メーガン妃の子供時代の動画!髪の毛チリチリからスーツまでの変遷史

メーガン妃

イギリス王室メーガン妃、もとアメリカ女優・メーガンマークルの子供時代はどんな少女だったのでしょう。

画像をみると、想像以上に髪の毛がチリチリすぎてストレートの面影なしにビックリ!

いつからストレートの髪型に変化した?

今回は、メーガン妃の子供時代を振り返りつつ、髪の毛のチリチリ具合や、スーツ時代の画像なども紹介します。

スポンサーリンク

メーガン・マークルはどんな家庭で育ったの?

メーガン妃ことメーガン・マークルは英国王室のヘンリー(ハリー)王子の妻で、サセックス公爵夫人です。

  • アフリカ系アメリカ人の母
  • オランダ・アイルランド系の父

との間に生まれたレイチェル・メーガン・マークルは、1981年8月4日にロサンゼルスで生まれました。

(メーガンの正式なファーストネームは「レイチェル」で、彼女の代表作ドラマ「SUITS/スーツ」の役名と同じ)

ハリウッドが生んだ、現代のプリンセス物語の主人公メーガンマークル。

子供の時代の写真を見てみると、メーガンのチャーミングな表情が垣間見れて、ヘンリー(ハリー)王子に見初められた理由も見えてくるかも?

《関連記事はこちら!クリック↓》

 メーガン「SUITS」の役柄は?降板したのはいつ?

メーガン妃ことメーガンマークルは、人気米ドラマ『SUITS/スーツ』のレイチェル役として知られていました。 『SUITS/スーツ』では...

メーガンマークル子供時代の画像&写真を時系列で紹介!

2018年5月19日にイギリス聖ジョージ礼拝堂で結婚式を挙げた、メーガン妃の子供時代のお宝画像&動画を、YouTubeや、雑誌「In Touch」「VOGUE」などから一挙公開!

メーガン妃-min

子供の頃から全体的なお顔立ちは変わっていませんが、

子供時代の髪の毛がチリチリとスキッ歯が印象的。

大人になるにつれてグッと美貌がアップしてますね!

スポンサーリンク

1982年ごろ(1歳未満)

メーガン妃

【異母姉・サマンサ・マークルと】

この写真は生後半年頃の一枚。

メーガンマークルを優しいまなざしで抱っこしているのは、17歳年上の異母姉サマンサ・マークル。

サマンサはのちに、メーガンのことを

「ソーシャルクライマー(上流階級の仲間入りを夢見る人)」

と罵倒。

『The Diary of Princess Pushy’s Sister(厚かましいプリンセスを妹にもつ姉の日記)』

という暴露本まで執筆し、今でもツイッターで汚い言葉を使ってメーガン妃およびイギリス王室を絶賛罵倒中☆。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガン妃はブサイクで本性や家族がヤバい!?

もちろんサマンサは、今回のメーガン妃の結婚式には招かれていません(笑)

メーガン妃

【母親と。母ドリアは、ヨガインストラクター】

母とは現在も関係良好。

結婚式後に母をイギリスに招き、これから一緒に暮らす準備もされているようです。

1983~86年頃(2~5歳ごろ)

メーガン妃

【父トーマスと】

父の膝の上に乗って嬉しそうなメーガン。

父親・トーマス・マークルは照明ディレクターとしてデイタイム・エミー賞の受賞歴もある実力者でしたが、

現在は心臓病を患い入院中と言われていて、メーガン妃の結婚式も欠席(のちに仮病だったといわれている)、二人の関係もすっかり冷え込んでいます。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガン妃の生い立ち!父親トーマスが予想以上に危険人物

メーガン妃

【家族と】後列)異母兄トム・マークルジュニア・メーガンマークル、祖父、叔母、前列)母ドリス、祖母

よく見ると、異母兄トム・マークルジュニアがメーガン妃のチリチリ髪の毛を掴んでふざけ合っていますね。当時の仲の良さが伺えますが…

現在は、ヘンリー(ハリー)王子

「メーガンとの結婚は間違い。あなたはきっと後悔する。メーガンはあなたが思っているような女性ではない」

という警告まがいの手紙を送りつけていたことが発覚。

もちろん、残念ながら現在はメーガン妃とは絶縁状態。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 ヘンリー王子とハリー王子はどっちが愛称?違いは?

