吉川晃司のボランティア活動画像!非公表の真相は実家が関係?

吉川晃司

吉川晃司さんといえば、2018年の広島土砂災害の被災地や、東日本大震災時や西日本豪雨後に、黙々とプライベートでボランティアをする姿が話題になりました。

目撃されたSNS画像は数々あれど、吉川晃司さん自ら活動を公表していないこともまた話題。

「男は黙って…」を貫く吉川晃司さんですが、

今回は、吉川晃司さんのボランティア活動を知りたいというあなたのために、

実際の画像と、吉川晃司さんがなぜボランティア活動を非公開でしていたのかの理由も探ってみました。

吉川晃司が被災地でボランティア活動をする理由

上下黒ずくめにマスク、白いタオルを頭と首に巻いた吉川晃司さんの「非公表」のボランティア活動が話題です。

吉川晃司さんは、どんな考えでボランティア活動をしているのでしょうか。

ボランティア活動は日ごろ体を鍛えていることと同じ、自分が体を動かすことで誰かに喜んでもらい、生産性があれば願ったりかなったりという考え。「ぶっちゃけ日帰りで通える距離ならば、冗談抜きで毎日だってね。ありなのですよ。チャンスがあればまた行きたいから黙っている部分もある!」とのこと

2018年8月19日 デイリー

ボランティアは自分のためでもある、行けるものなら何度も足を運びたい、ただ有名人という自分立場から周りの混乱を招かないようにとう配慮で公表しない考えのようですね

吉川晃司の実家は広島県で被爆二世だった

また吉川晃司さんは実家が広島県が原爆ドームの近くということもあり、とにかく困った人を助けたいという意識が強くある方のようです。

吉川晃司の元の実家は『料亭・吉川旅館』を営んでいた。原爆投下まで現在の広島市中心部、原爆ドームと元安川を挟んで真向いの、当時繁華街だった中島地区という場所。

吉川晃司の祖母が営んでいたが、戦況の悪化に伴って旅館を譲り、原爆投下1か月前に疎開し難を逃れた。投下直後に父親は入市したため「入市被爆」が認められ吉川晃司自身も被爆二世に当たる。

ウィキペディア

両親と姉の4人家族

広島県安芸郡府中出身の吉川晃司さんは、1965年8月18日生まれ。

実家の家族構成は、両親と姉の4人家族です。

吉川晃司さんの実家は、祖母の代から「吉川旅館」という料亭を営んでいましたが、

戦争の影響を受けてお店は譲ったのだとか。

吉川晃司さんの父は、もともと若い頃は京都の太秦で大部屋俳優をされていたそうで、

家業を継ぐために俳優を諦め板前になったそうですよ。

「何をやるにも一番を目指せ」という教えで育ったという吉川晃司さん。

今の吉川晃司さんがあるのは、きっとお父さんの影響があるのかもしれませんね。

吉川晃司の実家をたどる旅

 2017年8月7日放送のNNNドキュメント

『4400人が暮らした町~吉川晃司の原点・ヒロシマ平和公園』

では、吉川晃司さんが出演し、かつて実家のあった場所をたどる旅をしています。

※NNNドキュメント Huluで無料体験視聴はこちら

地元である広島の「平和公園」を訪れた吉川晃司さん。

現在は原爆ドームとなっている場所は、中島地区という住宅街で、かつて実家の「吉川旅館」があった場所でした。

「吉川旅館」で吉川晃司さんの父、吉川正俊さんは生まれ育ったため、

いわゆる“被爆二世“として生まれ育った吉川晃司さん。

そのため平和への想いは人一倍強く、歌手・俳優としての活動の原点となっているのだとか。

吉川晃司さんがボランティア活動に積極的に参加するのも、

このような生い立ちがあったからなのですね。

吉川晃司のボランティア画像!

吉川晃司のボランティアの意見・ツイッター・目撃情報

吉川晃司がボランティア活動を非公表に対する理由

吉川晃司さんは、精力的にボランティア活動をされているにも関わらず、マスコミには一切公表されていません。

そこにどんな理由があるのでしょうか。

吉川晃司さんが自身のファン会員に向けて発したボランティアに対する持論は…

「なんか騒がしいぞ~。」「ボランティアって、マスコミ同伴で炊き出しするもよしじゃない?被災地の状況を発信しながら関わるもよしじゃない?人それぞれ思う形は違うしね」

という考え。

色んな意味で話題となる「芸能人のボランティア活動」について、

ボランティアはいろいろな形があって当然、あくまで人を助ける行為が大事。公表するもしないも、そこに善悪はない

という考えのようです。

スポンサーリンク

被災地でのボランティア活動・他の芸能人は?

芸能人でボランティア活動をしていることで知られているのは、

女性芸能人ならローラや吉田羊、男性芸能人なら『LUNA SEA』や『X JAPAN』のギタリスト、SIGIZO(スギゾー)、斎藤工、NEWS 小池慶一郎などで、被災地でのボランティア活動に汗を流したり作業している様子をSNSにアップしている人もいます。

しかし、吉川晃司さんはそうしたことは一切、自らは発信していません。

炊き出しをしたとマスコミに流したり、アピールする芸能人のボランティアとは明らかに一線を置いています。

2011年3月の東日本大震災時も被災地に入り、道端でテント生活を送りながら、自ら軽トラックを運転し、ボランティア活動に従事したときも自ら公表することはなかった吉川晃司さん。

吉川晃司

男気があって優しくてカッコイイ!の一言に尽きますね!

吉川晃司のボランティア活動画像!非公表の真相は実家が関係?まとめ

吉川晃司さんといえば最近は、

  • 2013年のNHK大河「八重の桜」
  • 2015年のTBS「下町ロケット」

など、役者業でもおなじみですが、2018年7月からWOWOWで放送されているドラマ「黒書院の六兵衛」で17年ぶりの主役が、「沈黙の侍」としてほぼセリフほぼなしというのも話題。

価値観は人それぞれありますが、

「男は黙って…」という姿。

私はそんな吉川晃司さんの姿勢が、一層男らしくてカッコイイ!と感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る