メーガン妃はブサイクで本性や家族がヤバい?ファッションで大ひんしゅくの評判?

イギリス王室

イギリスのヘンリー王子と結婚されたメーガン妃ですが「ブサイク」という検索結果があるので気になりました。

ブサイクは性格がブサイクなのか、ファッションがブサイクなのか…色々想像できますが、幸せいっぱいのメーガン妃に何があったのでしょう。

彼女のファッションにも注目するとともに、メーガン妃のブサイク要素を見てみましょう!

スポンサーリンク

メーガン妃は本当にブサイクなのか?

イギリスのヘンリー(ハリー)王子と、2017年11月27日に婚約し、2018年5月19日英国ウィンザー城のセントジョージ礼拝堂で結婚式を挙げた、メーガン・マークル妃。

世紀の一大イベント・ロイヤルウェディングの様子は、世界各国に伝えられました。

元ハリウッド女優のメーガン妃は、本当に美しかったですね~!

▼この動画を見る限りメーガン妃の顔はブサイクではありませんね!

【名前】メーガン・マークル(Meghan Markle)
【旧名】 レイチェル・メーガン・マークル(Rachel Meghan Markle)
【続柄】 サセックス公爵ヘンリー王子夫人
【称号】サセックス公爵夫人 Duchess of Sussex
【生誕】1981年8月4日
【出身】米国カリフォルニア生まれ

母親はアフリカ系アメリカ人、父親はオランダ・アイルランド系の両親。

ノースウェスタン大学卒で、大学卒業後は、ブエノスアイレスの駐アルゼンチンアメリカ合衆国大使館に勤務。

2002年からハリウッド女優に転身したメーガン。マークル。

数々のドラマや映画に出演していましたが、ほとんどがパッとしない端役ばかりでした。

2011年からドラマ『SUITS/スーツ』でレイチェル・ゼイン役に抜擢されてブレイク。

結婚したヘンリー王子は『SUITS/スーツ』のフアンだったそうで、ヘンリー王子から共通の友人を通して、メーガンに会わせてくれと懇願した模様。

白馬に乗った王子様は本当いたのですね~!なんというシンデレラストーリー…!

 メーガン「SUITS」の役柄は?キャストや見どころも!

メーガン・マークル結婚・離婚歴

2004年、元旦那の映画プロデューサー・トレヴァー・エンゲルソンと交際開始、

2011年9月10日に結婚するも、2013年8月に離婚しました。

メーガン妃

2017年11月27日、イギリス王室のヘンリー王子と婚約したことを発表、

2018年5月19日、イギリス王室のヘンリー王子と結婚式を行いました。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガン妃はバツイチで子供はいる?元旦那との離婚理由は?

スポンサーリンク

メーガン妃の子供時代・賢すぎな少女でビビる

慈善活動に熱心に取り組み“UN Women”という男女平等を支援する国連機関の支持者であるメーガンマークルは、小学生のころから生粋のフェミニスト気質だったエピソードがあります。

ちなみに『フェミニスト』とは男女同権主義に基づいて、女性の権利拡張の思想と運動を意味する言葉。

メーガン妃

ちょっとピンと来ませんが、11歳のメーガンさんはどんな子供だったんでしょう。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガン妃の子供画像!髪の毛チリチリからスーツまでの変遷史

フェミニストに目覚めたきっかけは洗剤のテレビCM

ある日、幼いメーガン・マークルさんが、食器用洗剤のCMをみていたときのこと。

そのキャッチコピーは、

アメリカ中の“女性”が、鍋やフライパンのしつこい油汚れと戦っている

というものでした。

すると、一緒に観ていた男子生徒が

「そうだ! 女性にふさわしい居場所はキッチンだ」

と言ったんだそう。

メーガンさんは、この言葉に違和感をおぼえ、傷つき憤慨します。

そしてその思いを手紙にして企業に伝えます。

「驚くべきことに、数週間後にはヒラリー・クリントン、司会者、女性弁護士から励ましのお手紙をもらいました。さらに、ニュース番組は私の密着取材をしてくれました。約1ヶ月後、食器用洗剤のCMは『アメリカ中の“女性”が、鍋やフライパンのしつこい油汚れと戦っている』から『アメリカ中の“人々”が、鍋やフライパンのしつこい油汚れと戦っている』に変更になりました。私はその時、初めて自分自身の活動の影響力に気づきました。11歳で、平等のために立ち向かい、小さなインパクトを与えたのです」

