ブラマヨ吉田の肌の原因と治る可能性は?アレルギー&ニキビ肌の名言も!

ブラマヨ吉田

ブラマヨ吉田といえばブツブツクレーター肌。「ブサイク&抱かれたくないランキング」で常に上位になる原因とも言える「ブラマヨ吉田の肌」。

ブツブツになった原因や、今後治る可能性はあるのか調べてみたところ、肌は治る可能性はあるものの、治療代はまさかのウン百万?!

「皮膚科の先生に見てもらうわ!」

でお馴染みのブラマヨ吉田さんの「肌」について、いろいろと調べてみました。

一部、閲覧注意画像あり!

スポンサーリンク

ブラマヨ吉田のブツブツ肌の壮絶エピソード!原因はアレルギーとニキビのダブルパンチ!

ブラマヨ吉田さんは顔のブツブツだけでなく、肌自体が弱くいろんなトラブルを抱えているようです!!

ブラマヨ吉田さんのブツブツ肌の壮絶エピソードを紹介します。

ブラマヨ吉田

ブラマヨ吉田・中学生時代

「少年期から極度の吹き出物体質であり、ニキビに悩んでいた吉田は、通販で“ニキビを消すローラー“を購入、顔にローラーを押し当て顔中のニキビを一気に潰した wikipedia

ブラマヨ吉田さんの中学時代は、まだ一般的にネット通販など普及していなかった無かったハズ。

名前からして怪しい商品、こっそり親に隠れて購入したんでしょうか(笑)

ブラマヨ吉田・高校時代

「弓道部に所属していたが、弓の弦でニキビを潰しながら、顔を血まみれにして練習をしていた wikipedia

高校は京都市立日吉ヶ丘高等学校に進学したブラマヨ吉田さん。

ちなみに、弓道部を選んだきっかけは、5日間の合宿の間に、憧れの女子とどうにかならないかという不純な理由。

そんな不純すぎる動機だったので、弓道部ではもちろん補欠。

汚肌は顔だけじゃないブラマヨ吉田

ブラマヨ吉田さんは、肌荒れは腹の方がヒドい状態なんだそう。

元々アレルギー体質で

犬、カニ、エビ、貝類、ソバ、金属

などのあらゆるアレルギーも持って、

色んな感染症にかかりやすく、体質は強いほうではないとのこと。

とくに金属アレルギーがひどく、ベルトのバックルでも荒れるんだとか!

「本人曰く“アレルギーに負けたくない“ためつい掻き過ぎてしまい、よく腹と指先が血だらけになっている wikipedia

ベルトのバックルでもお腹が肌荒れするなんて、知りませんした。

直接肌に触れてなくても敏感な金属アレルギーの人は肌が荒れてしまうんですね。

ちなみに、そんなブラマヨ吉田さんを心配した陣内智則さんは、

腹の部分まで隠れるロングトランクスをプレゼントしたそうで、、以来吉田さんのパンツはずっとロングトランクスなんだとか!

陣内さん優しいですね(笑)

スポンサーリンク

ブラマヨ吉田のクレーター肌の状態

ブラマヨ吉田さんのクレータボコボコ肌について、あの有名な「高須クリニック」の名古屋院院長は、こうコメントしています。

「吉田さんは男性ホルモンが多いため、皮脂の分泌量も多く、毛穴に皮脂が詰まりやすい肌質なのかもしれません。思春期にはニキビがたくさんできていたと思いますが、指で潰していたことも悪化させた原因の1つ

なるほど。

思春期の男性は特に気を付けたいポイントですね。

ニキビを「つぶす」のがとにかくNG!

ニキビは、皮脂が詰まった毛穴に皮膚の常在菌が入り込むことが原因ですが、

ブラマヨ吉田さんのように適した治療をせずに、ニキビが腫れて膿が出ての繰り返しをしてしまうと、最終的にはボコボコ肌になってしまうんですね。

ニキビケア法を間違えてニキビを指で潰すという行為は、

  • 中途半端に膿が残る
  • 膿が周りに散らばり余計にニキビを波及させる
  • 肌の奥(基底層)まで傷つけてしまうと、皮膚が陥没してしまう

などの恐れがありとにかく悪循環になりがち。

ブラマヨ吉田さんは、思春期にせめて病院などで上手に膿を出していれば、あそこまでひどくはならなかったかもしれませんね。

▼もしもブラマヨ吉田が皮膚科に早く言っていたら…こうなりますw

スポンサーリンク

ブラマヨ吉田は肌治療で治る?

「皮膚科の先生にみてもらうわ!」

が〆のブラマヨ吉田さん。

ブラマヨ吉田さんの汚肌は治療すれば治る可能性はあるのでしょうか?

