メーガン妃のお腹は違和感だらけでへこむ&不自然?妊娠虚偽との声も!

メーガン妃

2019年5月6日、無事に誕生した、メーガン妃とヘンリー王子の第一子・アーチ―君

ですが、メーガン妃の妊娠中のお腹には、違和感を感じていた人が多かったようです。

「月齢の割にお腹が大きすぎない?」

「お腹が不自然にへこむ?」

「お腹に手をやりすぎな態度が違和感」

などなど。アンチメーガンの格好のネタになっていました。

挙句の果てには

「メーガン妃は本当は妊娠していないのでは?」

「代理母がいる?」

など想像力豊かな噂も。笑

なんだかんだで、無事に出産されたメーガン妃。

あらためて、メーガン妃の神々しいマタニティ姿を拝んでみましょう。

【追記】祝メーガン妃ご出産!アーチ―君の写真が不自然でまた炎上中~

スポンサーリンク

メーガン妃のお腹は違和感だらけ?

メーガン妃のお腹に違和感を覚える人がいましたが、なぜなんでしょう。

イギリス王室が、メーガン妃のご懐妊を伝えたのは、

2018年の10月15日で出産予定は「2019年の春」とのことでした。

それから早数ヶ月、メーガン妃のお腹もだんだんと大きくなり、

「いよいよご出産間近では?」

というほど大きくなりました。

当然お腹がだんだん大きくなるのは自然なのですが、どうやら月齢の割にお腹が出すぎじゃないか?という理由で「違和感」となったようですね。

妊娠5~6ヶ月頃(2018年12月)

どうですか?もうすっかり妊婦姿のメーガン妃!

洋服のラインがまた大きいお腹を強調しています。

メーガン妃は離婚歴はありますが、前夫との間に子どもはいなかったので、37歳で初産になります。

日本人の多くは、5ヶ月ごろはまだお腹がこんなに目立つ人って少ないのかなと印象ですが、

欧米人は体格も大きいですし、人それぞれなので何とも言えませんよね(あくまで個人的な主観です)

ですが、私のように感じる人が多いのか、メーガン妃のお腹について「違和感」という表現をする人は多いようで、

出産時期を疑うアンチメーガンもSNSで出てきてしまっている始末です。(笑)

そんなこんなでだんだんとメーガン妃のお腹は大きくなっていくのですが、

次の画像もまたビックリ!どうぞ!

妊娠7~8ヶ月頃(2019年2月)

2019年2月時点では妊娠8ヶ月ごろだと思うんですが、これは凄い!もう臨月?と思う程大きく成長!

洋服が白色で、またまた体のラインが目立つ目立つ(笑)

よくみるとうっすら「おへそ」の形が分かりますね!

これは妊婦あるあるで、お腹がせり出してくるとおへそが極限まで伸びるんですよね。

それにしても…欧米の人って、女性でもノーブラで乳首の形がまるわかりなTシャツとか好んで着ますし、日本人の「恥ずかしい」と思うポイントとはずいぶん違いますよね。笑

スポンサーリンク

メーガン妃の出産予定日と子供の性別は事前に公表されてた?

メーガン妃

photo by Mark Jones,Prince Harry and Meghan Markle with other members of the royal family going to church at Sandringham on Christmas Day 2017

メーガン妃の出産予定日は「2019年春」とだけ発表されていて、

詳しい出産予定日や性別は、最後まで正式に発表されませんでした。

「妊娠中に、お腹が前に出たら性別は男の子、横に広がる感じなら女の子」

という噂を聞いたことがありますが、お腹の出方は骨盤の形が関係していて、

性別でお腹の出方が変わるという医学的な根拠はありません。

メーガン妃の今のお腹をみると、前にせり出ているように思うので男の子かな?と勝手に筆者は思っていたので、予想が当たって嬉しかったです(^^♪

 ヘンリー王子のハゲ画像!髪の毛が兄ウィリアム似でヤバい?

