紀子様のご出産!悠仁様を「産み分け」した年齢は?堕胎の相手って本当?

紀子様

令和元年に53歳になられる紀子様。

紀子様は、39歳という年齢で悠仁様を出産されていますが、

三人の子供をご出産されたとは思えないほど綺麗ですよね。

2006年の悠仁様のご出産の時は、日本にとって41年ぶりの皇位継承者誕生で、

海外でも大きく報道されました。

そんな紀子様のご出産エピソードには、

「男の子を産み分けした?」

「堕胎経験あり?」

などという、質の悪いウワサも根強くあるようです。

全くバカバカしい!とは思いましたが、

今の時代、インターネットの普及によりゴシップは便利に語り継がれていく運命。

少し興味が出てきてしまいました(笑)

そこで今回は、懐かしのお若い頃のお写真と共に、紀子様に一体どんな

「産み分け&堕胎ネタ」

がネットに転がっているのか、サクッとまとめてみました。

スポンサーリンク

紀子様のご出産年齢!第三子悠仁様は39歳

秋篠宮様と紀子様には、ご存知三人の子供がいます。

1966年(昭41)9月11日生まれの紀子様、ご出産年齢はこちら

お子様 ご誕生 ご出産年齢
眞子内親王殿下 1991(平3)10.23 25歳
佳子内親王殿下 1994(平6)12.29 28歳
悠仁(ひさひと)親王殿下 2006(平18)9.6 39歳

▼2016年の動画がこちら▼

ビデオでほほ笑む仲の良さそうな秋篠宮一家の皆さま。

  • 眞子様24才
  • 佳子様21才
  • 悠仁様10才

の時です。

この時はまだ、眞子様のご婚約延期のゴタゴタ前でもあり、

ご夫婦の表情もとても穏やかにお見受けしました…。

眞子様については「弟(悠仁様)の世話を良くしてくれて助かっています」

佳子様については「学業に励みつつ公務にも健気に取り組んでいます」

悠仁様については「昆虫などの生き物について、どんどん興味が広がっています」

と動画の中で、子供たちの成長の様子を微笑ましく語った紀子様。

それにしても、紀子様の話し方って昔からこんなにゆっくりだったんでしょうか?

おっとり&優しそうな母紀子様ですが、

紀子様は実は正体が怖い、叱責が恐ろしい(つまり早口)

という真逆な噂も昔から根強くあるようです…(*_*;

詳しくはこちら

 紀子様は正体が怖い?顔に異変で過去の計画の真相とは?

・紀子様って本当の正体は怖い人? ・紀子様の結婚時の過去の怖い計画? ・紀子様の顔が怖い… 30年前の《平成》の始まりに、...

スポンサーリンク

紀子様のご出産!悠仁様が話題になった理由

2006年(平18)9月6日、紀子様が第三子の男の子をご出産されたというニュースは、

日本だけではなく、海外でも大きく話題となりました。

その理由はなぜだったんでしょう。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前8時27分、東京都港区の愛育病院(中林正雄院長)で、男の子(親王)を出産。

男子皇族の誕生は秋篠宮さま以来約41年ぶり、天皇陛下の孫の世代では初めての男子。

皇位継承順位は、皇太子さま、秋篠宮さまに次いで第3位。

胎盤の一部が子宮口をふさぐ「部分前置胎盤」のため、予定日より20日早い帝王切開によるご出産だった。

2006年09月08日 アサヒドットコム
紀子さま、男児ご出産 皇室41年ぶり、皇位継承3位 

第三子・悠仁様のご誕生は

・皇族の帝王切開による出産は初めて
・現皇室で39歳という最高齢のご出産
・41年ぶり天皇陛下の孫で初めての男子

という、

「初めて」「待望の男の子」「新記録」

という要素がいくつも重なったことも、大きな話題になった要因だったんですね。

悠仁様誕生で《皇室典範》見直し案が先送りに

悠仁様ご誕生が、大きな話題となった原因はまだあります。

悠仁様ご誕生前は、

「皇位継承者」を男系男子に定めている《皇室典範》について、女性・女系天皇も容認すべき

という議論が連日のように報道されていました。

《皇室典範》【こうしつてんぱん】とは、皇位継承、天皇・皇族の身分など皇室に関する法律のことです。

「皇位継承者」順でいけば、次期天皇は愛子様。

ですが《皇室典範》上は不可能なので、125代続いてきた《皇室典範》の内容をいよいよ見直さなければいけない…!

という長年の議論が、41年ぶりの男子・悠仁様ご誕生で先送りになったという事ですね。

令和時代の始まりで、この議論が再び再熱していますが、

政治的にも、日本の将来にとっても、2006年の悠仁様ご誕生は大きな意味がありました。

 秋篠宮様「皇嗣」の意味は?愛子様が皇太子になれない理由も!

