メーガン妃とキャサリン妃は不仲?人気や年齢・似てる顔も比較

メーガン妃 キャサリン妃

何かと比較されるメーガン妃とキャサリン妃。

「不仲」の報道が過熱していますが、実際はどうなんでしょう。

またメーガン妃とキャサリン妃はどちらが人気があって、年齢差は?

似てる点も多い世界一注目度の高い二人のお妃について、不仲説の真相や、人気度の違いなども調べてみました。

スポンサーリンク

メーガン妃とキャサリン妃は不仲?

何かと比較されるメーガン妃とキャサリン妃。

「不仲説」

が絶えないようですが本当なんでしょうか?

2018年12月のクリスマス・夫婦同士でエリザベス女王・チャールズ皇太子らと▼

動画を見るかぎり、メーガン妃とキャサリン妃、仲良さげにお互い歓談しながら一緒に歩く様子も伝えられています。

エピソード1)英王室がわざわざ“不仲ゴシップ“に反応

2018年11月タブロイド紙「ザ・サン」が報じた内容。

「2018年5月に行われたメーガン妃とハリー王子の結婚式直前、色々とこだわりの強いメーガン妃が、キャサリン妃のスタッフを叱責した」

という内容です。

メーガン妃とキャサリン妃は激しい言い争いになったそうですが、

以降あまりにも加熱する“不仲報道”を受け、2018年11月30日には英王室が

『報道は事実ではない』

という声明まで発表しました。

これがまた、火に油を注ぐ形となり、報道はますますヒートアップ!

タブロイド紙のゴシップ報道に英王室がわざわざ反応すること自体、異例のことなので、余計に二人の不仲に信ぴょう性がでたというワケ。

エピソード2)エリザベス女王の贔屓が不仲の原因?

エリザベス女王、御年92歳。

世界第1位の長期在位君主で、君主として世界最高齢の方です。

キャサリン妃とメーガン妃の2人の夫の祖母にあたるエリザベス女王に気に入られているのは、実はキャサリン妃よりもメーガン妃?という噂も。

なんでも、

「メーガン妃と初対面の時に、エリザベス女王が飼っているコーギー犬がしっぽを振りながらメーガン妃に近づいたことが、エリザベス女王が信用するキッカケとなった」

らしいです(笑)。

アメリカ人のメーガン妃ですが、ヘンリー王子と結婚前に

カトリック教会 → イングランド国教会

改宗を決意したことも、“王室への忠誠心がある“と受け止められ、エリザベス女王のご機嫌度があがるポイントになったんだとか。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 メーガン妃のお腹がスゴイ!不自然と言われる理由は?

メーガン妃の妊娠中のお腹に違和感を感じている人が多いようです。 「月齢の割にお腹が大きすぎない?」 「お腹が不自然にへこむ?」...

エピソード3)メーガン妃は夫婦で別の場所へお引越し

メーガン妃とキャサリン妃の不仲報道で、へンリー王子は、兄ウィリアム王子とも距離を置くようになったと言われています。

そして、メーガン妃との子育てのことも考えて、エリザベス女王やウィリアム王子夫妻の住むケンジントン宮殿から離れ、

普段は別荘として使われているウィンザーのフロッグモア・コテージへ引っ越す予定とのこと。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 ヘンリー王子のハゲ画像!髪の毛が兄ウィリアム似でやばい?

「ヘンリー(ハリー)王子の後頭部に異変!髪の毛が薄くなってハゲの兆候が!」 というのは2015年ころから言われていたようです。 ...

スポンサーリンク

メーガン妃とキャサリン妃はどっちが人気?

メーガン妃とキャサリン妃、周りの人々からの人気はどちらが高いのでしょう。

イギリス国民にはどっちが人気?

2018年11月に発表された、

「イギリス国民が選ぶ最も好きなロイヤルファミリーランキング」

の結果がこちら

順位 名前 人気度
1位 ヘンリー(ハリ―)王子 77%
2位 エリザベス女王 74%
3位 ウィリアム王子 73%
4位 キャサリン妃 63%
5位 フィリップ殿下 56%
6位 メーガン妃 55%
7位 チャールズ皇太子 48%
8位 アン王女 47%
9位 ザラ・フィリップス 43%
10位 カミラ夫人 29%

参考:https://front-row.jp/

メーガン妃は、義理の父・チャールズ皇太子を抑えて堂々6位!

夫のヘンリー王子が堂々の1位です。

そしてやはりウィリアム王子(3位)・キャサリン妃(4位)夫妻の人気も高いですね。

メーガン妃はイギリス王室にとって「新参者」、イギリス国民の「嫌われ者」と報道が多い割には、とても好感度が高いように思います。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 メーガン妃のイギリスの評判と嫌われる理由はなぜ?

メーガン妃はファンも多いですが、注目度が高いだけに“アンチメーガン”も存在します。 メーガン妃が嫌われる理由や、イギリスでの評判は本当...

