メーガン妃の生い立ち!父親トーマスが危険人物で母はアフリカ系黒人?

メーガン妃

メーガン妃(メーガンマークル)の生い立ちついて改めておさらい。

アフリカ系の混血でアメリカ人、バツイチの背景もなんのその、世界一結婚したい男性にも選ばれたことのある英国プリンス・ヘンリー(ハリー)王子を虜にした彼女の魅力とは?

また、父親がまさかのアルコール中毒&妄想癖のヤバい危険人物!

に対して、母親はアフリカ系黒人で社会的に「まっとう」な方?

メーガン妃の生い立ちを知れば、ヘンリー王子に見初められた理由が見えてくるかも…

メーガン妃の子供時代の写真や父親トーマスの現在の「ヤバさ」を暴露!

【関連】ヘンリー王子の生い立ち!スキャンダル全裸動画も!

スポンサーリンク

メーガン・マークルの生い立ち

まずはメーガン妃こと、メーガンマークルの基本のプロフィール!

旧名 レイチェル・メーガン・マークル
英語表記 Rachel Meghan Markle
誕生日 1981年8月4日
出身 アメリカロサンゼルス生まれ
父親名 トーマス・マークル(オランダ・アイルランド系)
母親名 ドリア・ラグランド(アフリカ系)
米女優としての活動期間 2002年 – 2018年

アメリカ西海岸のロサンゼルスで育ったメーガン。

「メーガン」はミドルネームで子供の頃からこの名前で呼ばれていますが、正式なファーストネームは「レイチェル」。

メーガン妃

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガンの子供時代動画!チリチリ髪からスーツまでの変遷史

父はオランダとアイルランドの血を引くアメリカ人、母はアフリカ系なので、メーガンは本当に様々な国にルーツをもつ女性なんですね。

母親はヨガインストラクター、父親は照明ディレクターという職業で、典型的な中流階級の家庭で育ちました。

しかし、両親はメーガン妃が6歳の時に離婚、その後は母親と暮らしていました。

生い立ち~子供のころのエピソード~

黒人と白人のハーフという生い立ちもあり、メーガンは小さい時から自分のアイデンティティや性差別について、敏感で真剣に考える子供でした。

メーガン妃

そんなメーガンは、わずか11歳の時に世間の注目の的となる出来事がありました。

きっかけはある食器洗剤のCM。

のちにUN Women(=女性の権利を呼びかける国際機関)の親善大使に選ばれたメーガンの、フェミニストとしての人格形成の基盤となった出来事です。

当時の大統領夫人や企業の社長に手紙を書いて、大人顔負けの行動力で、大企業のキャッチコピーを変更させたオドロキのエピソード!

《くわしい動画付きエピソードはこちら!クリック↓》

 メーガン妃の子供時代動画・フェミニスト少女メーガン!

生い立ち~学歴~

メーガン妃

【17歳年上の異母姉のサマンサマークルと】

メーガン妃は中学・高校はロサンゼルスにあるカトリック系女子校へ、大学はノースウエスタン大学に進学し演劇と国際関係を専攻。

大学在学中は、スペイン語やフランス語も学びます。

スポンサーリンク

生い立ち~大学卒業後~

メーガン妃

【2006年25歳 女優デビュー3年目のころ】

大学卒業後は、父親の影響もありそのまま女優の道へ。

デビュー後すぐに2002年に昼ドラマ「GeneralHospital」で女優デビュー。

その後は

『Century City』

『Cuts』

『Love, Inc.』

『The War at Home』

『新ビバリーヒルズ青春白書』

『ナイトライダー ネクスト』

『FBI失踪者を追え』

『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』

などに女優としてゲスト出演するもいまいちパッとせず。

2006年にはクイズ番組『Deal or No Deal』にも出演。

女優だけでは食べていけないので、オーディションを受けつつ、カリグラフィーの仕事をしていました。

メーガン妃のカリグラフィーの腕はかなり「確か」なもので、有名人の結婚式の招待状など担当していたこともあり、意外なメーガン妃の魅力の一つでもあります。

▼メーガン妃の隠された才能!カリグラフィー実演動画▼

生い立ち~最初の結婚・離婚・元カレ~

2011年9月 映画プロデューサーのトレヴァー・エンゲルソンと結婚するも、2年後の2013年8月にスピード離婚。

▼ちなみにこの方。

メーガン妃

破局理由は、2011年から始まったテレビシリーズ『SUITS/スーツ』でブレイクし、多忙によるすれ違いだったと言われています。

 メーガンマークル「スーツ」の役柄はと降板はいつだった?

