ヒカキンの猫2匹の値段や種類!かわいいのに批判がでる理由

hikakin

2018年7月からスコティッシュフォールドという種類の猫

「まるお」と「もふこ」

を飼い始めたヒカキンさん。

さすがヒカキンさん、世界でも飼い猫として人気が高い種類なので、いいお値段しちゃいます。

同じ種類なのに、垂れ耳と立ち耳の2種類があり、垂れ耳の方がより見た目が可愛らしいので値段も高いんだとか。

あまり炎上騒ぎに縁のない、ちびっ子からも絶大な人気を誇るヒカキンさんですが、

実は、この可愛い垂れ耳の猫ちゃんについて、賛否両論あるようです。

スポンサーリンク

ヒカキンの猫はスコティッシュフォールド!特徴や性格

ヒカキンさんの家族になった、2匹の猫の種類は、

スコティッシュフォールド(Scottish Fold)

(寿命・10年~13年)

という種類の猫ちゃんです。

スコティッシュフォールドとは?名前の由来や意味

スコティッシュフォールド(Scottish Fold)は、イギリスに起源がある猫。

「猫の人気品種ランキング」で随時1,2を争う不動のダントツ人気の猫種です。

「折れ曲がり」を意味する英語の「フォールドFold」という名前にあるように、

「スコットランドの折りたたまれた物」

というのが名前の由来で、スコットランドで1960年代に発見され、突然変異で生まれた、耳の折れ曲がった猫を、人工的に交配を繰り返して誕生した猫です。

スコティッシュフォールドの特徴

スコティッシュフォールドが人気なのは、見た目や仕草の可愛らしさにあります。

  • 折れ曲がった垂れ耳
  • 短い首と丸い顔
  • 丸い独特の小さな体
  • 耳の先に触れることなく頭上に手を乗せることができる唯一の猫

スコティッシュ・フォールドには立ち耳と垂れ耳がいる

先ほどスコティッシュフォールドの特徴で「垂れ耳」がありましたが、

実は、一般的な猫と同じように立ち耳のスコティッシュ・フォールドもいます。

最近は、立ち耳スコティッシュフォールドと区別するために

「スコティッシュ・ストレート」と呼ぶこともあります。

スコティッシュフォールドという猫は、徐々に耳が垂れるように進化してきた種類ではなく、

突然変異で生まれた垂れ耳の猫ちゃんがあまりに可愛らしく、そこから人工的に交配して作ってきた猫種。

垂れ耳のスコティッシュフォールドになる猫になる確率は

全体の20~30%くらい

と言われていて、あとは不十分な垂れ方をしているか、立ち耳のスコティッシュフォールドになり、垂れ耳になるかは、遺伝が大きく関係しています。

スコティッシュフォールドの性格

スコティッシュフォールドの性格もまた、人気猫のヒミツ。

  • のんびり&おだやか
  • 感情を表に出さない
  • 見知らぬ人に甘えて人懐っこい
  • 人といるのが大好き
  • 遊びが好き

耳が垂れて、小っちゃくて丸くて、顔を触っても怒らなくて、そして人懐っこくて甘えん坊な猫、スコティッシュフォールド。

なんとも、飼いやすそうな猫ちゃん、不動の人気猫なのも納得です。

スポンサーリンク

ヒカキンの猫スコティッシュフォールドの値段

スコティッシュフォールドの値段を調べてみると、ピンキリですが、

平均相場10万~20万円くらい。

値段は、やはりペットショップより直接ブリーダーを通す方が中間手数料がかからずお安い傾向ありますね。

スコティッシュフォールドが可愛いと言われる特徴の「折れ耳」は全体の30%程と希少なので、立ち耳ち比べると高額。

基本的には、垂れ耳の親猫からは垂れ耳の子猫が、立ち耳の子供からは立ち耳の子猫が生まれるそうですが、

子猫で垂れ耳だった子が、成長過程で折れ耳が立ち耳になる子もいて、育ててみないと分からないこともあるようです。

ヒカキンの猫「まるお」「もふこ」の兄妹猫が可愛い!