スポンサーリンク

紀子様はご結婚前に堕胎の相手も?

日本の皇室の歴史に、大きな役割を果たした紀子様。

そんな紀子様のご出産をめぐっては、ご結婚されて30年にもなる今でも、

「堕胎のお相手がいたのでは…」

※だたい【堕胎】胎児を人工的に流産させること。

という根も葉もないウワサが長年消えないようです。

おぉ、怖い怖い( ゚Д゚)

なにかと人はゴシップ好きな生き物ですからね~。

もちろんガセネタである可能性が高いですが、今はインターネットの時代なので、

一旦広がるとずっーーと語り継がれて残ってしまうわけです。

バカバカしいなぁとは思いましたが、

一体どんな「堕胎のウワサ」がネット上に転がっているのか、拾ってみましたよ。

紀子様はご結婚前に2度堕胎?お相手は?

紀子様について調べてみると、

「紀子様は2度堕胎された。目白か高田馬場近くの医師がそう話していた」

と言われているようです。

  • いつのタイミングで?
  • 相手は誰?
  • 堕胎しなければいけなかった理由は?

などなど「??」しかありませんが笑

担当医がそんな個人情報を漏らしたのが本当なら、警察が介入するレベル。

ある霊能者が予言していた?!

出ました!今度は「霊能者」が噂の発端らしいです。

ある霊能者が

「紀子様は5人の子供をお産みになる、そのうちの2人が男子だ」

と言ったという話もあります(笑)

もう、霊能者だのスピリチュアルだの言われたら、完全にファンタジーなあっちの世界。

できちゃった婚だったから堕胎した?

秋篠宮様と紀子様といえば、今から約30年前、

1989年(平成元年)9月12日婚約内定記者会見を開かれました。

Embed from Getty Images

初々しくて美しい紀子様です。

その後、

▼納采の儀(ご婚約)…1990年(平成2年)1月12日

▼ご結婚…1990年(平成2年)6月29日

となったわけですが、

婚約内定会見を開いた1989年(平成元年)9月12日はまだ、

昭和天皇の喪中で、兄の浩宮さまより先に結婚を発表したという事実に対し、

「なぜそんなに急ぐ?何か特別な理由が裏にはあるんじゃないか?」

と、あまり好意的ではない印象や報道もあったんですね。

紀子さま

引用:東京新聞

このことからも、

「もしかして既に紀子様は秋篠宮様との間に堕胎経験があった?」

と、世の中の人の想像力を掻き立てる原因になったのかもしれません。

筆者は単に、秋篠宮様が紀子様にゾッコンすぎて、

僕はとにかく早く紀子と結婚したいんだ~!

というお気持ちが強かっただけだと思います(笑)

 秋篠宮家の母親違うの真実は?加茂さくらって誰?

「秋篠宮家のお噂」として長年根強くあるのが「母親が違う?!」という仰天ゴシップ。 ご存知の通り、上皇明仁さまと上皇后美智子さまご夫妻に...

結局、紀子様の堕胎の真相は?

「紀子さまの堕胎経験があるのでは?」と根強く噂が残っている原因や理由などいくつか紹介しました。

もし、大切な命を堕胎していたなんていうのが事実だとしたら、相当なヤバいなにかしらの理由があるはず。

例えば、大学時代に妊娠とか…。

一般人なら「授かり婚」でおめでたい事であっても、皇室の方となるとワケが違います。

また、秋篠宮様といえば昔からやんちゃで有名でしたし、ガールフレンドも何人もいたという話もあります。

 秋篠宮様の昔は遊び人?タイ人女性との子供の真相も!

秋篠宮家25年のあゆみ 佳子さまご成年記念 (朝日オリジナル) 「秋篠宮様」とネット検索すると「遊び人」という言葉が関連語として出てく...

サークル活動と称して外泊したり、夜になると行きつけのスナックで仲間で飲んだりして、

酔っ払って赤ら顔になった写真もいまだに流出してますね。

そんな写真の秋篠宮様のお隣には当時「彼女」だった紀子様もほほ笑んでいらっしゃいます。

大学時代からとても仲のいいお二人だったので、そういうエピソードからも

紀子様が堕胎した経験があるのでは?

という噂が出たのかもしれません。

結局、紀子様が本当に妊娠、堕胎されていたのかどうかを知るのは、秋篠宮様と紀子様のみ。当たり前ですけど!

 紀子様のタバコ画像あり?恋愛遍歴がスゴイ噂も調査!

紀子様ってお若い頃から綺麗ですよね。 でも 「紀子様ってタバコ吸ってる?銘柄は何?」 なんていう噂も根強くあるよう...

秋篠宮様は若い頃からやんちゃでプレイボーイと言われていましたが、

紀子様には秋篠宮様以外の交際相手の噂はありません。

紀子様は大学一年生の頃から秋篠宮様とお付き合いされていたので、

紀子様の初めての彼氏が秋篠宮様だったんだろうな~と思いますね。

スポンサーリンク

紀子様は悠仁様を産み分けされた?