イギリス王室の話題になると、ヘンリー王子のことを「ハリー」、キャサリン妃のことを「ケイト」と言ったりして、 “どっちが正解?正しい呼び...

1987年頃(6歳ころ)

メーガン妃

ビキニ姿でポージングする姿がすでに堂々としています!

中流階級の家庭で育ったメーガンは、ハリウッドのビジネスに携わる両親の影響で、自然とTVの世界に興味を持つようになります。

しかしこの頃、メーガン6歳のときに両親が離婚。

スポンサーリンク

1992年(11歳ごろ)

メーガン妃

10歳~11歳ごろの一枚。髪の毛がかなりチリッチリです!

メーガンは両親の離婚後、母と一緒につつましい生活をしていましたが、

離婚から3年後、父が宝くじで75万ドル(約7,500万円)を当てたことも転機に。

メーガン妃

中学・高校はロサンゼルスにあるカトリック系女子校に通います。

その後、アメリカ・イリノイ州にある名門ノースウエスタン大学に進学。

演劇と国際関係を専攻し、2003年にこれら二つの学位を獲得して卒業しました。

メーガン妃

【異母姉サマンサと】

▼メーガン妃の幼少時代の写真ざっと100枚でてくるお宝動画はこちら▼

メーガン妃の子供時代の髪の毛がチリチリすぎる!

メーガン妃

メーガン妃の子供時代の写真を見てみると、15歳ころまでが髪の毛がMAXでチリチリくせ毛がすごかったようですね。

高校時代からは少しずつストレートになり、女優になってからは見事な黒いツヤツヤストレートになっています。

いわゆる子供の「天然パーマ」は“遺伝だから大人になっても治らないもの”と思い込んでいる人も多いようですが、実際は子供の天パは大人になって改善する人も多いようです。

天然パーマは遺伝するとよく言われますが、一般的に両親ともくせ毛の場合は9割の確率でくせ毛に、父親か母親のどちらかがくせ毛の場合は7割の確率でくせ毛になるようです。

成長とともに毛質が変わるというのは珍しいことではなく、

・赤ちゃんの時はクリクリくせ毛だったけど、成人したらストレートになった
・幼少期は真っ直ぐだったのに、思春期ごろからうねり始めた

という、どちらのパターンもあるようです。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 メーガン妃は髪の毛ボサボサでふさわしくない声あり?性格は?

メーガンマークルこと英王妃のメーガン妃。 いまだに 「王妃としてふさわしくない」 「髪の毛がボサボサだし下品」 とい...

メーガン妃

メーガン妃の場合、こどもの頃は母親譲りのアフリカ系のかなり強いクセ毛。

黒人のクセ毛の遺伝子は強く、ハーフであってもストレートになることはほとんど無いようです。

おそらくメーガンマークルは、現在のストレートヘア維持の為に(さすがにウイッグではないと思います)

「ストレートパーマ(縮毛矯正)」

も定期的に施しているのではないでしょうか。

アフリカ系アメリカ人の有名人女性としては、

  • ミシェル・オバマ前米大統領夫人
  • マライア・キャリー
  • ビヨンセ
  • ニッキー・ミナージュ

などがいます。

マライアキャリーが黒人の血を引いていたとは意外ですね!