ヒカキンのスコティッシュの愛猫は

  • 兄:まるお・オス
  • 妹:もふこ・メス

の2匹の猫ちゃん。

2018年7月からスコティッシュフォールドのオス猫・生後2か月の「まるお」を飼い始め、9月12日には、まるおと同じ親猫から同じ日に生まれた妹の「もふこ」も飼うことに。

もふこはまるおよりやや目が大きく、しっぽが太いなどの違いがあります。

猫は小さい頃から大好きで、実家でも猫を飼っていたというヒカキンさん。

「猫は1匹だけ」と決めていたヒカキンさんが、早い段階で多頭飼いを決めたのは

「離れ離れになった兄妹を一緒に生活させてあげたかったから」

という理由もあったそうです。

念のため、2018年12月にそれぞれ去勢・避妊手術はきちんとされたそうですよ。

スポンサーリンク

ヒカキンの猫まるおの名前の由来

ヒカキンさんが初めてまるおをお披露目した動画!

1600万回以上再生され、今でもヒカキンチャンネルの不動人気の動画です

ヒカキンさんが、一人暮らしで初めて迎え入れた「まるお」。

まるおの名前の由来は

『顔が丸くて男の子だから』

と、いうことで、見た目そのままだったようですね。

猫の前は3文字・ひらがなで短めで、日本っぽい名前にしたかったとのこと。

今ではすっかり成長しましたが、最初の生後2か月の時のまるおは、ヒカキンさんの手のひらに乗るほどの小ささ。

スコティッシュフォールドが手の上に乗って、いつも家でゴロゴロ甘えてくるなんて、見てるだけで羨ましいですね♪

ヒカキンの猫もふこの名前の由来

まるおの実の妹「もふこ」。

名前の由来は

『モフモフした女の子だから』でまたまた見た目そのまま。

まるおとの生活を通して、猫を育てる環境に自分の慣れたことで、2ケ月後にはもふこを飼い始めました。

スコティッシュフォールドだけでなく、水を怖がる猫ちゃんは多いですが、

まるおともふこは、ちゃんとシャワータイムもおとなしくしています。

それにしてもヒカキンさんの溺愛っぷりw、終始「猫なで声」そのまんま、見ているだけで可愛さ爆発です。

ヒカキンの猫に批判?心配の声とは

スコティッシュフォールドは、折れ曲がった小さな耳と丸い顔、性格も甘えん坊で世界的に大人気の猫ちゃん。

ただ一部からは

「影響力のあるヒカキンさんだからこそ、ペットショップじゃなくて、保護猫を選んでほしかった」

という意見もあったそう。

そして、もう一つ気がかりなのは、スコティッシュフォールドという猫種そのものを心配する声が多く、実は世界中で問題視されている猫種でもあるのです。

垂れ耳=軟骨異常で体が痛む

スコティッシュフォールドの一番の特徴は、“折れ曲がった小さな耳”。

人間にしてみれば「可愛い」のですが、この折れ耳は、実は

“軟骨の異常によって起きた奇形”

なのです。

この軟骨の異常は、耳だけに現れるわけではなく、正式には

『遺伝性骨軟骨異形成』

という病名があり、成長過程で猫の手足にも症状が奇形として現れてしまいます。

しかも、折れ耳の猫には、ほぼ100%の確率で。

早ければ生後数ヵ月で発症し、痛みでジャンプができない、歩けないなどの、何かしらの症状が出ると言われています。

もし、通院や介護が必要な状態になってしまったら、時間的にも金銭面でも、飼い主への負担が増えて、長期的なケアが必要になるのは必至。

つまり、あの可愛らしい折れ耳は、一生痛みに耐えなければいけない命を“面白くかわいい外見”を求めてしまった人間が、生み出した産物というワケだったのですね。

・いつもペットをよく観察する

・半年に1回は獣医師の診察を受ける

・太らせないよう体重管理のケア

・日ごろから沢山運動させる

など、日常のケアが何より大事です。

ヒカキンさんの猫・まるおともふこは、今のところ元気に動き回っていますが…将来を心配する声もSNSにはたくさんありました。

ヒカキンの猫2匹の値段や種類!かわいいのに批判がでる理由まとめ

ヒカキンさんの新しい家族、愛猫の「まるお」と「もふこ」はスコティッシュフォールド。

折れ耳のスコティッシュフォールドは、骨の異常で『遺伝性骨軟骨異形成』という、痛みの生じる疾患になりがち。

将来のことは誰にも予想は出来ませんが、2匹はこれからも、元気いっぱいに成長して欲しいですね!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る