紀子様のご出産については、「堕胎」のほか「産み分け」の噂もネットに転がっていました。

もう、世間はどれだけ想像力が膨らんでるのかって感じですけど(笑)

なぜそんな噂がでたんでしょうか。

悠仁様をご出産までに12年間のブランクがあった

ご結婚から仲睦まじい秋篠宮様と紀子様ご夫妻。

第三子・長男の悠仁様の誕生までに12年という開きがありましたが、

もちろん自然妊娠で授かったお子様だと言われています。

ですが、

“3人目は絶対に男の子と決めていたから12年の間に堕胎もあったのでは?“

“男の子を産むために「着床前性別選択」というタブーな医療行為があった?“

なんていう悪質なネット情報も。

当時紀子様が「三人目の妊活」のために体調不良で公務を休まれていたという話は聞いたことがないですし、

わざわざ母体に大きな負担をかける意味はないと思うので、やはり悠仁様は自然妊娠だったと筆者は思います。

「子供は神様からの授かりもの」と言いますし、あとはもう

絶対に男の子が欲しいぃ~!

という秋篠宮様と紀子様の執念と、国民の願いが通じて、悠仁様は誕生されたと思いました!

紀子様の生い立ち

Embed from Getty Images

《秋篠宮文仁親王妃 紀子》
(あきしのみや ふみひとしんのうひ きこ)

誕生日:1966年(昭41)9月11日
旧名:川嶋 紀子(かわしま きこ)
出身:静岡県静岡市駿河区

配偶者 :秋篠宮文仁親王
長女:眞子内親王
次女:佳子内親王
長男:悠仁親王
父親:川嶋辰彦
母親:川嶋和代
弟:川嶋舟

紀子様のご両親は、父親・川嶋辰彦さん、母親・川嶋和代さん、

そして弟・川嶋舟(しゅう)さんの4人家族でした。

父親・川嶋辰彦さんは、東大卒で現在は学習院大学名誉教授。

紀子様は小さいころから、父の仕事の都合でアメリカ・ウィーン・オーストリアなど海外生活も長く、英語以外の語学も堪能でいらっしゃいます。

 紀子様の実家はお金持ち?現在の父母の職業や家柄も!

眞子様の婚約相手・小室圭さんの母親や実家・家柄が強烈すぎて 「母親の紀子さまの実家ってお金持ち?家柄や両親の職業は?」 ...

日本に帰国後は学習院女子中等科⇒学習院女子高等科へ進学。

1985年(昭60)、学習院大学文学部心理学科へ入学し、大学構内の書店で1年先輩の礼宮文仁親王(当時)と出会います。

大学では自然文化研究会、心理研究会、手話サークルに所属して、ボランティア活動にも積極的に参加。

1989年(平成元年)、学習院大学大学院人文科学研究科へ進学、社会心理学を専攻

1990年(平2)1月12日に納采の儀⇒正式に婚約が成立

紀子様は当時の住居が学習院大学教職員用の共同住宅だったことから、マスコミは

「3LDKのプリンセス」

「一般家庭から誕生したシンデレラ」

と報道しました。

一般家庭で実家が3LDKで慎ましやかな生活とはいえ、父が東大卒の大学教授で海外生活が長かった紀子様、

やはり一般のサラリーマン家庭とはワケが違いましたね。

ちなみに実弟の川嶋舟さんも、東大出身で教授&獣医というカンペキな学歴と職業ですが、

眞子様のご婚約延期とともに、紀子様は実弟のご心配事も何かと物議がありそうです

 紀子様の弟の離婚理由と週刊誌ネタ!皇室利用の噂あり?

紀子様には、7歳年下の弟・川嶋舟(しゅう)氏がいます。 東大出身で教授&獣医というカンペキな学歴と職業の紀子様の弟ですが、 ...

紀子様のご出産!悠仁様を産み分けした年齢&堕胎の相手の噂まとめ

かれこれ30年以上も語り継がれている、紀子様の「堕胎&産み分け」ゴシップについて紹介しました。

にしても、人のウワサってなんとも想像力豊か&怖いですね~((+_+))

もちろん、真実&真相は当事者のみぞ知る&何の確証もない質の悪い噂話です。

ロイヤルファミリーといえば、イギリス王室のヘンリー王子も、

父親が実はチャールズ皇太子じゃなかったかも!?

なんて、母ダイアナ妃が亡くなった今でも言われていますし、国が違ってもウワサ好きというの人間のサガなんでしょうね。

現在、長女・眞子様のご婚約延期で、何かと注目されている紀子様。

娘の結婚も、ご自身の時のような幸せな恋愛結婚をと望んでいらっしゃると思うので、

国民も祝福できるような最良の形で、事態が収まるといいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る