千家国麿の現在!兄弟や父母・年収や性格は?典子さんとは別居中?

千家典子 千家国麿

うつ状態と言われている千家典子さんの夫・千家国麿さんの現在が気になります。

千家夫婦は結婚後すぐに別居報道もありましたが、現在はどうされているのか、

そして別居にはどんな理由があったんでしょう?

お二人の様子は週刊誌報道でしか知り得ませんが、千家国麿さんの両親や兄弟・家柄や性格を調べてみると、

千家国麿さんが「うつ状態」と噂される納得の理由も見えてきました。

千家国麿さんの意外な年収情報とともに、現在の千家夫婦の様子をレポートします。

スポンサーリンク

千家典子さんの現在の活動!黒田清子さんと比較してみた

2014年10月5日、千家国麿さんと出雲大社で結婚式を挙げた高円宮家次女の典子さん。

もともと親同士の交流があり、2007年4月、学習院大学1年生だった典子さまが出雲大社を参拝したときに知り合った2人。

「バードウォッチング」で意気投合して、愛を育み7年の歳月をかけて運命のゴールイン。

そういえば、黒田清子さんも同じ趣味がありましたね。

千家典子さんは、ひょっとすると黒田清子さんとも気が合うのかも。

千家典子さんと黒田清子さんの現在の活動を比較をしてみました。

黒田清子さんの現在の活動

黒田清子さんは現在、東京目白の億ションに住みながら「伊勢神宮の祭主」に就任し、行事に参加しています。

もちろん別居はせず、主婦業もしっかりこなし、“庶民派スーパーでネギ3本98円を購入していた“なんて、つつましい生活ぶりが分かる目撃情報も。(笑)

子供はいませんが、夫の黒田慶樹さんとお姑さん(黒田慶樹さんの母)との関係も良好。

車の免許も持っているので、両親が住む皇居にはご自身で運転されて行かれるのだとか。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 黒田清子さんに子供は出来ない?現在は別居中のウワサも!

千家典子さんはヒマ?

いっぽう、出雲大社の宮司・千家国麿さんに嫁いだ千家典子さん。

大社のお手伝いをしているのかと思いきや、

結婚後すぐに「別居報道」があり、実家の皇居にひんぱんに里帰りしていることが報じられています。

黒田清子さんのように、決まった役職にも就いていないようです。

「神官さん(千家国麿氏)はお父様が修行に厳しいそうです。

結婚式が終わってから身体を壊して寝込んでいらしたこともありました。

別に夫婦の仲が悪いわけではありません。

ただ典子さまもしょっちゅう東京にはお出でになられています。宮中では色んな催し物がございますから。それにお友達のクラス会もあるようです」

「(典子さまは)皆さんのところに出ていらっしゃる用事がないのです。

ほとんど土地の方とは交流がおありにならない。本当にお暇らしいです。

神官さんの奥さまというのは本当に何にもすることがないそうで」

週刊新潮 2017年12月7日号掲載

千家典子さんにも、黒田清子さんのように元皇室の一員として何かしら役職などをお与えになればいいと思うのですが、現実的に難しいのでしょうか。。

スポンサーリンク

千家国麿の現在は典子さんと離婚危機で入院中?

先ほどの2017年時の「別居報道」があったように、一般の主婦となった典子さん。

黒田清子さんと違って活動内容が見えないため、いっこうに現在の様子が見えてきません。

現在の千家夫妻のウワサをまとめると

嫁の典子さんは

  • 出雲で超ヒマな主婦
  • 皇居によく帰るため離婚危機?
  • 夫婦の仲が冷え切っている?
  • ド田舎の出雲大社で生活が慣れない
  • セレブが参加する東京のパーティーで度々目撃されている

夫の国麿さんは

  • 修行で忙しいけど、身体を壊しがち
  • 体調が悪くて鬱気味で入院中?
  • 病気で子供ができない?

などなど、二人とも良い話が聞こえてきません。

千家国麿は2019現在も体調不良?

特に夫の千家国麿さんには「精神面のご病気」という噂が多いようです。

週刊新潮の報道では、千家国麿さんは「気鬱」を患わっていて、典子様との会話などのコミュニケーションが上手くいっていないとのこと。

「気鬱」はうつ病の一種で気持ちを一人でふさぎ込んでしまう状態です。

千家国麿さんの父親の修行が厳しく、また跡取りというプレッシャーも関係しているのかもしれません。

夫婦の離婚理由は、お互いのコミュニケーション不足や性格の不一致の場合が多いので、

どうしてもお二人の様子からして「離婚」の噂がたつのも仕方がないですね。

スポンサーリンク

千家国麿の家系やプロフィール!兄弟や父母は?