「ヘンリー(ハリー)王子の後頭部に異変!髪の毛が薄くなってハゲの兆候が!」 というのは2015年ころから言われていたようです。...

スポンサーリンク

ちなみに…代理出産説や妊娠虚偽説はどこから?

ちなみに、バカバカしい!と思うかもしれませんが、

「メーガン妃は代理出産だ」

「本当は妊娠なんかしてない!」

という妊娠虚偽説を唱えているアンチメーガンもいるらしいので、一応、彼らの心の叫びを聞いてみましょう(笑)

《代理母出産とは…》
代理母出産(だいりははしゅっさん、だいりぼしゅっさん、surrogate motherhood)とは、ある女性が別の人に子供を引き渡す目的で妊娠・出産すること 。代理出産ともいう。また、その出産を行う女性を代理母(だいりはは)または養母出産という。

wikipedia

できちゃった婚と疑われるほどスピード妊娠だった

メーガン妃の妊娠虚偽と言われている理由のひとつが、ご懐妊の早さです。

ヘンリー王子とメーガン妃が挙式をしたのは2018年5月19日、ご懐妊発表は10月15日で、

すでに妊娠12週健診も終わり、妊娠4ヶ月目を迎えようとしていたころでした。

いちおう逆算すると、8月ごろには妊娠されていたという事になるので、

挙式から3ヶ月も経たないスピード妊娠だったということになります…!

結婚当初からお二人とも子供については早いうちにと積極的に考えていらっしゃいましたし、

37歳というメーガン妃の年齢を考えれば妊娠を急いだのも納得です。

本当におめでとうございます!…と本来ならば言いたいトコロですが、アンチメーガンはいろいろ言いたいもの。

あまりにも早い妊娠で出来過ぎだ!と考えた人たちが、

「代理出産!?」

「できちゃった婚だった?」

となったというワケ。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 ヘンリー王子の子供時代の全裸スキャンダル動画がこれだ!

ヘンリー(ハリー)王子といえば、子供時代~30歳になるまでスキャンダル王子として知られていました。 11歳で喫煙と飲酒に始まり、12歳...

お腹が出すぎで不自然

続いてメーガン妃の妊娠虚偽説が出た理由として、最初にお話ししたように

月齢の割にお腹が出すぎて、ふくらみが不自然と言った声があり、

「もしかしてあの腹は作り物なんじゃ?!」

という斜め上を行くファンタジー発想です。

「キャサリン妃だって大体の出産時期を明らかにしていたのに、性別も何も公表しないのには裏がある!」

などなど、さまざまな憶測が飛び交っているようです。

メーガン妃の出産方法にも注目

何かと比較されるメーガン妃と、義理の姉キャサリン妃。

キャサリン妃は既に3人の子供を出産していて、前回出産したときは、産後7時間で公の場に姿を表して話題になりました。

キャサリン妃は

  • ジョージ王子は産後26時間で登場
  • シャーロット王女は産後10時間で登場

そして第三子のルイ王子はさらに短縮して7時間で退院という有り得ないスピード。

多分、日本のママさんたちはゼッタイ無理!と思うと思いますし、色んな医療事情に違いもあるからこそ可能なことだとは思います。

イギリスでは無痛分娩が主流

キャサリン妃のようなスピード退院できるのには実はワケがあります。

イギリスでは無痛分娩で、日帰りで出産するのが主流、イギリスや欧米諸国ではそんなに珍しいことではないようです。

世界的にみても日本は産後の入院期間が長いようですね。

また、キャサリン妃の場合は退院しても専属のお医者さんはいらっしゃるでしょうし、そのあたりのケアも一般人ピーポーとは違います。

メーガン妃の出産方法ももちろん注目されましたが、いざふたを開けてみると、

第1子アーチ―君の出生地・出産方法・生まれた病院名さえも、すべて情報非公開。

「伝統を無視した型破りなメーガン流」

として、またまた注目されました。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 メーガン妃の子供の髪の毛や肌の色は?写真公開を渋る理由も