経済的な影響はどっちが人気?

では、メーガン妃とキャサリン妃は経済的な影響はどちらが大きいのでしょう。

アメリカ人を対象にした調査で「消費者の購買欲のアップ率」を調べたところ、英王室の方で最も影響力がある1位はキャサリン妃。

1位…キャサリン妃36.7%

2位…メーガン妃35%

3位…メーガン妃の夫・ハリー王子31.9%

4位…キャサリン妃の夫・ウィリアム王子27%

という順番で、メーガン妃もキャサリン妃に追いつく勢いです!

キャサリン妃は2011年にウィリアム王子と結婚して以来、イギリスだけでなく世界中の女性たちの憧れとして高い人気を誇っていて、

ファッションなどキャサリン妃が身に付けたものは飛ぶように売れていきます。

その効果は「ケイト・ミドルトン効果」といって、経済効果は絶大なんですって。

スポンサーリンク

メーガン妃とキャサリン妃・年齢や身分比較

メーガン妃とキャサリン妃のプロフィールをカンタンに比較してみましょう。

メーガン妃 キャサリン妃
生年月日 1981年8月4日 1982年1月9日
称号名 サセックス公爵夫人 ケンブリッジ公爵夫人
サセックス公爵ヘンリー王子(弟) ケンブリッジ公ウィリアム王子(兄)
夫の王位継承順位 第6位 第2位

(2019年3月現在)

2019年の誕生日を迎えるとメーガン妃は38歳、キャサリン妃は37歳という年齢。

キャサリン妃はいずれ“国王の妻”になる立場で、メーガン妃とは身分の差は歴然です。

キャサリン妃は

  • 未来の国王妃
  • 3児の母として輝いている
  • 派手な活動や言動も無く、振る舞いもおしとやか

という点も安定した人気のヒミツだと思います。

メーガン妃

アフリカ系米国人の母を持つメーガン妃は元アメリカ女優。(2002~2018年)

日本でも、織田裕二さん主役でリメイクされ、原作も大ヒットしている米人気ドラマ「SUITS」でブレイク。

ただ、女優として他に代表作も主役もなく、ヘンリー(ハリー)王子と交際前はハリウッドセレブと言えるほどの存在ではありませんでした。

両親同様に、自身も離婚歴があり、ハリー王子とは36歳で結婚。

ファッションは派手目なチョイスが多く、立ち振る舞いも「女優気分が抜けていない」と何かと話題になります。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 メーガンマークルSUITSの役柄やキャスト・見所は?

メーガン妃ことメーガンマークルは、人気米ドラマ『SUITS/スーツ』のレイチェル役として知られていました。 『SUITS/スーツ』では...

キャサリン妃

View this post on Instagram

Thank you everyone for all your lovely messages on The Duchess of Cambridge’s birthday! 📷PA

A post shared by Kensington Palace (@kensingtonroyal) on

メーガン妃の義理の姉、イギリス出身で、上流家庭に生まれ育ったキャサリン妃。

学生時代に出会ったウィリアム王子と6年の交際を経てゴールイン。

トランプ米大統領批判やフェミニストとしての発言力が強いメーガン妃とは異なり、

王室の慣例に従って政治的な発言はせず、立ち振る舞いも「王室女性のお手本」と言われれ、

ファッションもプチプラを好んで着たり「着こなし上手なキャサリン妃」とも言われ世界中にファンが多いプリンセス。

メーガン妃とキャサリン妃の似てるポイントは?

View this post on Instagram

Happy Australia Day! #AustraliaDay 🇦🇺

A post shared by Kensington Palace (@kensingtonroyal) on

メーガン妃とキャサリン妃。

似ても似つかない二人にみえますが、どちらも個性があって、全くカラーが違う二人だからこそ、話題性があって面白いですよね。

メーガン妃もキャサリン妃も

  • カジュアルな着こなしも上手でおしゃれ
  • すらりとスタイルがよくて華やか
  • ダーク系の髪色
  • 笑顔がとても素敵
  • 幸せオーラに溢れてる
  • 世界中から愛され注目される存在

という点は共通していますよね!

これからも、どんな風にステキな二人が響き合っていくのか見逃せませんね(*^_^*)

スポンサーリンク

メーガン妃とキャサリン妃は不仲?人気や年齢・似てる顔も比較まとめ

メーガン妃とキャサリン妃は、動画を見るかぎりはほほ笑ましく二人で会話をしているように見えたので、不仲ではないように見えましたが…

大人同士のお付き合い、真相はお二人のみぞ知るというところでしょうか。

年齢差はメーガン妃の方が一つ年上になりますが、人気も影響度も身分もキャサリン妃の方がダンゼン上です。

日本の眞子さま・小室圭さん問題に負けず劣らず、イギリスも王室の話題が過熱中。

これからも不仲説は無くなりそうにありませんが、セレブならではのゴシップの洗礼なので、仕方ないかもしれませんね(*^_^*)

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る