彬子さまの三角関係とは?倒れるほど症状悪化は信子さまと瑶子さまが原因か

彬子女王

三笠宮彬子さまがご公務中「脳貧血」で倒れられたのは2013年12月6日。

父の三笠宮寛仁さまが逝去されて1年後のことだったので、

相当な肉体的疲労が溜まっておられたのだと推測いたします。

吹き出し お団子の女性 なのなのなさん

フラッときて倒れる症状は、働き盛りの若い女性に多い症状だからあなたも要注意!

彬子さまが倒れた理由。

じつは、公務という激務だけではなく

「母信子さまとの長年の確執による心的ストレス」が最大原因だったといわれています。

果して、彬子さまが倒れてから7年近くたった令和の現在は?

スポンサーリンク

2013年12月6日彬子さま倒れる!病状や原因は?

三笠宮家の彬子さま(31歳)が突然倒れ、妹の瑤子(29歳)さまも同時に、同じ病院に搬送されたのは、2013年12月6日。

彬子さまが倒れた原因は脳貧血

彬子さまが倒れた原因は「脳貧血」。

「立ちくらみ」や「めまい」と表現したほうが、馴染みがあるかもしれません。

この日、天皇皇后両陛下(当時)が羽田空港に到着。

出迎えられた彬子さまは、両陛下とお話しされた後、とつぜん倒れられました。

脳貧血は、一時的に血圧が下がる症状で、疲れがたまると起きやすい症状です。

瑤子さまが入院した原因は胃腸炎

妹の瑤子さまが入院した原因は「胃腸炎」。

急な腹痛を訴えて姉の彬子さまと同じく入院されました。

おそらく「急性胃腸炎」でしょう。

「急性胃腸炎」になる原因は、

  • 食べ物が原因の食中毒症状の一つ
  • ストレスが胃腸にくる症状の一つ

などが考えられます。

姉妹が同じ日に入院の原因は?

三笠宮家の女王姉妹が二人とも同じ日に病院へ搬送。

そして、病院に同行したのは、母の三笠宮信子さまではなく、高円宮妃久子さまでした。

姉妹でお身体が弱いのね…と思う人もいらっしゃるかもしれません。

でも、原因はお体だけではなく

「姉妹で相当強い精神的ストレスを抱えていた」

と考えるのが自然だと思います。

そのストレスの原因は、一体なんだったのでしょう。

スポンサーリンク

彬子さまの三角関係とは?母信子さまとの対立

彬子さまは「ヒゲの殿下」として親しまれ、2012年に亡くなられた三笠宮寛仁さまのご長女。

そんな彬子さまが、寛仁さまが亡くなって3年目に

「私自身、10年以上きちんと母と話をすることができていない」

と異例の暴露したのは『文藝春秋』(2015年7月号)でした

実は、彬子さまのご両親、母信子さまと父三笠宮寛仁さまには、家庭不和で離婚の噂が長年ありました。

そして、彬子さまと瑤子さま姉妹は、父方についたため、母とはほぼ絶縁状態だったとのこと。

それをある意味、認めたご発言だったのです。

彬子さま家族内の「確執」明かす

手記は、父の死後3年間を振り返り、父への思いや感謝がつづられている一方、

ご家族と別居し、確執がうわさされていた信子さまにつて

「私自身、10年以上きちんと母と話をすることができていない」

と言及。

彬子さまは

「寛仁親王家は長い間一族の中で孤立していた」

その要因について、

「長年にわたる父と母との確執であり、それは父の死後も続いていた」

と明言されました。

そして、

「父(寛仁さま)の逝去後に母に話し合いを申し込むも、代理人を通じて拒否された」

とも。

実際に、信子さまとご家族の確執は週刊誌で、何度も取り上げられていました。

実際に信子さまは2004年(平16)5月、49歳のとき、

脳卒中に繋がりやすいといわれる「一過性脳虚血の発作」を起こされてから、

2013年の約8年間、一切公務には出ない“引きこもり“状態が続いていました。

三笠宮家・家庭内不和になった原因

信子さまと三笠宮寛仁さまに「夫婦の確執」が出来てしまった原因は、

今でも真相は明らかにされていません。

・アルコール依存症と公表していた寛仁さまは、妻信子さまにDVがあった?

・信子さまに何かしらの精神的な疾患があった?

・信子さまが娘たちに「しつけに厳しい毒親」で、夫寛仁さまと対立?

など、いろいろと言われています。

ただ、信子さまがガン闘病中の夫を置いて、娘二人とも離れ、一人静養のため別居を開始したのは事実。

皇族も人間ですし、夫婦や親子の間には、家族にしかわからない軋轢もおありでしょう。

ガン闘病中の夫がいるなら、妻子供が団結し、助け合い励まし合うシーンが描けそうですが、

逆に、病身の夫を置いて、娘とも顔も合わせないほど疎遠になるとは…

ただ事ではない何かが、三笠宮家をバラバラにしてしまったのだと思います。

彬子さま「母に望むことは二つだけ」

彬子さまは、先ほどの『文藝春秋』の手記で、

「公務に復帰されるのであれば、今までお見守りくださった三笠宮両殿下にきちんとお目にかかり、ご無沙汰のお詫びとご報告をしてほしい」

「私たち皇族を支えてくださっている国民の皆様に、公務に復帰される理由をきちんと説明してほしい」

2つのことを母に注文。

「それ以上のことは、私は何も望んでいない」

と締めくくっておられました。

スポンサーリンク

彬子さまの三角関係!倒れるほど症状悪化は信子さま瑶子さまが原因?まとめ

彬子さまの2015年の

「私自身、10年以上きちんと母と話をすることができていない」

の暴露からはや4年。

令和時代になり、以前よりふっくらされた信子さま。

娘二人と並んで手を振られたり、国賓との食事会でもお見かけするようになりました。

ただ、いまだに、信子さまが娘(彬子さま・瑤子さま)と、

顔を合わせて笑顔でお話をしている場面を見た人は誰もいません。

以前よりも母娘の確執は溶けていらっしゃるかもしれませんが、

皇族とはいえ、家庭内のゴタゴタはどこにでもありますね。

三笠宮家のみなさまも、これから注目していきたいと思います。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る