あるCMに抗議文を書いたメーガン。当時、なんとまだ11歳!エピソードより

フェミニストの考え方、伝わりましたでしょうか。

動画には、

「ママだけが家事をすると、子どもたちが信じて育つのは良くないと思います!」

「いつも『ママが』『ママが』と、コマーシャルは謳っています。しかしそれは人を傷つけることを言っているのです!!」

と力強くコメント。11歳とは思えない芯の強さ…。

テレビCMのキャッチコピーを変えてしまった11歳の少女メーガン。このころから既に、自分の芯と意見をしっかり持っていたんですね!やはり将来大物になる人は違います。

メーガン妃の実家の異母姉が超ブサイクで騒然…

晴れてイギリス王室の一因となったメーガン妃。

お仕事ぶりも順調で、イギリス女王もフィリップ殿下にも、メーガン妃の適応能力と努力を高く評価している様子。

しかしメーガン妃を結婚前から悩ませているものが、

『実家の人々』

だそう。

一体どういうことなんでしょうか。

スポンサーリンク

メーガン妃の異母姉のサマンサ・マークルがブサイクすぎた

なかでも最近一番お騒がせなのが、メーガン妃の異母姉のサマンサ・マークル(Samantha Markle)

メーガン妃

見るからに、意地悪おばちゃんな雰囲気です(笑)

このメーガン妃の異母姉サマンサ・マークルが、下品な言葉で何度もメーガン妃やヘンリー(ハリー)王子に批判のツイートを送り付けていているんだとか…。

2018年9月15日に34歳の誕生日を迎えたヘンリー王子。妃の異母姉サマンサ・マークルが王子にTwitterでお祝い…ではなく嫌がらせメッセージを贈っている。サマンサはケーキを貪るハムスターの画像をアップ、「バースデーケーキを食べているあなたには、義理の父の誕生日をお祝いしなかったことを思い出して欲しいわ」とコメント。

2018年9月19日 Yahoo!ニュース

メーガン妃

メーガン妃の異母姉サマンサ・マークルは、サセックス公爵夫人であるメーガン妃の公称「Meghan、 Duchess of Sussex」の「Duchess」をもじって、「DUCH」に「ASS」をつけてメーガン妃を罵倒した。

2018年9月16日 週刊朝日

あらあら…「DUCH」に「ASS」とは、お尻の穴という意味で、かなり汚い言葉です。

どうやら彼女の言い分としては、

「私は子どもの時のメーガンの世話を随分した。しかしメーガンは女は自己中心的な女。収入が安定しても経済的に苦しい父親を助けなかった。人道活動に熱心なら、まず家庭内から行うべきではないか」

ということを言いたいようです。

異母兄トーマス・マークル・ジュニアは嫌がらせの手紙

また異母兄のトーマス・マークルの嫌がらせも負けてません(笑)

ヘンリー(ハリー)王子に

「メーガンとの結婚は間違い。あなたはきっと後悔する。メーガンはあなたが思っているような女性ではない」

という警告まがいの手紙を送りつけていたことも発覚。

メーガン妃の父トーマス・マークルはやらせ疑惑で仮病?

メーガン妃の父親であるトーマス・マークル(73)は、もともとハリウッドで照明ディレクターとして働きエミー賞を受賞したこともある人で良識人として知られてた人物だったそう。

しかし、現在は自己破産をしてメキシコに引っ越しひっそり暮らしていたそうです。

メーガン妃の結婚式の数日前に、この父はパパラッチと共謀してやらせ写真を撮影し1千万円を超える報酬を得たとされるスキャンダルが明らかに。

▼昔はこんなに仲睦まじい親子だったのに…▼

メーガン妃

結婚式に出席予定だった父でしたが『心臓手術のため』として式は欠席、周りからは当然、スキャンダルの影響で仮病では?といわれる始末…

リハビリ中の父に電話はしても、見舞いに行かないメーガン妃。今のところロンドン招待も予定にない様子だそう。

このように、父トーマスや異母兄、異母姉たちは「自分たちの家族は差別されている」と言ってメディアに登場しては、メーガンや王室へのバッシングを繰り返しているようですね。

要するに“メーガンは皇室の一族になったんだから、自分達にも金銭的な援助など、VIP待遇を分け与えるべきだ!”っていう主張でしょうね。

嫉妬心の塊!怖いですね~( ;∀;)

もちろんメーガン妃は立場上、彼らに沈黙を貫いているようです。

いろいろ事情があるとはいえ、結婚してから自分の身内からの嫉妬や嫌がらせを世の中にさらされるって…ちょっとメーガン妃が可愛そうですよね。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガン妃の生い立ち!父親トーマスが危険人物で大暴れ!