メーガン妃ことメーガンマークルは、人気米ドラマ『SUITS/スーツ』のレイチェル役として知られていました。 『SUITS/スーツ』では...

元カレは二人?

その後メーガンは、プロゴルファーのローリーマキロイとの交際が噂されたり、『セレブお抱えシェフ』のコリーさんと交際したり…と。

2016年7月頃 共通の友人を通じて、ヘンリー王子からのアプローチで交際を始める

2018年5月19日 イギリス王室のヘンリー王子と結婚。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガン妃の元旦那との離婚理由や元カレは?

メーガン妃の父親トーマスがヤバい

メーガン妃の父トーマスマークルは、今は仕事を退職してひっそりとメキシコで暮らしています。

メーガン妃の父親トーマスのプロフィール

名前:トーマス・マークル(Thomas Markle)
生年 / 年齢:1945年 / 73~74歳
出身地: アメリカ・ペンシルベニア州

トーマスさんはペンシルベニア州出身で、オランダ・アイルランド系の家系。

2016年に自己破産し、現在はメキシコに一人で住んでいるとのこと。

メーガン妃の父親トーマスの職業

トーマスさんの現役時代の職業は、ドラマの照明ディレクターや撮影監督でした。

デイタイム・エミー賞のドラマシリーズ部門で、

『(照明ディレクションで優れた業績をたたえる賞)Outstanding Achievement in Lighting Direction』

という名誉ある賞を受賞したこともあり、長らくテレビ業界の裏方を支えるベテランの役割だった父。

メーガンが小さい頃父の職場を訪れる機会もあり、彼女が女優業を目指したきっかけになったことは言うまでもないでしょう。

1970年代にドラマ「ジェネラル・ホスピタル」の撮影現場で、メイクアップアーティストの見習いをしていた妻ドリア・ラグランドさんと出会います。(年の差は12歳)

トーマスさんとドリアさんは1979年に結婚し、1981年に娘メーガンが誕生しました。

メーガン妃

【1~2歳のころ 父と】

写真は生まれたばかりのメーガンを抱く父トーマス。ごく普通の、幸せそうな親子写真です。

このころは娘がやがてイギリス王室に嫁ぐなんて、予想もしていなかったことでしょう。

現在父トーマスが残念な危険人物に!?

先ほどの父娘の睦まじい写真をご覧いただいた後に、30年後の現実をお伝えするのは心苦しいですが(笑)

現在メキシコに住むトーマス・マークル(74歳)は、自分の娘であるメーガン妃やイギリス王室の対応について、

メディアを通じてガンガン「批判発言」を繰り返している様子↓

メーガン

引用:http://www.25ans.jp/princess/catherine/180730/

その「ヤバい人ぶり」を引用してみましょう~

スポンサーリンク

ネタ1)娘の結婚式の直前に…

父トーマスは2018年5月、世界が注目する娘のロイヤルウェディングが1週間を切った時点で、パパラッチと共謀しわざと写真を撮らせて多額の報酬をGETしたというヤラセが発覚。

結婚式出席を急きょキャンセルする事態に。

ネタ2)自分の心臓病は仮病?

結婚式欠席の理由を『心臓発作と手術の為』とするも、手術の記録は確認されておらず、世間からは仮病扱い。

挙げ句の果てには、

「やっぱり娘の式に出席したかった」

などと、あとからダダをこね、新郎新婦やロイヤルファミリーを振り回したトーマス。

ネタ3)結婚式の招待状がもらえなかったと主張

トーマスの主張によると、娘や英国王室に対しては、婚約発表の時からすでに不満があったそう。

メーガン妃の母ドリアさんには、イギリス王室から直接ロサンゼルスのドリアの家に訪問し、エリザベス女王からの婚約告知と招待状が手渡されました。

…なのに、

「自分のメキシコの家には誰もイギリスから来なかった」
「私も結婚式の招待状を額に入れて飾りたかったのに!」

との文句。

ネタ4)「俺のおかげ」なのに無視されてると主張

メーガン妃がロイヤル・メンバーに仲間入りしてから、まったく娘と連絡が取れなくなったという父トーマス。

「王室について批判的なコメントをした直後に、完全に連絡が取れなくなった。娘と連絡を取る方法が全くない」

と王室側から完全に「縁を切られた」ことを告白。

「俺は(メーガン妃とヘンリー王子の)孫に会うこともできない」

と寂しさをアピールし、元妻でメーガン妃の母ドリアさんについては、

「メーガンはママっ子。ドリアが全部自分の手柄にしてる」

と批判したりと、メーガンを育てたのは自分の手柄でもあるのに!と言いたいのか、あれやこれや不満を爆発。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 ヘンリー王子のハゲ画像が想像以上!兄ウィリアム似でヤバい?