肌がきれいか汚いかは、70%割くらいは生まれつきの肌質によるそうなので、ブラマヨ吉田さんほどの「汚肌」になると、もう一生治らないのでは?と思ってしまいますよね(笑)

とおもいきや、いまの医療は進化しているようです。

「吉田さんほどのクレーターを治療するなら、CO2レーザーで肌の表面を焼き、一番凹んでいるところまで削って平らにする「アブレージョン」が効果的。

ただ、真っ赤なやけど状態が少なくとも半年以上続くうえ、紫外線にあたるとシミになるので、赤みが引くまでは家にこもっていなければならないんです。

吉田さんが半年間仕事を休めるなら、ぜひ施術したいですね。」

と高須クリニックの医院長からのオファーがあるブラマヨ吉田さん。

クリニックの宣伝にもなりますし、ここはライザップのように体をはって挑戦してみては?

ブラマヨ吉田の肌の名言・本も出版

学生時代からブツブツ肌の悩みを抱えて生きてきたブラマヨ吉田さん。

「涙がまっすぐ流れない」

がブラマヨ吉田さんの名言です。

「ブックマヨネーズ」といえば、ブラマヨ吉田さんこと吉田敬(たかし)さんのボケ担当と、ブラマヨ小杉こと小杉竜一さんのツッコミ担当コンビ。

2002年 ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞
2002年 上方漫才大賞新人賞
2002年 NHK新人演芸大賞演芸部門大賞
2003年 上方お笑い大賞最優秀新人賞
2005年 M-1グランプリ優勝
2011年 上方漫才大賞大賞

など、数えきれない賞レースでの受賞歴。

ふつうならモテモテのはずなんですが…

「華々しいお笑いブームの只中で、M‐1前もM‐1後も、ずっと変わらずモテなかった―せつなくて、可笑しい(おかしい)」

これは、↓ブラマヨ吉田さんのエッセイ本の要旨です(笑)

『ブラックマヨネーズ吉田敬のぶつぶつ』

2001年10月~2009年1月ブラマヨ吉田、7年間の恨み節。

『マンスリーよしもと』に連載されていた人気連載を書籍化!モテたくて入ったお笑いの世界で、気づけば「ブサイクランキング」&「抱かれたくないランキング」でもつねに上位。「こんなはずではなかった」と恨み抱く後ろ向きな思いのたけを、ぶつけ続けたエッセイです。

本タイトルは肌の特徴を自虐的に取り入れた「ぶつぶつ」が入ってますが、実際の内容はぶつぶつ肌のことがメインではないようです。

ブラマヨ吉田さんが7年に渡って連載していた人気エッセイを書籍化したもので、まだ全国的に売れる前の吉田さんのギャグや、吉田さんの人柄なども詳しく分る内容になっています。

あまりに辛いモテない真実を、笑いを交えて描写しているこの一冊。

ブラマヨ吉田さんは常に「モテたい」を追求して、生きてこられたようですね。

…ちなみに、

相方、小杉竜一さんも著書『薄毛の品格』も同時出版しています↓(笑)

ブラマヨ吉田・痩せて肌が綺麗に?のカラクリ

↓さきほどのCMの種明かし、ブラマヨ吉田の肌を綺麗にする特殊メイクの様子が見れます!

ブラマヨの吉田さんのブツブツ肌、最初は筆者も正直「気持ち悪い…」と思ってしました。

でも、やはり芸人さんはなにか人と違った特徴があるとイジられやすいし武器になりますね。

肌がつるつるの吉田さんはちょっとイメージが違いますねww

ブツブツ肌と言えばブラマヨ吉田!

もうこうなったら肌治療はせずに、このままブツブツでいてほしいと思います!

スポンサーリンク

ブラマヨ吉田プロフィール

ブラマヨ吉田

本名:吉田 敬(よしだ たかし)
ニックネーム:ブツブツ、よっさん
誕生日:1973年6月27日(41歳)
出身地:京都市伏見区
血液型:A型
身長:173cm
最終学歴:京都市立日吉ヶ丘高校
出身:NSC 大阪校13期
コンビ名:ブラックマヨネーズ(ボケ担当)
相方:小杉竜一
事務所:吉本興業
活動時期:1995年 –
アレルギー:犬、カニ、エビ、貝類、ソバ、金属

ブラマヨ吉田の肌の原因と治る可能性は?アレルギー&ニキビ肌の名言まとめ

◆お笑い芸人ブラマヨ吉田敬のブツブツ原因は学生時代に顔中に出来ていたニキビを自分でつぶしたから

◆ブラマヨ吉田のブツブツ肌の治療法は、レーザーで肌の表面を焼き、凸凹を削って平らにする治療法ならツルツル肌になれる可能性あり。ただし半年外出不可!

ブラマヨ吉田さんは、自分の肌を自虐ネタにしたからこそ、今の地位も築いていると思います。

このまま「デブの小杉」「ブツブツの吉田」路線は変えずに、ブラックマヨネーズには頑張ってほしいと思います。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る