言われる理由

満島ひかりさんの性格とえいば「我が強い・キツイ」と昔から評判です。

97年に沖縄アクターズスクールのメンバーで構成された7人組ユニット『Folder』として歌手デビューした満島ひかりさん。

「Folderが活動休止状態になった際、アイドル歌手として目が出ていたAKINA以外は期待がかけられておらず、自然と芸能界引退の流れになりました。

しかし満島ひかりだけは、“私は女優になる!”と自分の意見を押し通して東京に残り、努力を続けた結果、現在の人気女優の地位まで上りつめたんです」

引用:2018/3/8 週刊女性PRIME

満島ひかりさんは、小さいころから、自分の決めた道は絶対に譲らない、人の意見に左右されないという、とても気が強い一面が伝わりますね。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

・満島ひかりの女優魂!映画のワキ毛は本当?子供や旦那もチェック!

「満島ひかり」と検索すると「ワキ毛 本当」という気になりすぎる単語を見つけたので早速チェック!まさかワキ毛処理を忘れてテレビに出てしまったと...

満島ひかりの「ワガママ」評判は事務所独立から変わった?

《このたび、満島ひかりが弊社の所属を離れ、フリーとして活動をしてゆくことになりましたことをお知らせいたします》

これは、2018年3月1日、所属事務所『ユマニテ』から独立し、フリーランスとして活動することになったときの事務所のコメントです。

公式サイトに掲載されたこの決意表明には、事務所の判断として、

《すべて自分の責任のもと自由に独りでやってみたいという本人の意思を尊重することにいたしました》

との説明でした。

森山未來の影響も?

事務所を独立し、フリーランスになった理由として、ミュージカルで共演した森山未來さんの仕事スタイルに大きく影響されたのではないか?との憶測も。

「満島ひかりは、過去に何度か共演した森山未來と’13年にミュージカル『100万回生きたねこ』で再共演したのですが、このころから、彼の影響を受け始めたんです。

森山未來は、企画書を自分で見て仕事を受けるスタイルを確立していました。満島ひかりもその姿を見て、事務所に仕事を決められるのではなく、自分で仕事を受けるかどうかの判断をしたいと思うようになったそうです」(芸能プロ関係者)

森山未來さんは、舞台俳優やダンサーとして、今や世界に拠点をおき、ダンス公演や舞台を中心に活動してしています。

もともとはダンスもプロフェッショナルな満島ひかりさんは、

自由に本当に自分がやりたいことを表現しながら活動している森山未來さんの仕事スタイルをみて、フリーランスという道を選んだのでは?

と言われています。

満島ひかりの「わがまま」報道は操られてる?

満島ひかりさんのこのような「わがまま」報道は、実は最近になってできたことばかり。

容姿端麗、演技力もダンスも抜群で、今まで気さくな性格だと言われることが多かった満島ひかりさんは、事務所ユマニテから独立した途端、マイナスの「わがまま」報道が増えたように感じます。

おそらく、事務所という「防護柵」を失ったところを攻撃している一部の人間や、はたまた、防護柵をしていた事務所自体が満島ひかりを攻撃に転じているのか…、

これもいろんな憶測が飛び交いネットでは物議を醸しています。

スポンサーリンク

満島ひかり本性の真実は?性格はとっても良いという声も!

満島ひかりさんの性格を知べると、

「とても気さくで良い性格」

という声も実は多くあります。

ファンに優しい

満島ひかりさんは、ファンに対しての対応も気さくで親しみやすく、たまたまショッピング中で見かけたファンがサインを求めてきたら、快く対応してくれたのだそう。

持ち合わせがなく、レシートの裏でもいいからサインをしてほしいと言うファンに対しても、満島ひかりさんは笑顔でサインに応えていたそうですよ。

サービス精神旺盛

満島ひかりさんはとてもサービス精神旺盛な素敵な方。

満島ひかりさんがとんねるずの「食わず嫌い王」に出演した時のこと。

満島ひかりさんは本気で吉幾三さんの「Dream」のものまねをして、とんねるずのお二人を爆笑させたのだとか。

さすが一流女優・満島ひかりさん!スイッチが入ったらスゴイ!

満島ひかりさんの性格をいろんな観点から見ると、

「感情豊かな猪突猛進タイプ」

という言葉がぴったり。

そのため、周りからマイナスに誤解されてしまう時もありますが、満島ひかりさんは沖縄出身ということもあり、サービス精神旺盛で心が広く、優しい人なんじゃないかと思います。

満島ひかりさんは、性格について色々と両極端に評価されることがありますが、演技も歌もダンスも一流で実力派女優であることはゆるぎない事実。

それだけ満島ひかりさんが魅力的な女性だということですね。

魅力的でないと、そもそも話題にもならないですしね!

▼個人的にですがこのCM、見てるだけで幸せな気分になれて筆者は大好きです(笑)

満島ひかりプロフィール

・本名:満島ひかり(みつしまひかり)
・生年月日:1985年11月30日
・出身:沖縄県沖縄市
・身長:162cm
・血液型:A型
・婚歴:石井裕也(2010年〜2016年)
・趣味:映画・音楽鑑賞・読書
・学歴:八雲学園高等学校卒(目黒)

父がフランス系アメリカ人のハーフで、母が日本人の満島ひかりさん。

満島ひかりさんは、10歳の時に沖縄アクターズスクールの「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’Sオーディション」で見事優勝。

沖縄アクターズスクールといえば、安室奈美恵やSPEED、DA PUMPなど数々のユニットや歌手・モデルを排出してきた知名度の高い芸能養成スクール。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

・満島ひかりの弟はバスケ選手!弟妹&父母と沖縄の実家も!

演技派女優の満島ひかりさんの弟・満島真之介は俳優で、妹の満島みなみはモデルと芸能一家の満島家ですが、実はもう一人弟がいます。 弟の名は...

1997年/12才

「Folder」というユニットでデビュー。シングル「パラシューター」が10万枚を超えるヒットを出すグループに。

子役では映画『モスラ2 海底の大決戦』に出演し、女優としても早くから活躍していました。

2000年/15才

6人だった「Folder」が5人ユニット「Folder5」へと改変され、シングル「Believe」がアニメ「ONE PIECE」(フジテレビ)のオープニングテーマになり、またもやヒット。

「Folder5」は3年ほどで活動休止とりましたが、満島ひかりさんは高校在学中から、少しずつTV番組や映画に女優として出るようになっていきました。

2009年/24才

女優として最初はいまいちぱっとしなかった満島ひかりさんでしたが、

2009年映画『愛のむきだし』に出演し、高い演技力が評価されブレイク。

狂気とも呼べる領域に達した満島ひかりの芝居に全てが圧倒された

園子温監督のこの評価が、世間が満島ひかりさんに注目するきっかけになりました。

満島ひかりさんは、与えられた役柄が、難しければ難しいほど、血が騒ぐと言います。

『愛のむきだし』が、女優としての満島ひかりを開花させ、以降さまざまな映画、ドラマ、舞台にCMと引っ張りだこに。

2018年/33才

2018年3月に、9年在籍していた芸能事務所ユマニテから脱退し、フリーランスとして独立されました。

満島ひかりって性格悪そうでわがままでキツイ?本性の評判の真相まとめ

満島ひかりさんは、性格について色々と周りから評価されることが多いようですが、それだけ話題が多く、魅力的な女優さんなんだと思います。

満島ひかりさんが今後ますます女優として活躍されることを応援しています!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る