千家(せんげ)家は、北島家と並んで、代々出雲大社の祭祀を司る国造(こくそう)の家系。

天照大神(あまてらすおおみかみ)の第二子・天穂日命(あめのほひのみこと)の末裔と伝えられています。

《千家 国麿(せんげ くにまろ)》
誕生日 1973年(昭和48年)9月2日
出身:島根県出雲市
学歴 島根県立大社高等学校⇒國學院大學文学部神道学科卒
神職・出雲大社権宮司(2014年-)

両親と弟が2人

【父親】千家尊祐(たかまさ)
【母親】千家礼子(あやこ)
【弟】 千家誠比古(乃木神社神職)
【弟】 千家徳比古(出雲退社神職)

千家国麿は、父母ともに島根県の宮司の家系。両親はどちらも旧華族・男爵家。

父・千家尊祐(たかまさ)は、第84代出雲国造(こくそう)で出雲大社の宮司。

母・千家礼子(あやこ)は国立音大卒。旧姓は小野。 小野家は、出雲大社の北西に位置する日御碕(ひのみさき)神社の宮司を代々務め、 父・小野勝彬(かつあきら)男爵も日御碕神社宮司。

千家国麿の性格や人柄

2014年の結婚会見時、

  • 典子さん25歳
  • 千家国麿さん40歳

でした。

千家典子 千家国麿

プロポーズのお言葉は?

の質問をされ、

「(国麿さんから)プロポーズの言葉はございませんでした」

と答えていた典子さま。

 千家国麿&典子さんの婚約会見動画!子供は何人?

高円宮家の次女・千家典子さん。 2014年に25歳という若さで千家国麿(せんげくにまろ)氏と結婚し、民間人になりました。 千家典...

“プロポーズ無し“が本当かどうかはお二人のみぞ知る…ではありますが、

仕事柄、ドラマチックなプロポーズなどはなかなか難しいご性格なのではないでしょうか。

千家国麿さんの性格について、出雲大社関係者の談として

「(立場的に)女性ともおつき合いしにくい。実際(典子さんとの結婚前に)浮いた話も聞いたことはありませんでした。

いたって普通の人。お酒が強くて、忘年会ではよく飲んでいました」

國學院大學時代の同級生からは

「国麿さんは授業のときを振り返ると、よく居眠りしていました。昔から、千家はいろんな人と仲よくしていました。あまり自己主張をせずに、おおらかで、敵をつくらない人。大学時代はバイクが好きでした」

千家国麿さんは、派手なことはしないけど、暗い性格ではないし、いたって普通の人のようです。

趣味は意外にも「バードウォッチング」や「カメラ」だそうで、

もともと高円宮家の久子さま(典子さんの母)が「国際環境NGOのバードライフ・インターナショナルの名誉総裁」であったこと、

千家国麿さんの実父も同じ団体の特別顧問であったことから、バードウォッチングを通して両家の交流があったとのこと。

現在「気鬱状態」と伝えられている千家国麿さんですが、体調不良が本当なら、早く回復されることを願います。

スポンサーリンク

千家国麿の月収・年収はいくら?

皇室経済法という法律に基づき、皇族から離れる際の一時金として、1億675万円が贈られれた千家典子さん。

嫁ぎ先が出雲大社権宮司の千家国麿さんですし、名前の肩書や家系からすると、すごく稼いでるイメージ。

もしかしたら典子さんは大社のお手伝いをしなくても余裕で生活は成り立つのかな?

と思っていたら、2004年の結婚当時、こんな報道もありました

神職の給与も神社本庁の規定で決められている。神社の長である神官・宮司でも月給の最高額は60万円。級号で細分化され、金額にはかなりの幅がある。

国麿氏は現在、出雲大社の禰宜(ねぎ・会社の部長クラス)ですから、月給は25万~27万円程度でしょう。

神社によっては家族手当、住居手当、時間外手当、臨時手当などもつきますが、国麿氏と同世代でも、小規模の神社では年収300万円に満たない者も少なくなく、兼業を余儀なくされる場合も」(神職関係者)

週刊『FLASH』2004年6月17日号

一般のサラリーマンと変わらないか、それ以下というのが実情のようです。

そのうえ、出雲大社権宮司や神職としての日々の修行が必要となれば、

意外にも“割に合わないお仕事“なのかもしれません。

関連記事:

 千家国麿が入院でうつの噂&子供はいるの?

 千家典子さんの妊娠説は?婚約会見動画も!

千家国麿の現在!兄弟や父母・年収や性格・典子さんとは別居中?まとめ

現在の千家夫婦の様子をお伝えしました。

家柄や生い立ちについて、千家国麿さん、典子さんの2人の立場を知ると、

とても考え深く、自分の思う通りに生きることができない壁があるなと感じます。

2017年年末に「別居中」と報道されて以降、全く情報が聞こえてこない千家夫婦。

夫の国麿さんの体調不良が本当なら早く治ってほしなと思いますし、

別居状態ならば夫婦関係がいい方向に修復され、朗報が聞ける日を心待ちにしたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る