メーガン妃・母とは関係良好の様子

メーガン妃は、実家の人々から嫌がらせは続いていますが、母とは関係が良好のようで、イギリスに迎える準備をしているようです。

もちろんメーガン妃の母ドリアさんは結婚式にも出席し、イギリスを気に入ったそう。

母が近くに引っ越せば、メーガン妃も大いに助かるし、お子さんが生まれても心強いですよね。

異母姉や義母兄、父親のトーマスなどの身内からのバッシングはを無視し続けるメーガン妃ですが、母だけは見方であってよかったです。

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガン妃のイギリスの評判と嫌われる理由は?

メーガン妃はファンも多いですが、注目度が高いだけに“アンチメーガン”も存在します。 メーガン妃が嫌われる理由や、イギリスでの評判は本当...

メーガン妃のファッション!お気に入りブランドは?

メーガン妃が身に着けるファッションやブランド品についてはいつでも注目の的。

メーガン妃は、マークス&スペンサーが展開する「オートグラフ」の75ドル(約8250円)の黒いセーターなど安いものから、もちろん高価なものも着用しています。

とくに『メーガン妃効果』がテキメンだったのは、カナダブランド「ライン」。

ラインのコートをメーガン妃が身に着けていた『メーガン妃効果』で、売切れ続出で嬉しい悲鳴が上がっています。

しかし、いっぽうでは、結婚から今まで半年以上ものあいだ、

約26回のイベントでメーガン妃が身に着けたドレスや装飾品の総計は1億円を突破!

と報じられてイギリス国民からひんしゅくの声が上がっているとのこと。

2018年の5月19日の挙式で身に着けていた約3000万円と言われるジバンシィのドレス、レセプションで着ていたステラ・マッカートニーの高価なドレス、カルティエのイヤリング…などなど、なにかとキャサリン妃と比べられるメーガン妃。

キャサリン妃は『着回し上手』ともいわれ、過去最高と言われた昨年の衣装代が約1760万円というデータからすれば、あきらかにお金の使いすぎなのは一目瞭然だそう。

メーガン妃ファッションにひんしゅくの評判

メーガン妃はもともとアメリカのハリウッド女優だったので、自前の服やアクセサリーも含まれていますが、ドレスや装飾品の総計が1億円とはなかなか想像できませんね(笑)

「結局、女優気分が抜けないし目立ちたいだけ!」

「すっかりお姫様気分ね!」

「国民の税金を無駄遣いしないで」

「キャサリン妃より浪費するなど、立場的にもありえない」

「イギリス王室の印象が悪くなる」

という非難の声も多数あるようで、うーん…経済効果をとるか、国民の声をとるか…バランスがとっても難しそう!

それにしても身に着けるものすべてウォッチされてしまうなんて、ロイヤルファミリーも楽ではありませんね(笑)

《関連記事はこちら!クリック↓↓》

 メーガン妃は脚が細すぎで激ヤセ?ファッションの評判も

メーガン妃はブサイクで本性や家族がヤバい?ファッションで大ひんしゅくの噂!まとめ

◆メーガン妃は元ハリウッド女優で美しいイギリス王妃だが、実家の人々がかなりブサイクな素行で残念・母とは関係良好な様子

◆メーガン妃はファッションも注目度が高いがキャサリン妃よりお金がかかっているので、世間からひんしゅくの声もあり

シンデレラストーリーの主役かと思いきや、なかなか世間の目や実家の嫉妬など、頭が痛いこともありそうなメーガン妃。

これからも負けずにステキな笑顔でいてほしいですね!

2018.10.15追記

ヘンリー王子(34)とメーガン妃(37)がロイヤルベイビーを授かったと英王室が発表しました!!

ヘンリー王子は、2男1女をもうけた兄・ウィリアム王子とキャサリン妃と同じように幸せな家庭を心から望んでいましたので、本当によかったですね!

第一子の誕生は2019年春だそうです。おめでとうございます♪♪

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る