それにしても、例に挙げたセレブの皆さんは美しいストレートヘア。

セレブなので、髪にも肌にもお金をかけて維持されているのではないでしょう。

メーガン妃の子供時代の強烈エピソードといえば…

典型的な中流家庭で育ったメーガン妃でしたが、実はわずか11歳の時に世間の注目を浴びたエピソードがあります。

メーガン妃

それは、小学校の授業で見た台所用洗剤のあるCM

「アメリカ中の“女性”が鍋やフライパンの油汚れと戦っている」

というキャッチフレーズに違和感を覚えたメーガン。

なぜ違和感を覚えたかというと、そのキャッチフレーズを聞いたクラスの男子生徒が

「そうだ! 女の居場所はキッチンだ!」

と発言したからなんです。

この発言に、怒りと疑問を感じた11歳のメーガンは、家に帰って父・トーマス・マークルに学校であったことを伝えました。

そして、父はメーガンに自分の思いや考えを手紙にして伝えることを提案します。

11歳のメーガンが手紙を贈った先は…

  • ヒラリー・クリントン(当時のファーストレディー)
  • 子ども向けニュース番組の司会者
  • 有名女性弁護士
  • 洗剤CMのメーカー社長

数週間後、メーガンは、ヒラリー・クリントンから返事の手紙をもらうことになります。

そして、ニュース番組は11歳だったメーガンを取材、メーガンの想いはメディアを通して知られることになり

約1ヶ月後、食器用洗剤のCMは、

“アメリカ中の“女性“が、鍋やフライパンのしつこい油汚れと戦っている”

“アメリカ中の“人々“が、鍋やフライパンのしつこい油汚れと戦っている”

に変わりました。たった11歳の女の子が、世論を変えた瞬間でした。

▼当時の取材動画はこちら☆ついでに髪の毛チリチリ時代▼


この体験がきっかけで、メーガンは自らの『フェミニスト』(女性主義ともいわれ、性差別を廃止し、女性の権利を拡張しようとする思想)としてのライフワークの基礎ができたといいます。

のちにUN Womenの親善大使に選ばれたメーガン妃は、2015年の国際女性デーに国連で行ったスピーチの中でもこの経験について語っています。

メーガン妃「SUITS/スーツ」時代の役柄は?

大学卒業後、女優としてのキャリアは2002年(21才)でスタート。

下積み時代は、地方のテレビやクイズ番組にゲスト出演などいまいちパッとしない時代が長く続きました。

2006年(25歳)

メーガン妃

TVドラマ「スーツ」で役をゲットする前、NBCのゲーム番組「Deal or No Deal」での一枚。大きく巻いた髪でグラマラスな印象ですね。

2010年(29歳)

メーガン妃

完璧なストレート。軽く横にシャギーを入れてイメチェン。

プライベートでは、最初の夫で映画プロデューサーのトレヴァー・エンゲルソンと、6年の交際を経て2011年に結婚。しかし、すれ違いが原因となり2年で離婚。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガンはバツイチで子供は?元夫との離婚理由や再婚の反応は?

2011年(30才)

メーガン妃

カツラではないかと思う程、ツヤツヤのストレート。

メーガンマークルの出世作とも言える、TVシリーズ『SUITS/スーツ』もこの年にスタート。

弁護士事務所の優秀なパラリーガル(弁護士アシスタント)役、“レイチェル・ゼイン”役は、ハリー王子の理想の女性像だったとか。

2017年にシーズン7で卒業するまで、レギュラーとして熱演を続けました。

 メーガンの「SUITS」のキャストやあらすじ・見どころも!

メーガン妃ことメーガンマークルは、人気米ドラマ『SUITS/スーツ』のレイチェル役として知られていました。 『SUITS/スーツ』では...

スポンサーリンク

メーガン妃の子供の時代動画!髪の毛チリチリからスーツまでの変遷史まとめ

◆メーガン妃(メーガンマークル)はアフリカ系の血を引くこともあり、小さなころから髪の毛がチリチリだった

◆メーガン妃は写真を見る限り、高校卒業~大学までにはストレートの髪。成長過程でストレートになったのか、ストレートパーマをかけた可能性も

今はストレートでつやつやな黒髪のメーガン妃。

第一子妊娠で2019年春に生まれる予定のお子さんは、どんな髪の毛になるのかも注目を集めそうです。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 吉永・・・ より:

    今までは彼女が英国王室の一員となるのに反対してたけど今では逆に大いに賛成する気になりました。不幸な過去を背負っていたので今後は大いに人生を楽しんでもらいたい、アメリカと英国は180度システムが違います。彼女に幸運あれ!

トップへ戻る