スポンサーリンク

メーガン妃・お腹をさわりすぎの声

メーガン妃は、出産間近、お腹が大きくなるにつれて

「お腹に手を当てすぎ!」

とまたまた話題になりました。

あまりにもお腹に手を当てすぎているので、不自然、違和感あり、下品、あげくには妊娠アピール?とまでアンチメーガンが騒ぐ始末(笑)

「誰か赤ちゃんをさらわれるの?」

「写真撮影までこんなポーズをするなんてさすが女優」

「一体いつになったらこの仕草を止めてくれるのかしら?」

などなど。

個人的には、赤ちゃんを大事そうに守っている姿が美しいなぁと思いますが、

なにぶん“アンチメーガン“の人には、そのような発想はないようです。

妊婦がお腹に手を当てるという行動は、調べたところ、ごくごく普通のことで

「ママがお腹を触る時の方が、赤ちゃんは胎内で安心してよく反応する」

という研究結果もあるとのこと、むしろ母子ともにいい行為なんだとか。

ヘンリー王子もうつった…?!

メーガン妃は、見るからにお腹が重そうですし、本当は横になって休んでいたいでしょうね。

そうもいかないメーガン妃は「ちゃんと赤ちゃんを守らなくちゃ!」という母性本能が普通以上に働いている表れだったのかもしれません。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 ヘンリー王子とハリー王子は呼び方はどっちが正しい?

イギリス王室の話題になると、ヘンリー王子のことを「ハリー」、キャサリン妃のことを「ケイト」と言ったりして、 “どっちが正解?正しい呼び...

メーガン妃・出産後のお腹も違和感?太った声も

2019年5月6日、“予定日より少し遅くなった”と言って、

メーガン妃とヘンリー王子に無事、男の子アーチ―君が誕生しました~!パチパチ★

と こ ろ が!

写真 ⇒ 加工されて子供の顔見えない
出生場所 ⇒非公開
洗礼式 ⇒ 非公開
称号 ⇒ 無し!!

というまたまた型破りなもので、またまた不満の声が爆発しております~!

続きはこちらにまとめました↓

 メーガン妃の子供の髪や肌の色は?写真公開を渋りすぎて炎上中!

2019年5月6日に誕生した、メーガン妃とヘンリー王子の子供・アーチ―君。 “やっぱり髪の毛チリチリで肌の色は黒い?” ...

メーガン妃・出産後はふっくらお腹で「違和感無し」

Embed from Getty Images

第1子アーチ―君の出産から2日後、およそ2か月ぶりに公の場に姿を現したメーガン妃。

生まれたばかりの赤ちゃんにも注目が集まりましたが、メーガン妃の「膨らんだおなか」も話題になりました!

イギリスのメディアによると、メーガン妃がベルト付きのドレスで、出産後も膨らんでいるおなかを隠さずに、カメラの前に現れたことに、

「なんて自然で素晴らしい母親らしい姿なんだろう!」

という感動の声があがったとのこと。

つまり、世論は

出産 ⇒ お腹のふくらみが違和感…

出産 ⇒ お腹のふくらみが自然で美しい

という変化に…。

そんなに世の中の声って、一瞬で変わるものなのか、不思議ですが(笑)

「メーガン妃は太った」

という声もありますが、出産後はお腹も体重も、むしろこれが自然な姿。

SNS上では

「メーガン妃が“出産後のおなか”を隠さずにいることに好感を持った」

「これが出産後の女性の99%の姿。素晴しく輝いてる」

という意見が多数だったようです。

このことからも、メーガン妃は「本当に」出産されたので、代理母などということは、有り得ないですよね!ww

スポンサーリンク

メーガン妃のお腹は違和感だらけでへこむ&不自然?妊娠虚偽との声まとめ

メーガン妃のお腹に「違和感」といわれた理由は、出産前の月齢の割に大きめのお腹が原因でした。

もちろん代理母というのは根も葉もないウワサですので、悪しからず。

メーガン妃がどのように自分らしい子育てをされていくのか、これからも目が離せませんね!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る