「ヘンリー(ハリー)王子の後頭部に異変!髪の毛が薄くなってハゲの兆候が!」 というのは2015年ころから言われていたようです。 ...

ネタ5)既に妄想癖&自暴自棄な発言のオンパレード

パパラッチとのフェイク写真撮影については、

「自分の間違いだった」

と素直に認めるも、『心臓発作』というのはでっち上げで、実は『アルコール中毒患者』なのではないか?と言われている父トーマス。

「娘メーガンの誕生日にバースデーカードを送りたいけれど、住所がわからない、自分は一般人にすぎない。送っても、きっと王室は爆発を懸念して3日間手紙を水に浸すに違いない
「娘にとっては、自分が死ねば良いのだろうけれど…ラッキーなことに俺はまだ生きてる。2度と彼女と話せずにこのまま死ぬのは嫌だ」

自己中心的で、自暴自棄&被害妄想な発言が多く、主張が支離滅裂です

…この人、結構ヤバい(笑)

そりゃぁ、目先の報酬に目がくらんでパパラッチとタッグを組んで、娘をダシにした天罰…。

身から出たサビが、娘との断絶、それを全てロイヤルファミリーの責任とし、キレまくっているトーマスさん。

流石にメーガン妃の心中をお察しします。

ちなみに、このインタビューにおいて金銭のやりとりは一切ないそうです(たぶん笑)

「メーガンは俺にとって全て。彼女を愛しているし、これからもずっとね」

とは最後におっしゃっていますが…真にそう望みます。

2019.3.6追記ネタ!)娘メーガン妃からの自筆の手紙を暴露

2019年、年が明けてメーガン妃のご出産間近のお祝いムード。

しばらく大人しくしていたメーガン妃の父親トーマスさん、今度はまたとんでもないネタをぶち込んできました。

なんと、2018年の8月に、メーガン妃の結婚式の直後に送られてきたという、メーガン妃直筆の手紙をメディアに公開したというのです( ;∀;)

そこには、ヘンリー王子を始めロイヤルファミリーを罵倒している父にむけて

「パパ、これ以上嘘をつくのをやめて。私たちを静かに暮らさせてほしい」

と、メーガン妃の悲痛な胸の内が、5ページにも渡って綴られていました。

メーガン妃が王室に嫁いでから

“娘メーガンとまったく連絡が取れないし連絡もくれない“

とマスコミに訴えていたことを、メーガン妃の友人から

「嘘だ!メーガンはちゃんとあなたに連絡をしてるじゃないか!」

と暴露され、しばらく沈黙を貫いていた父親トーマス。

もう逃げられないと思ったのか、完全に開き直ったのか…なんとメーガン妃から受け取った「直筆の手紙」を公開する強硬手段に。

そしてちゃっかりメディアにも出演

「メーガン妃やヘンリー王子に伝えたいことはありますか?」

の質問に対して、

「メーガン…本当に心から愛してる…家族の問題はいろいろあるけど…仲直りしよう。ホリデーくらい帰ってきてよ。連絡ちょうだい…」

と弱弱しく発言。

目線も一定じゃないし、精神不安定さが垣間見れる父親トーマス。

トーマスさん、残念ですが斜め上を行き過ぎたかなりのヤバさです。

いつかメーガン妃と仲直りできるといいですね。。

 ヘンリー王子の全裸動画もかなりヤバい!時系列でどうぞ!

ヘンリー(ハリー)王子といえば、子供時代~30歳になるまでスキャンダル王子として知られていました。 11歳で喫煙と飲酒に始まり、12歳...

