千容子元内親王(三笠宮崇仁・百合子さま次女)の若い頃!奔放エピソードとは?

千容子さん-
   
   

いや~びっくり!

皇室の元祖パリピ女王といえば、ダンゼン三笠宮承子(つぐこ)さまかと思いきや…

外国人男性へのガッツキぶりは、承子さま叔母・容子(まさこ)元内親王から受け継いだスピリットだったとは!笑

ということで、今回の主役は三笠宮家の容子元内親王こと千容子(せんまさこ)さん御年70歳!

容子さんがパリピ女王だった若い頃は、ネットもSNSも無い時代、

K眞子さんのように結婚まで突っ走らなかったのは本当にヨカッタです。

千容子さん、お若い頃は、かなりの“やんちゃ”ぶりで、母百合子さまの手をかなり煩わせていたみたいですよ。

千容子元内親王の若い頃画像

▼容子さん20秒でサクッとまとめ

千 容子(せん まさこ)

旧名:容子内親王

生年月日:1951年10月23日

学歴:学習院大学法学士

配偶者 :千宗室(せんそうしつ)本名:千政之

子女: 2男1女

父親 :三笠宮崇仁親王

母親 :三笠宮妃百合子

現在は2男1女の母であり、

有名な茶人・千利休の家系

“千宗室(茶道裏千家第16代家元)夫人”

として、

  • 茶道裏千家淡交会副理事長
  • 国際茶道文化協会会長

など、茶道関連の法人の要職に就いている千容子さん。

お若い頃から語学堪能(とくにフランス語)で、皇室外交時は重宝されていたのだとか。

▼90年代の三笠宮ご一家

▼2019年

千容子は「奔放なプリンセス」!フランスでのエピソードがやばい…

“千容子”とネット検索すると、いまだに

“奔放“

“フランス”

という関連語句が出てきます。

容子さま、若い頃はタバコもお酒も豪快にたしなむことで有名だったそうで、

かつては「奔放なプリンセス」として、ブイブイ(←死語?)言わせてたことが影響しているようですw

学習院大学法学部法学科に入学。3年修了後、スイスの全寮制の学校で学び、後にパリに移り、ソルボンヌ大学で学ぶ。その間に、奔放な生活ぶりを母・百合子妃が心配し、連れ戻しにいったこともあるという。Wikipedia

なんでも、留学先のフランスで、外国人男性とかなり派手な交際をしてそう。

▼ちなみに、容子さま姪の承子さまがコチラ♪

▼詳しくはこちらをクリック▼

承子さまのスキャンダル!留学時のタトゥーや茶髪がやばい…

千容子さんが「奔放なプリンセス」として内親王だった時代は、すでに半世紀も昔のこと。

もちろん当時はネットもSNSも無い時代でしたが…

容子さん、そりゃぁフランス語もペラペ~ラになるわけですね(笑)

容子さん、お友達になったら楽しそう★

フランス人婚約者来日「容子と結婚させて!」

千容子さんは、学習院大学時代の1973(昭和48)年3月(歳)から、

スイスとフランスに1年ずつ留学時、パリでフランス人青年と親密な関係に発展。

お相手は「フィリップ・ギャル」氏という画家の卵の男性で個人名まで特定されています。

ただ、容子さんにとってはただの“遊び相手“だったようで、

ギャル氏をおいて帰国後、すぐに結婚。1983(昭和58)年のことでした。

…ところが!

お二人の婚約が発表された同年4月、フランスから例のフィリップ・ギャル氏が来日、三笠宮家に「容子さんと結婚させてくれ」と申し入れて大問題になったそうです。「週刊新潮」84年7月5日号

な、なんと、容子さまを追いかけてギャル氏が日本までやってきて、

けっきょく、関係者がギャル氏を説得、帰国させることには成功したものの、、、

もちろん、そこに“何らかの要求”と引き換え、

……つまり、容子さまに弄(もてあそ)ばれた“手切れ金“的な金銭の見返り

があったと言われています。

母百合子さまと夫が極秘で渡仏!手切れ金で解決か?!

一連のうわさに真実味を与えたのが、

この年の1984(昭和59)年7月6日~24日までの19日間、

母の百合子さまが、完全プライベートのスイス旅行へ出向いています。

そして、その約2カ月前の1984年の5月、

時期を同じくして、「なぜか」容子さんの夫となった千政之さんが、

単独でフランス・パリに「外務省関係の用事で」旅行しています。

つまり、ほぼ同時期に、容子さまの母と夫が、異例なカタチでの渡仏だっただけに…

ここから見えてくるのは、当初は容子さんの夫君・千さんが、妻の元カレであるギャル氏に面会、「妻や、その実家にもう関わらないでください」と頼んだけれど、ギャル氏が納得しなかったので、今度は母親の百合子妃がフランスに乗り込み、くすぶり続ける問題の火種を鎮火した、という“ストーリー”です。

引用:サイゾーウーマン

この“ストーリー”、信じるか信じないかはあなた次第ですが(笑)

ちなみに、このフィリップ・ギャルというフランス画家、

かつては日本で個展を開いたこともあったものの、

1984年以降は情報が途切れ、現在の消息は不明なのだそう。。。

千容子の子供(娘1人・息子2人)

そんなわけで、結婚前~結婚直後は、すったもんだあった容子さまでしたが…

結婚後すぐにご懐妊、ご夫婦仲はとても良く、茶道の勉強も熱心に始められました。

  • 1984年(昭59)長男・明史さん
  • 1987年(昭62)長女・万紀子さん
  • 1990年(平2)次男・敬史さん

をご出産。

今では、千宗室(茶道裏千家第16代家元)夫人として、

また、2020年には、次男・敬史さんが若宗匠に就任し「千宗史」を名乗り、

しっかり茶道裏千家を支えています。

さまざまな思惑と疑惑に包まれた、菊のカーテンの向こう側。

今となっては半世紀近く昔の話、結果オーライ?ではありますが…

皇女の恋愛や結婚問題は、昨今のK眞子さん騒動をみても、

“破談させたら小室側から不都合な情報が公開されかねない…”

という懸念の声が絶えないのも分かりますねw

まとめ

▼三笠宮家のみなさまはコチラclick!

百合子さま長女・近衞甯子が美人!子供や現在の仕事は?

百合子さま義理嫁・信子妃殿下の病気と障害とは?

承子さまスキャンダル!留学時のタトゥーや茶髪がヤバすぎ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る