メーガン妃の異母姉サマンサ・マークルもヤバい

そしてヤバいのはメーガン妃の父親だけではありません。

イギリスの『Sun』紙によれば、マークルの異母姉(父が同じ)が

『The Diary of Princess Pushy’s Sister(原題)』(=厚かましいプリンセスの妹を持つ姉の日記)

という題名で、王族になった妹についての暴露本を執筆。

メーガン妃

2008年以降、妹とは疎遠になっているにもかかわらず、メーガンやイギリス王室について頻繁に汚い言葉でののしるSNSも投稿して毎度世間を騒がせています。

▼サマンサ・マークルが、メーガン妃を罵倒しているツイッター▼

メーガン妃

メーガン妃の公称・サセックス公爵夫人「Duchess of Sussex」の「Duchess」をもじって、「DUCH」に「ASS」をつけてメーガン妃を罵倒中!

「DUCH」に「ASS」とは、お尻の穴という意味で、かなり汚い言葉。

イギリス王室に対して「お・し・り・の・あ・な」って…

…この人も、結構ヤバい(笑)

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガン妃は脚が細いけど激ヤセで心配!ファッションの評判も

メーガン妃の母親ドリアはアフリカ系黒人

メーガン妃

引用:https://endia.net/meghan-markle-kokujin/2

メーガン・マークルの母親はアフリカ系アメリカ人の黒人。

母のドリアの職業は、ヨガのインストラクターでソーシャルワーカー(社会福祉指導員)の修士号を持っています。

一人娘のメーガンを国際感覚を持った自立した女性に育てるため、娘と一緒にメキシコやジャマイカのスラム街を訪れ、世界の貧困問題も学ばせようとしてきました。

服装はアメリカ人らしいカジュアル系が定番の庶民的に見えますが、とても地に足のついたライフスタイルを送っている母だと思います。

メーガンが現在も福祉や女性平等、世界平和への関心が高いのはお母さんの育て方の影響かもしれませんね!

メーガン妃・黒人でバツイチ・英国王室の反応は?

今回一番の話題になっていたのが

『イギリス王室に黒人の血が入る』

ということ。

世間一般では人種差別はタブーですが、イギリス王室に関しては前例がなく多方面から注目を集めました。

少数派ではありますが人種差別的な声ももちろんありました。

黒人に対する人種差別以外にも、

『離婚歴』

があったメーガン・マークルさんとの結婚に対する否定的な意見がもあったようです。

1701年に発令された王室婚姻法によれば、離婚歴のある女性やカトリック教徒と結婚した者は王位継承権を失うことを意味していました。

“王冠をかけた恋”として知られるエドワード8世(エリザベス女王の叔父)が、離婚歴のあるアメリカ人女性ウォリス・シンプソンと結婚するため、王位を捨てたというのは有名な話。

しかし1772年、王室婚姻法は廃止。

今でこそバツイチ(離婚歴のある人が再婚)に対して批判や偏見の意見は少なくなっています。

今回の場合は、ヘンリー(ハリー)王子の王位継承権が低いことも、様々な異例が許された可能性もありますね。

どちらにしても、人種や経歴に関する差別を払拭するかのような今回の結婚は、今後のイギリス王室および人々の価値観の変化に、大きな役目を持っているのかもしれません

 メーガン妃のイギリスの評判と嫌われる理由は?本当に嫌われ者?

メーガン妃はファンも多いですが、注目度が高いだけに“アンチメーガン”も存在します。 メーガン妃が嫌われる理由や、イギリスでの評判は本当...

スポンサーリンク

メーガン妃とヘンリー王子の馴れ初め


二人の出会いは2016年7月。

共通の友人の紹介で知り合ったという二人、ヘンリー王子の一目惚れから始まり、世間の批判も乗り越え、出会いから一年半でのゴールインとなりました。

メーガンマークルは、出演中の米ドラマ「SUITS /スーツ」シーズン7の撮影が終了後、すぐにイギリスへ渡り、ヘンリー王子との婚約を発表、

2018年5月19日に結婚式を挙げ、正式に

サセックス公爵夫人メーガン(Meghan, Duchess of Sussex)

となりました。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガン妃とヘンリー王子の馴れ初めインタビュー動画(字幕あり)

メーガン妃の生い立ち!父親トーマスが危険人物で母はアフリカ系黒人まとめ

◆メーガン妃はアメリカのごく一般的な中流家庭育ち。父はテレビ照明ディレクター、母はヨガインストラクターだった

◆メーガン妃の両親はメーガンが6歳の時に離婚。以来母と暮らしていた

メーガン妃の父は現在仕事を引退しメキシコでひっそり暮らし。

現在はメーガン妃と会えないほど関係は冷え込んでおり、自虐ネタでメディアに露出しメーガン妃とイギリス王室を罵倒&批判中!

メーガン妃の心情をお察しします。。。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る